Key_image04.jpg

資金集めの状況  2014/8/11現在

六甲山国際写真祭のサポーターページはこちら

News

2014/01/20
【NEWS】Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVAL 2014の開催期間が8月29日(金)から9月7日(日)に決定されました。ポートフォリオレビュー写真家の募集要項は1月31日までに発表される予定ですnews >>
2013/11/07
【NEWS】Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVAL 2013を開催しましたnews >>
2013/05/01
【NEWS】RAIEC-Mt.ROKKO ART INITIATIVE for EDUCATION & COMMUNICATIONを立ち上げましたnews >>

symposium.jpgsymposium.jpg

国際写真シンポジウム「写真の現在と未来」

アメリカの写真の立場からReview Santa FeのディレクターLaura Pressleyさん、日本の立場から太田菜穂子さんにご講演をいただき、その後パネリストを壇上に招いてのシンポジウムを開催します。大量生産され無数のイメージがあふれかえる現在の写真。そこから立ち上がるアートの息吹をどうやって見つけ・・・

詳しくは

portfolio2.jpgportfolio2.jpg

国際的で標準的な写真ポートフォリオレビュー

アメリカやアジア、ヨーロッパと連携する本格的で写真のビジネスに直結するポートフォリオレビュー。具体的にはアメリカのレビューイベントとして常に高い位置にあるReview Santa FeのディレクターLaura Pressley氏や、Angkor Photo Festival、Singapore International Photo Festivalなどの・・・

詳しくは

slideshow.jpgslideshow.jpg

教育機関と共同制作するスライドショー

大学の学生たちのアイデアをふんだんに取り入れた、一般の視点に寄り添ってつくられた写真のショー。学生たちが企画からイベント当日の運用まで、すべてのパートに参画する企画としてスライドショーイベントを開催します。これらのショーには2人の国際的写真を招待しており、それに加えて・・・

詳しくは

tower.jpgtower.jpg

発見・教育・コミュニケーションが開催思想

誰もみたことがない世界を社会に紹介する。写真が教育に役立つことを証明する。そして、何より写真コミュニケーションが社会に豊かな実りを授けてくれる。これらの考えがこの写真祭の根底には流れています。写真と社会がつながらないと、写真の意味は半減します。社会が写真をただ消費していては・・・

詳しくは

inoshishi.jpginoshishi.jpg

写真のミーティングプレイス/Zine Cafe

六甲山町にたどり着いた瞬間からみなぎるただの写真イベントとは少し違うという感覚。国際色豊かな都市である神戸を背景に展開されるこれからの写真コミュニティー。写真都市であるために、六甲山国際写真祭は優れた写真家や写真の担い手が出会う場所として最高のミーティングプレイスを提供します・・・

詳しくは

raffle.jpgraffle.jpg

LUCKY PHOTO MARKET大抽選会

写真のオリジナルプリント、また写真集などアート作品があたる抽選会を行います。
抽選券は詳細が決まる8月末頃にウェブ上でまず販売開始となり、写真展期間中11月8日9日の両日まで販売。11月9日第2日目のスライドショーイベントの最後に抽選会が開かれ・・・

詳しくは

direction.jpgdirection.jpg

教育講演/ワークショップ

六甲山の大自然の中に歩みを進めて、アーティストとレビュワー、ファシリテータの混成チーム2つが芸術教育コミュニケーションワークショップを開催します。公募で集まってくれた親子(家族単位でチームを構成します)に対してチームのコラボレーションでアートの意味や写真の楽しさを伝えます・・・

詳しくは

satellite.jpgsatellite.jpg

神戸市内のギャラリーや東京にてサテライトイベント/展覧会

海外の写真イベント、出版社から複数のワークショップが神戸に登場します。本格的写真ワークショップを運営するのは非常に有力な担い手ばかり。また、これらのワークショップは写真祭期間中に開催する予定です。
詳細が決まったらこちらに・・・

詳しくは

exhibition.jpg

六甲山頂で開催される期間限定の超絶展覧会

六甲山ホテルの特設会場では日本人写真家でも海外を舞台に活躍している渡邉博史さん、そしてアルペンローゼではRAIECのコミッティーのメンバー太田菜穂子さんのキュレーションで「東京画」の4名の写真家にフォーカスを当てて写真展を開催します。ぜひご観覧ください。

詳しくは

antoine.jpgantoine.jpg

Antoine d'Agata特別講演
特別講演会

Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVALのメインゲスト、Antoine d'Agata氏の特別講演会を開催します。Antoine d'AgataはMagnum Photosに参加するフランス人写真家。戦争などに従軍の経験もあるほか、アートの写真でも非常に高い評価を得ています。特徴ある風貌から強い・・・・

詳しくは

chair.jpgchair.jpg

写真コミュニケーション
プレワークショップ

六甲山でどの程度のレベルのポートフォリオレビューを受けられるのか。あらかじめ知りたいと考える方には、最適のワークショップがあります。2013年7月13日14日の2日間にわたって、写真コミュニケーションワークショップが神戸市中央区海岸通、theory of cloudsギャラリーにて開催されま・・・

詳しくは

world.jpgworld.jpg

六甲山フォトアンバサダー
ワールドワイド

六甲山国際写真祭を世界から見える写真祭にするために、関わりのある写真家や写真愛好家をフォトアンバサダーとして採用します。彼らが六甲の発信する情報をその地域・国で広報したり、写真家のコミュニティーに訴えて写真家を六甲山に導いていただく、そういう仕組みを構築し・・・

詳しくは

hotel.jpghotel.jpg
六甲山ホテル

Symposium

portfolio.jpgportfolio.jpg
アルペンローゼ

Portfolio Review

camera.jpgcamera.jpg
写真家ロッジ

Accommodation

ski.jpgski.jpg
アルペンローゼ

Slideshow

view.jpgview.jpg
GRANITE CAFE

Meeting Place

school.jpgschool.jpg
六甲山YMCA

Special Lecture

sheep.jpgsheep.jpg
ジンギスカンテラス

Reception

viewphoto.jpgviewphoto.jpg
会場の写真を見る

View Photo

RAIECは、教育やコミュニケーションを通じて社会をよりよいものにしようという芸術の立場からの提案です。

RAIECは、神戸の写真ギャラリーGallery TANTO TEMPO、theory of cloudsを中心に、国内の写真ギャラリーや枠組み、個人、アメリカやヨーロッパの文化芸術NPO、アジアの芸術の枠組み、神戸市内の大学などの教育機関などが連携して構成されたNon-Profitの組織です。

RAIECの総合ディレクターは、杉山武毅(すぎやまたけき)です。杉山武毅は、公立病院の外科系医師という立場ながら、ファインアート写真のコレクターを経て、2008年に写真専門企画展ギャラリーGallery TANTO TEMPOの設立に関わり、そのディレクターに就任します。その後、日本の写真の状況を研究する中で、海外の写真の様々なイベントを取材、2012年9月には第3回Singapore International Photography Festivalのレビュワー、2012年12月には第8回Angkor Photo Festivalにゲストキュレーターとして招かれ、日本人写真家6名のグループ展を企画実施しました。2012年11月には神戸市に2つ目の写真企画展ギャラリーtheory of cloudsを設立。2013年6月にはアメリカの主要レビューイベントであるReview Santa Feに公式レビュワーとして招かれています。杉山は一貫して写真芸術と社会との接続を訴えており、本写真祭やARTinHOSPITAL(病院内での優れたアーティストの展覧会)といった枠組みの国内組織の創設と企画立案を、社会全体が利益を享受するという目的のために組織や枠組みをこえて協業する仕組みとして提案するなど、アートの社会性に訴える構造の構築を模索しています。

RAIEC設立の目的は、日本の写真の評価のシステムの検討および国際化、写真コミュニティーの質的向上、写真評論や学術の質的向上、写真芸術と社会との関係性を問いかける国際学会の設立、日本の写真のマーケットの構造研究、国立写真大学・国立写真美術館の設立のための基金作り、これらの活動をまとめ学術的に検討する学会設立、そして写真を通じた芸術教育、社会教育のための政治の動員、研究の助成、などとなっています。

RAIECは神戸にとどまらず、また特定のものの利益を代表することなく、写真芸術、写真コミュニケーションを柱とする国内外の写真コミュニティーや写真関連ビジネスと立場を超えて広く連携することを主眼として活動を行っています。

この写真祭は、発見、教育、コミュニケーションという3つの思想を掲げて、神戸市六甲山上で開催する国際写真フェスティバルです。
その開催目的は、写真アートがもつコミュニケーションの力をより高いレベルで訴求すること。そのために、海外の写真フェスティバルや本格的なレビューイベントに習い、コミュニケーション能力の高い海外の写真のレビュワーを招き入れて写真家の評価プログラムを開催します。さらに、そのレビューの質の高さを一般の参加者に公開するオープンポートフォリオビューイングや一流の写真家のスライドショー、若手の写真スライドショーライブを教育機関と連携して企画、実施します。

このプログラムは六甲ミーツ・アートの連携イベントとして実施します。

Office

  • 組織名
    • RAIEC - Mt.ROKKO ART INITIATIVE for EDUCATION & COMMUNICATION六甲山 教育と交流の芸術構想
  • 住所
    • 神戸市中央区海岸通2-4-8 B1theory of clouds内
  • 設立
    • 2013/05
  • 代表
    • 杉山 武毅 TAKEKI SUGIYAMA
  • 連絡先
    • 078-335-6510
    • info@tantotempo.jp

main01.jpg 六甲山国際写真祭は六甲ミーツ・アートの連携イベントです