HOME > 2013 > EXHIBITION TOKYO-GA

exhibition.jpg

Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY FESTIVAL 2013
EXHIBITION

六甲山国際写真祭の期間中、短期間ですが常設展覧会を運営します。

アルペンローゼではRAIECのコミッティーのメンバー太田菜穂子さんのキュレーションで「東京画」の4名の写真家にフォーカスを当てて写真展を開催します。ぜひご観覧ください。

inoshisi_icon.jpg「東京画」写真展

2013年11月8日(金)- 10日(日) at アルペンローゼ 会場をみる
「東京画」の4名の写真展
古賀絵里子
所幸則
大西みつぐ
鋤田正義

古賀絵里子

eriko1.jpgeriko2.jpg
ⓒ Eriko Koga

プロフィール
1980 福岡県生まれ
2002 写真ワークショップ コルプス20期参加
2003 上智大学フランス文学科卒業
現在フリーランスの写真家として広告撮影や講師、TV出演等で活動する傍ら、
2009年より和歌山県高野山へ通い新作撮影を続けている。
東京都在住

受賞   
2004 ガーディアン・ガーデン主催 フォト・ドキュメンタリー
     「NIPPON」2004受賞:「浅草善哉」
2012 「浅草善哉」さがみはら写真新人奨励賞

個展
2004 「浅草善哉」ガーディアン・ガーデン、東京
2008 「浅草善哉」エモン・フォトギャラリー、東京
2010 「浅草善哉」ソラリアパークサイドギャラリー、福岡
2012 「浅草善哉」エモン・フォトギャラリー、東京
2013  「一山」エモン・フォトギャラリー、東京

グループ展
2003 「CORPUS 20」ギャラリールデコ、東京
2007 「2006年度ヤングポートフォリオ」
      清里フォトアートミュージアム、山梨
2008 「平遥国際写真フェスティバル 2008」中国
2009 「Happy Maker in 高野山 2009」和歌山
2010 「2009年度ヤングポートフォリオ」
      清里フォトアートミュージアム、山梨
2011 「2010年度ヤングポートフォリオ」
      清里フォトアートミュージアム、山梨
2011 「Happy Maker in 高野山 2011」和歌山
2012 「フォトシティさがみはら 2012」、東京
2012 「angkor photo festival 2012」カンボジア
2013 「Happy Maker in 高野山 2013」和歌山
2013 「Serenity」
ANAインターナショナルコンチネンタルホテル、東京
2013 「高野山カフェ」新丸の内ビル、東京

著作等
2006 写真集『フォト・ドキュメンタリー「NIPPON」』                                
    /ガーディアン・ガーデン発行
2011 写真集『浅草善哉』
    /青幻舎発行

コレクション
清里フォトアートミュージアム(2006,2009,2010,2013)
フランス国立図書館(2006)
エモン・フォトギャラリー(2008,2012,2013)

連絡先
ホームページ http://kogaeriko.com

所幸則

tokoro1.jpgtokoro2.jpg
ⓒ Yukinori Tokoro

所幸則 - TOKORO Yukinori

1961年生まれ。
写真ならではのアプローチで、イメージングを追求してきた作家として国内外で高い評価を受ける。
全作品を通貫して流れるテーマは"生と無常"。
クールなテクスチャーと独特の構成力で成立するスタイルには、写真家としての繊細な観察眼が読み取れる。
情報が氾濫する現代、写真における情緒の立ち位置を見せた希有な写真家のひとりと言えるだろう。
都市のランドスケープの他、ポートレートの分野でもその審美眼を遺憾なく発揮している。

www.tokoroyukinori.com
[ 東京画 ]
東京を愛する写真家達が撮った東京の写真を世界に向け発信するプロジェクトと聞き、
とても意義がある企画だと思った。

"人生は必ず終りがある儚いもの"、文化の発信基地である街、SHIBUYAも儚いという点では同じだ。

"ONE SECOND"というルールで時間を捕まえるというコンセプトはこの世の儚さも捉えたいと考え、
制作を継続している作品である。

僕が住んでいる場所『渋谷の街』を被写体とし、僕たちの生きている時間と場所が秘めている儚さと美しさ、そしてその力強さを、
僕からの東京発のメッセージとして世界の人々に届けたいと思っている。

大西みつぐ

ohnishi1.jpgohnishi2.jpg
ⓒ Mitsugu Onishi

大西みつぐ - OHNISHI Mitsugu

1952年 東京深川に生まれる
1974年 東京綜合写真専門学校卒業
1975年より1994年まで同校研究室、教務室に勤務・専任講師を務める。
1997年より2001年まで東京造形大学非常勤講師
2000年より2007年3月まで、ニコンサロン運営委員
2002年より2013年まで武蔵野美術大学非常勤講師
現在、東京綜合写真専門学校非常勤講師、大阪芸術大学客員教授

受賞
1985年「河口の町」で第22回太陽賞受賞
1993年「遠い夏」ほかにより第18回木村伊兵衛写真賞受賞

鋤田正義

sukita1.jpgsukita2.jpg
ⓒ Masayoshi Sukita

鋤田正義 - Masayoshi Sukita

1938年福岡県生まれ。ドキュメンタリーから広告、映画、音楽まで幅広く活動。写真集に「T.REX×1972 SUKITA」、「氣--デヴィッド・ボウイ写真集」、沢田研二写真集「水の皮膚」他多数。映画では寺山修司「書を捨てよ、町へ出よう」撮影監督、ポール・シュレーダー「MISHIMA」,ジム・ジャームッシュ「ミステリー・トレイン」、是枝裕和「ワンダフル・ライフ」のスチール写真他。

Born 1938 in Fukuoka, Japan. As a photographer and a movie cameraman, his career has been expanding broadly from documentary, portraits of musicians, advertisements, to film.Bibliography : "T.REX 1972 SUKITA", "氣 - KI" photo book of David Bowie, "MIzu-no Hifu" photo book of Kenji Sawada. Filmography : Cinematographer - Shuji Terayama's "Throw away the books, Let's go to the streets"(1971), Still Photographer - Paul Schrader's "Mishima: A Life In Four Chapters" (1985), Jim Jarmusch's "Mystery Train" (1989) , Hirokazu Koreeda's "Wonderful Life" (1999)

子供の頃から我が家の床の間にはいつもB&Wの掛け軸が飾ってあった。
まるでギャラリーの様に。大きくなって写真の道へと進んでいった。
まだまだB&Wが主流の時代だった。
その後もB&Wに拘りながら時は経っていった。
今、カラーも撮ってはいるけど、まだまだB&Wに拘って自分の世界を追っている。
2011年3月11日に東日本で大きな地震災害が起きた。
東京で暮らしている自分にもわずかながら内側に変化が起き出した。
そして東京を撮っている。感じる身の回りから少しずつ・・・

2011年7月5日 鋤田正義

When I was a child, the alcove at my home was decorated with a black & write hanging scroll as always. It was just like at the art gallery. I decided to start my career as photographer, the black & write photography was the main stream at that time. I have been devoted the monochrome expression since then. Now I am still questing for my world with monochrome, even take color photography from time to time.
On March 11th the tremendous earthquake hit the eastern district of Japan. I began to feel something surely changed inside myself. Now I am living in Tokyo, I focus on Tokyo, some little and familiar things surrounding my life.

5th July, 2011, Masayoshi SUKITA

inoshisi_icon.jpg観覧方法

VIP Pass 1Day Pass、2Day Pass、スーパー早割Passを保有する方
六甲ミーツ・アート入場券をお持ちの方
カンツリーハウス入場者

パスを購入する
資金集めに参加してパスをもらう


アルペンローゼは300名収容のカフェとして運営されています。カフェメニューや軽食をお楽しみいただけます。
(非常に混雑する場合は入場制限、カフェ利用制限をもうけることがあります。ご了承ください。)



展覧会に関する最新情報を希望される方は右下の登録ボタンをクリックしてメールニュースにご登録をお願いします。