HOME > 2014 > PORTFOLIO REVIEW 2014

portfolio2.jpg

Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY FESTIVAL 2014

事前審査募集期間 2104年度募集は終了しました

PORTFOLIO REVIEW SCHEDULE
第1日目 2014年8月29日(金)(このポートフォリオレビューは非公開です)

Session 1 午後1時から4時

第2日目 2014年8月30日(土)(このポートフォリオレビューは非公開です)

Session 2 午前9時から12時
Session 3 午後1時から4時

Photographers

イイ マユミ
飯田 夏生実
石倉 潤
市川 信次
今井 宏
岩橋 敬和
臼井 大貴
大口 勝弘
岡田 将
岡本 淑
加藤 ゆか
亀山 仁
川内 太郎
小松 里絵
斎藤 涼介
坂本 しの
柴田 訓良
鈴木 麻弓
大門 美奈
田中 ヒロ
地蔵 ゆかり
中川 れい子
福島 あつし
ホイ キシュウ
宝槻 稔
本田 光
前田 充晴
増田 伸也
松井 泰憲
三橋 康弘
本木 久美子
八木 香保里
八木 光輝
山本 恭子
SYEFRY MONIZ MOHAMMAD NIZAR (Malaysia)
NADIA JASMINE MAHFIX (Malaysia)
AILSA BOWYER (Malaysia)
PAIK YIN LIM (Malaysia)

REVIEWERS - レビュワー

国際色豊かなレビュワーを紹介します。
(このレビュワーの内容は変更となる可能性があります。常に最新情報を得るためにUpdateにご注目ください)

太田菜穂子
後藤由美(Reminders Project)
永田陽一(FRACTION MAGAZINE JAPAN)
藤木洋介(B GALLERY)
馬場伸彦(甲南女子大学)
杉山武毅(Gallery TANTO TEMPO/theory of clouds)

Tuyoshi Ito (Project BASHO, ONWARD/USA)
Steven Lee (Kuala Lumpur International Photo Award/Malaysia)
Erna Dyanty(Galeri Petronas/Malaysia)
Fablice Wagner (Le Caillou Bleu/Belgium)
Paula Kupfer (Apature/USA)
Didier Brousse (Galerie Camera Obscura)
Michael Itkoff (Daylight Magazine/USA)
Taj Forer(Daylight Magazine/USA)
Natalie Matutschovsky(TIME Magazine senior Photo Editor/USA)

◯ナタリー・マッチョブスキー - Natalie Matutschovsky ・・・ TIME Magazine senior Photo Editor / New York, USA

ナタリーはTIME Magazineの上級写真編集者です。そこでの仕事は表紙の写真や、週刊の特集記事の写真を選ぶことです。加えて、週刊の文化欄、Lightbox blogというブログの記事を作るための写真を世界から探し求めていることが彼女の仕事です。彼女はまた、American PhotographyやAaron Siskind Grant、SPDやMagenta's Bright Spark awardなどの写真賞の審査員なども務めてきました。2009年にTIMEに参加する以前にはThe New YorkerやModern Painters、Culture + TravelやThe Walrus magazinestで務めていました。

Natalie Matutschovsky is a senior photo editor at TIME magazine where she produces photography for covers, weekly features and special issues, In addition to overseeing photography for the magazine's weekly Culture section and contributing to the magazine's Lightbox blog. She has judged numerous photography competitions including American Photography, The Aaron Siskind Grant, SPD and Magenta's Bright Spark award. Before joining TIME in 2009 Natalie edited at The New Yorker, Modern Painters, Culture + Travel and The Walrus magazines.

○ディディエ・ブルース - Didier Brousse ・・・ Galerie Camera Obscura / France

ディディエ・ブルースはおよそ20年前の1993年にギャラリーを設立。彼は写真を学び終えた後、ある1人の友人と共に印刷と額装のスタジオをオープンしました。彼はかつてアメリカでとても有名なスタジオで働いていて、そこで写真プリントの保管を含む特別な技能を取得したのです。そういった彼の技能は当時の写真界隈の中ではとても珍しいことでした。彼らは一緒に小さな展示会を開催し始め、そしてエヴァ・ルビンスタイン、ルシアン・エルヴェ、パオロ・ロベルシそしてクロヴィス・プレボといった友人らのオリジナルのポートフォリオ作品を保管していました。その時にギャラリーをオープンしようと決め、今日は日本のギャラリーとコンタクトをとる妻と共に経営をしています。彼のギャラリーはPARIS PHOTOなどのアートフェアの常連ギャラリーです。

He opened the gallery 20 years ago. He had just finished studying photography then and a friend and him decided to open a studio for printing and framing. He had worked in a very famous studio in the United States, where he had acquired special techniques, including in conservation. It was something very uncommon in photography at the time. They started putting together little exhibitions and he was helping friends like Eva Rubinstein, Lucien Hervé, Paolo Roversi and Clovis Prévot organize portfolios of original work. That’s when he decided to open a gallery, but this time with his wife, who had contacts with galleries in Japan. His gallery have been appearing many of the years in PARIS PHOTO.

◯藤木 洋介 - Yosuke Fujiki ・・・ B GALLERY Director / Tokyo, Japan

1978年、広島生まれ。BEAMSのギャラリースペース「B GALLERY」のディレクターとして、国内外の様々なアーティストの展覧会の企画から運営まで務める。近年では、アジアを中心としたアートフェアへの出展をはじめ、他がギャラリーや美術施設への企画の持ち込み、全国のBEAMS店舗を使用した展覧会なども積極的に行っている。

Born 1978 in Hiroshima, Japan. Being director of "B GALLERY" in Shinjuku Tokyo, he curates and produces many of the exhibitions at his gallery. He also attends to the art fair in Asia. Some of the projects are programed and delivered to another gallery and museum

◯後藤 由美 - Yumi Goto ・・・ Curator of Reminders Photography Stronghold / Tokyo, Japan

アジアを拠点に活動するフリーランスのフォトコンサルタント。プロデュース、キュレーション、フォトエディッティング、リサーチなど、写真に関する総合的なコンサルティングに関わる。重点テーマは、紛争、現代社会問題、人権侵害、女性問題など。
これまでNGO、人道支援・人権擁護団体などの写真を使ったキャンペーンや出版、また国際的な写真賞、フォトフェスティバル、イベントのノミネーション、キュレーション及びプロデュースに多数関わる。 写真を通して問題そのものと、その問題に取り組む写真家の存在を世界に紹介すること、また一個人として社会に貢献できることは何かを、写真を通した活動から見る側に問いかけることに力を入れている。

Independent art and documentary photography curator, editor, researcher and consultant who focuses on the development of cultural exchanges that transcend borders. She collaborates with local and international artists who live and work in areas affected by conflict, natural disasters, current social problems, human rights abuses and women’s issues. She often works with human rights advocates, international and local NGOs, humanitarian organisations and as well as international photo festivals and events throughout Asia. She is a founder of REMINDERS PROJECT and Tokyo Documentary Photography Workshop, and has launched REMINDERS PHOTO PROJECT GRANT FOR ASIAN PHOTOGRAPHERS “Visual Story Telling” with the Angkor Photo Festival. She is a curator of the weekly photography blog, REMINDERS: I WAS THERE and is editor in chief of pdfX12, photo documentary folio.

◯フランソワズ・キャリエ - Françoise Callier ・・・ Angkor Photo Festival / Cambodia / France

フランソワーズ・キャリアーはベルギーで生まれ、1983年からパリで暮らしている。彼女はヘルムート・ニュートン、ジャン・ポール・グード、マック・バドゥクルなどの写真家のエージェントとして働いていた。2e Bureau(パリ)、Visa pour l'ImageやThe Corbisではフランス特派員として働いた経歴があり、彼女はプロモーションや広報の分野で長い実務経験を持っている。2006年より彼女はカンボジア・Angkor Photo Festivalの共同製作進行責任者として活動し、彼女がカンボジアに滞在している期間には学生らと定期的に写真ワークショップを開催し、多くの成人学生に向けて教鞭を執っている。

Francoise Callier was born in Belgium and has been living in Paris since 1983. She has worked as a photographer's agent for Helmut Newton, Jean-Paul Goude, Max Vadukul and others. Having worked for the 2e Bureau in Paris, for Visa pour l'Image and as the French correspondent for Corbis, she has long years of work experience in the fields of promotion and public relations. Since 2006, she has been a Program Co-cordinator at the Angkor Photo Festival completing regular photo workshops with students during her visits to Cambodia and acting as a mentor to a number of older students.

◯イトウ ツヨシ - Tsuyoshi Ito ・・・ Project Basho ・ ONWARD / USA(海外扱い)

東京生まれ。20代前半に米・フィラデルフィアに移り、テンプル大学にて学ぶ。フィラデルフィアに写真コミュニティが欠けていることに気付き、2002年 写真家にワークショップや暗室を提供する場としてProject Bashoを立ち上げる。Project Bashoのプログラムは源氏も発展を続け、ONWARDという名の国際的な写真コンペやカンファレンスなども開催されている。自身の作品では、歴史的なプロセスや技術を現在の手法と結びつけることを追求している。

Born in Tokyo, Japan. Settled to Philadelphia in early 20's, educated at Temple University. He realized the lack of photography community in Philadelphia, he established Project Basho to provide space and opportunities of workshop and dark room in 2002. The program has been developing to the present, and ONWARD, an international photo competition has been taking place. He pursues to link historical method on photography to the contemporary method for his own creation on photography.

◯エルナ・デヤンティ - Erna Dyanty ・・・Galeri Petronas / Malaysia

エルナ・デヤンティは写真研究者、キュレーターである。マレーシア国立大学にてアートマネージメントにおける修士号を取得し卒業する。彼女は2009年、アジア欧州財団が開催するエマージングフォトグラファーフォーラムにノミネートされた。彼女の活動は、
A Survey of New Photography in South East Asia / クアラルンプール・マレーシア、アジアの写真家たち2009 / 銀座ニコンサロン、Theerhta International Women Photography写真展(2011年) / コロンボ・スリランカ、DATUM クアラルンプール・マレーシアなどがある。また、フランジパニのバー・レストラン、Alexis Bistro、コンコルドホテルやDwell Asia Magazineのために写真撮影を行っており、クアラルンプールで多くの写真展をキュレーションをしている。

Erna Dyanty is a photography researcher and curator. Erna Dyanty graduated with an MA in Arts Management from Universiti Kebangsaan Malaysia (UKM). She was nominated to participate in the Asian Europe Foundation Emerging Photographers Forum in 2009. Her works have been featured in CUT 2008: A Survey of New Photography in South East Asia, Kuala Lumpur, A New Wave of Responsive Images at Nikon Ginza Gallery, Tokyo, 2009; Theerhta International Women Photography Exhibition, Colombo, Sri Lanka, 2011 and DATUM KL in 2011. Erna has also worked creatively to produce photographic works for Frangipani Bar & Restaurant, Alexis Bistro, Concorde Hotel and Dwell Asia Magazine. She has also curated a number of photography exhibitions in Kuala Lumpur.

◯ファブリス・ワグナー - Fabrice Wagner ・・・ Le Caillou Bleu / Belgium

Le caillou bleuは、特定の芸術志向に偏らず あらゆる種類の写真作品集を出版しています。私たちは写真家の意思・彼らの作品一つひとつを尊重し、写真家本人とコンタクトをとりながら出版へ導きます。そして、出版される作品集を多くの人々に向けて紹介し、写真家の為の跳躍台としてサポートします。また、国際的な流通に乗り 掲げる目標に向かい上質な出版物を制作します。

Le caillou bleu publishes photographic works of every kind, without favouring any specific artistic trend. Le caillou bleu respects the original spirit of each piece of work and operates in direct contact with the authors-photographers.
Le caillou bleu acts as a springboard for photographers aiming to reach a wider public. The publications in our collection are
single format and limited editions. We produce quality publications for targeted, international distribution.

◯マイケル・イトコフ - Michael Itkoff ・・・ Daylight / USA

マイケル・イトコフはアーティストであり、Daylightの共同創設者、また米・マンハッタン The School of Visual Artsの准教授である。
Daylightは献身的にアートや写真の本を出版する非営利団体だ。Daylightはファインアートのさらなる概念的感心とともにドキュメンタリの流れを探索し、アート・写真そして広い世界との間の関係に新しい活力を与える特有の刊行物を収集している。

Michael Itkoff is an artist, Co Founder of Daylight Books, and an Associate Professor at the School of Visual Arts in Manhattan. Daylight is a non-profit organization dedicated to publishing art and photography books. By exploring the documentary mode along with the more conceptual concerns of fine-art, Daylight’s uniquely collectible publications work to revitalize the relationship between art, photography, and the world-at-large.

◯タージ・フォア - Taj Forer ・・・ Daylight / USA

タージ・フォアは写真家、出版者、教育者である。彼は米・ノースカロライナ大学チャペルヒル校で写真の修士号を、同国ニューヨーク州サラ・ローレンス大学にて学士号を取得している。現在はノースカロライナ大学にてアートの分野で教鞭を執っている。また、彼は国際的な写真出版社として知られるDaylightの共同設立者である。今までにStone by Stone(独出版社Kehrer Verlag)、Threefold Sun(伊出版社Charta Editions)といった自身の作品集を出版している。彼の作品はこれまでに世界中の美術館やギャラリーで展示され、J・ポール・ゲティ美術館、ノースカロライナ美術館、ミント美術館、トーブマン美術館やアーティストのエルトン・ジョンなどにコレクションされている。

Taj Forer is a photographic artist, publisher and educator. He received his MFA in Photography from UNC-Chapel Hill (where he is currently a Lecturer in the Department of Art) and his BA from Sarah Lawrence College. He is a Cofounder of Daylight, the celebrated international photography publisher. Forer is the author of two books of his own photography, Stone by Stone (Kehrer Verlag, 2011, Heidelberg, Germany) and Threefold Sun (Charta Editions, 2007, Milano, Italy). His photographs have been exhibited in museums and galleries around the world and can be found in private and public collections throughout the United States and Europe including those of The J. Paul Getty Museum (Los Angeles, CA), The North Carolina Museum of Art (Raleigh, NC), The Sir Elton John Collection (London, UK), The Mint Museum of Art (Charlotte, NC) and The Taubman Museum of Art (Roanoke, VA).

◯太田 菜穂子 - Naoko Ohta ・・・ TOKYOGA Commissioner sine 2011, President of KLEE INC PARIS TOKYO / Tokyo, Japan

写真を中心にアートおよびカルチャー企画の立案と運営に携わるかたわら、写真文化を拡げる活動にエネルギーを注ぐ。写真の力で東京の価値を創設するプロジェクト、「東京画 DESCRIBING TOKYO SCAPES BY 100 PHOTOGRAPHERS」を創設し、現在はそのコミッショナーを努める。

Being photographic curator around art and culture, she poured energy to widen photography to the society. She established "TOKYOGA - DESCRIBING TOKYO SCAPES BY 100 PHOTOGRAPHERS" a program to create values of the city Tokyo by photographyas comissioner.

◯ポーラ・クップファー - Paula Kupfer ・・・ Apature / USA

アパチャーマガジンの編集を務めるポーラはパナマとドイツで育ち、2005年に米・ニューヨークへと移った。ニューヨーク大学でジャーナリズムとラテンアメリカ研究の学士号を取得し、現在はニューヨーク市立大学ハンター校で美術史の修士号を得るため励んでいる。アパチャーで働く前はインターナショナル・ヘラルド・トリビューン (現:インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ) やニューヨークマガジンで働いていた。アパチャーは"写真の向上のための共通基盤"として写真家やライターによって1952年に作られました。今日は、様々な出版物を発行しフォトコミュニティの中心にあります。

Paula Kupfer, managing editor of Aperture magazine, grew up in Panama and Germany before moving to New York in 2005. She has a BA in journalism and Latin American studies from New York University and is currently pursuing a master's degree in art history at Hunter College. Prior to Aperture, she worked at the International Herald Tribune and New York magazine.Created in 1952 by photographers and writers as “common ground for the advancement of photography,” Aperture today is amulti-platform publisher and center for the photo community.

◯スティーブン・リー - Steven V-L Lee ・・・ Kuala Lumpur International Photo Awards / Malaysia

スティーブンはロンドンを拠点に活動するマレーシア人のフリーランスフォトグラファー、ポートフォリオレビュワーである。彼は90年代後半、雑誌記事などの執筆と同時に、ドキュメンタリー及びトラベルフォトグラファーとして写真のキャリアをスタートさせた。自身の写真活動と平行して彼は写真学科卒業生向けのポートフォリオレビューや展示を主催し、ロンドン都市部の子供たちに写真の基礎を教えている。また2008年には、写真家仲間のAndy Craggsと共に写真教育と風光明媚な土地を訪れる楽しみを兼ねたEXPLORENATION.NET World Photography Travel Workshopをスタートさせた。翌年の2009年には、コンテンポラリーポートレートにフォーカスしたKUALA LUMPUR INTERNATIONAL PHOTO AWARDSを立ち上げ、現在このプロジェクトには世界で活躍するプロの写真家も参加している。スティーブンは現在、他の写真家とクアラルンプールのEXPOSURE + Photo Mentoring Platformを通して写真の教育ワークショップを続けながら、個人でもトラベルファインアート作品の制作に取り組んでいる。

Steven V-L Lee is a Malaysian freelance photographer based in London, UK and also a portfolio reviewer at various events. He began his photographic career as a documentary and travel photographer in the late 90's when began writing travel related articles for magazines and journals. In 2008, Steven was involved in portfolio reviews at CULTIVATE, a Rhubarb-Rhubarb initiative for graduates in Photography to prepare and guide them in portfolio preparation and exhibitions. Partnering Andy Craggs, a fellow photographer in 2008, they both set up EXPLORENATION.NET World Photography Travel Workshops dedicated to photography education and travel workshops combined with the enjoyment of visiting photogenic destinations. In 2009, Steven initiated the KUALA LUMPUR INTERNATIONAL PHOTO AWARDS, an annual international portrait photography competition centred in Malaysia, focussing on the best in contemporary portrait photography and has attracted the participation of some top international photographers. Steven continues to run photography educational workshops through EXPOSURE+ Photo Mentoring platform in Kuala Lumpur with other photographers. Currently he is concentrating on his personal travel fine-art photography.

◯馬場 伸彦 - Nobuhiko Baba ・・・ Professor of Konan Women's University / Kobe, Japan

メディア文化論、日本近代文学、写真論を専門とする。モダニズム期におけるヴィジュアルカルチャー(写真・映画・文学・広告)に
ついて研究しており、日本文学協会、日本広告学会、日本映像学会、メディア史研究会などの学会活動を行っている。

He is the professor of Konan Women's University Kobe, Japan. He is engaged with photography, visual art, Literacy of Media Culture and Japanese Modern Literature at Department of Creative Media Studies. He studies visual culture (Photography, Film, Literature and advertisement) in modernism, and attends Japanese Literature Association, The Japan Academy of Advertising, Japan Society of Image Arts and Sciences (JASIAS) and Media History study group.

◯永田 陽一 - Yoichi Nagata ・・・ Fraction Magazine Japan Co-founder/Cheif Editor / Tokyo, Japan

2009年から一写真家として海外のフォトフェスティバルやポートフォリオレビューをリサーチし、ブログ「ポートフォリオレビューへの道」に類末を掲載している。オンラインマガジン Fraction Magazineをアメリカで発行している写真家デヴィッド・ブラムと出会い、FM日本版を創立して日本のベテラン写真家と新人写真家を海外のマーケットに紹介。日本でのファインアートフォトマーケットの普及にも尽力している。

He has been exploring photo festival and portfolio reviews around the world sine 2009. He published "The Road of Portfolio Review" in his blog and there he described many of the stories he has been experiencing in world photography. He met with David Bram, a founder of Fraction Magazine, and established Fraction Magazine Japan to introduce Japanese leading photographers and also emerging photographers in the site.

◯杉山 武毅 - Takeki Sugiyama ・・・ Gallery TANTO TEMPO Director, RAIEC Chairman / Kobe, Japan

公立病院医師。2006年より写真のコレクターとなり、2008年Gallery TANTO TEMPOの設立に関わる。一貫してアートと社会との接続を求め、ART in HOSPITAL/ART PROMENADEなどのプログラムを創設する傍ら、海外のフォトフェスやレビューイベントにレビュワーとして参加。海外の写真の研究を進める。本写真祭を企画し、海外から多くのレビュワーを招き入れ、風通しのいい写真界の創設を目指して活動している。

Being photographic collector since 2006, he realize insufficient market here in Japan. He became director of Gallery TANTO TEMPO in 2008. Connection of art and society became his lifework. He produced ART in HOSPITAL/ART PROMENADE project at his working hospital. He also visit many of the foreign photo festivals and reviews to know trends of photographic world. He planned and creates Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY FESTIVAL where many of the foreign reviewers and photographers are invited. This is to bring Japanese photo community translucent.