Festival Official Statement / 写真祭開催に寄せて

Home/2016, Eng, Experience, Mt.ROKKO, Organization, RAIEC/Festival Official Statement / 写真祭開催に寄せて

Festival Official Statement / 写真祭開催に寄せて

When I started collecting photographs in 2006, I was just a collector not a photo person. I just wanted to stand beside art in my small territory.

When I started a photo gallery in 2008, I had no idea how to deal with selling photos. I tried to learn from professionals, but most of them in Japan had no enough information that I needed. There were legendary photo galleries here in Japan, but it was not the way I really like to follow, they all looked like small pieces of pies for me. So I learnt how to proceed by a French artist.

When I visited Arles for the first time, I felt everything was so over scaled than I expected and I got some sense of fear. I felt myself still in grass covered ground. So I started exploring photography. I visited some oversea photo festivals and tried to look into what was happening in world’s photography. I interviewed festival directors and they all knew the answer that I needed for long. The keywords was “education”.  So I started thinking of founding photo festival to let people think more about baking large pies and eat large portion of pies.

When I started photo festival in 2013, there were so many friends and photo professionals around me to help and support. All of that happened because I asked them for their support. I also asked support from my friend photographers in Japan and oversea’s. They were all supportive and finally I could hold this small festival in local Japan. I now know the reason why they support me and the festival. They knew that I will change the perspectives of Japanese photo community belongings. They knew that Japanese photographers’ will need the way out for their activities and that they need education to reach to real photo communities.

I really thank you all who has been supporting our festival.

Now I would like to announce our 2016 edition of the festival is taken place in Kobe Motomachi area and in Mt.Rokko. I hope people join and enjoy.

 

2006年、僕は写真のコレクターでした。写真に関わるなんて思ってもいませんでした。ただ個人的にアートを生活に取り入れてみたかっただけなのです。

2008年にギャラリーを開設した時、僕は写真を販売する方法すら知りませんでした。日本のギャラリーに教えてもらえるよう頼んだりしましたが、相手もよくわかっていなかったように思います。有名ギャラリーはありましたが、僕がやりたいような運営をしているところはなく、なんだか名前の大きさに比べて焼いているパイが小さいような気がしました。フランス人の作家に頼って経営方法を相談して決めていきました。

2010年にアルルの写真祭を訪れた時、それはまあ本当に巨大なイベントのように感じられて、僕自身のことがひどくちっぽけに思えました。その時、少しだけ怖くなりました。それで、僕は写真のことをもっと知ろうと考えました。僕は海外の写真祭を訪れては世界の写真において何が起こっているのかを、その運営責任者にインタビューを申し込み、尋ねました。そうすると、彼らは僕が知りたい答えをみな知っていましたし、教えてくれました。その時の会話のキーワードは、「教育」でした。そうして、僕は写真祭を開催しました。より大きなパイを焼いて皆がその恩恵に預かるようにするために、写真祭を開催することを考えはじめ、それが実現したのです。

2013年にはじめて写真祭を開催した時、幸いなことにたくさんの友や海外の写真専門家たちが手伝ってくれました。素直に助けて欲しいと伝えたからですが、国内の友人である作家や海外で知り合った作家たちも手伝ってくれました。そうやって、なんとか地方都市であるこの地で写真祭の開催にこぎつけたのです。彼らは、僕がある意味これまでの日本の写真コミュニティーとは異なる立ち位置を作ることをよくわかっていました。日本の写真家たちが出口をもとめていることはよく知られていましたし、本物の写真コミュニティーに参加するためには教育を受ける必要があることも知っていました。

写真祭を支援してくださるすべての方々に感謝します。

2016年の写真祭が始まっています。どうかご参加くださり楽しんでください。

2016-08-25T05:36:00+00:00

About the Author: