Review Santa Fe 2016 -状況と判断Part1

Home/2016, Mt.ROKKO, Organization, Portfolio Review/Review Santa Fe 2016 -状況と判断Part1

Review Santa Fe 2016 -状況と判断Part1

Review Santa Feに来ています。

今年のReview Santa Feは通常6月に開催されていたのが、今年は11月開催になりました。主催者によると、夏休みに突入する6月に比べると11月はオフシーズンということもありコストが安い、とのことですが、パリフォトなどの期間を控えてこの時期に開催することを不思議がっているレビュワーたちも多くいたことから、来年はどの時期に開催されるのか不透明感が漂っていました。アメリカといえば大統領選挙を間近に控えて、いつもと違って少しそわそわしている街の様子も感じ取ることができました。

Review Santa Feの特徴は、アメリカの地方都市のローカルな、コンパクトな写真祭という位置付けですが、美術館、出版社、ギャラリーなど50名を超える強力なレビュワーが集まっての強力なレビューで、そこにワークショップ、展覧会を加えた写真祭の形式を作っていて、世界中からアーティストたちが集まってのお祭りです。2010年に初めてここを訪れて主催者をインタビュー、2013年以降4年間にわたって僕もレビュワーとして参加してきましたが、毎年集まってくるアーティストの多様性には驚かされます。

4年もの間毎年参加していると、レビュワーのなかでも次第に知り合いが増えていくのが面白いのですが、六甲山にも多くのレビュワーをここから誘っているので、ここでは六甲山はとても有名です。多くの人に声をかけられ、六甲山国際写真祭のことを聞かれます。日本人のアーティストを探しているので紹介してほしい、レビューに呼んでくれなどと声をかけられるのはとてもありがたいことです。2-3月にかけてMei House Photography Workshopを計画しているのですが、そこに誘う予定の専門家もきっちりと見つけることができました。

今年のレビューには4名の写真家が六甲山国際写真祭を経由するかその関連から選ばれて参加しており、それに加えてNYから自力で参加した日本人を合わせると5名の写真家が選ばれていました。Review Santa FeのLaura Pressley氏がかねてから表明していた通り、相互の交流を深めるという意思を強く感じました。もちろん、審査を経てのセレクションなのでアドバンテージが与えられているということは決してありませんが、六甲山国際写真祭経験者だからこそReview Santa Feに応募していくという流れができていることを反映したものだし、それこそがReview Santa Feが六甲山国際写真祭を重視する狙いだと考えられるので、今後も交流は深まっていくように思います。

一去年のReview Santa Feに参加していたEvan Andermanという写真家が、昨年の六甲山国際写真祭にプロジェクション作家で参加してもらったのですが、新たにReview Santa Feのボードメンバーになっていたのは嬉しい驚きでした。また、2013年に初めてレビューをした若い写真家たちがReview Santa Feのスタッフで戻ってきて再会できたのはとても嬉しいことでした。

また、今年はReview Santa Feの創始者の一人で、現在はSanta Fe Photographic Workshopを主催しているReid Callanan氏の表敬を受けました。同じ「山」の写真祭として、そしてコンパクトな写真祭の良き先例として相互に助け合っていく事を確認しました。

写真の傾向としては、今年は若干パーソナルワークがやや減少し、ドキュメンタリー、コンテンポラリーアートは例年通り、建築写真などを含めて風景写真などが若干増えた印象となりました。参加者の年齢は20代はすくなく、30代から40代を中心に、50代から75歳までの幅広い年齢層が参加していました。ひょっとしたら50代以降の方が多かったかもしれません。国籍はアメリカを中心に、日本、オーストラリア、ベルギー、中国、ロシアなどから参加者がありました。対するレビュワーは、美術館、ギャラリー、出版社に加えて、ウェブメディアなどが増えているのが時代を映していて面白いと思いました。ニュースウェブメディアとしては、ハフィントンポスト、Wired、Times、National Geographicなどが参加していました。ただ、一部のメディアは同じ組織から複数のレビュワーが来ており、それらがレビュワーリストで重複して不満を訴える状況もあったようです。

僕のレビューは例年通り全ての枠が埋まっており、嬉しい限りなのですが、場外で枠を引き当てられなかった人たちから盛んに声がかかる状況もこれまで通りでした。レビュー参加者は皆、六甲山のことやギャラリーのことをよく研究していて、写真祭参加、あるいはギャラリーでも展示が叶うことを希望しての応募で、売り込み攻勢はすざましい勢いを感じました。

僕はギャラリー向けと写真祭向けのリストをもっているのですが、今年もレビューした27名の写真家のうち15-17名をリストアップしました。特に六甲山のメインゲストクラスのリストに4名ばかり名前を追加できたのは良かったと思います。いずれも、教育的観点から取り上げたい作品で、ローカルなコミュニティーに起こった問題を客観的に取り上げている優秀な作品で、Review Santa Feの展覧会でも取り上げられていました。

 

日本人参加者の評価などについては、2016年11月27日の報告会後に記事にする予定です。

2016-11-07T14:53:30+00:00

About the Author: