Mirage Galleryが始まります

Home/2017, Feature, Mirage Gallery, NEWS, Organization, RAIEC/Mirage Galleryが始まります

Mirage Galleryが始まります

RAIEC-Mirage Galleryが6月24日に開設されます。

このギャラリーは、六甲山国際写真祭の実行委員会であるRAIECの運営する写真ギャラリーです。六甲山国際写真祭やRAIEC関連のイベントを中心とした六甲山の写真コミュニティーの写真家たちが自由に使えるギャラリーを目指し、また写真を使った社会教育などの一般向けプログラム、コミュニティーワークショップを基礎教育から拡張させた定期ワークショップ、コミュニケーションやディスカッションを通じて作品を磨くメンバー制のサロンなど、新しい試みを通じて写真のもつ力を、特に関西圏で訴えていきたいと考えています。また、長年神戸で活動し昨年末一旦閉廊したGallery TANTO TEMPOの展覧会も企画の委託を受け、年間2–3プロジェクトを実施します。

RAIECはこの秋のNPO法人化を目指して準備を進めており、写真家の育成と国内の写真の地位向上に努めて参ります。

ギャラリーは現在内装工事に入っています。4面の延べ15mにわたる壁面に加え、アジアを中心とした写真集書店エリア、3x3mの写真集ライブラリーつきメンバーズサロン・レクチャールーム、オフィスを備えており、バックヤードとして倉庫兼スタッフルームもあります。6月20日ごろ引渡しとなり、6月24日にオープンとなります。

なお、Mirage Galleryは当面は入場料制を取り入れて運営いたします。もちろん、写真展の入場料制については異論やご意見もあることは承知していますが、NPOが広く一般から会員を募りその会費をもってその運営に当たる、という趣旨がRAIECが法人化された場合の組織運営によく当てはまると考えています。今後は会員を募集し、その会員については入場料は無料とします。これらの入場料制の趣旨にご賛同いただけない場合やお手持ちの資金がない場合などは必ずお支払いいただくような徴収はいたしませんので安心してお越しください。入場料は一つの企画ごと200円です。会費は年間3,000円となっています。高校生以下は入場無料。学生は100円です。ご理解、ご協力をお願いいたします。

こけら落とし展は香港の写真家のChan Dick氏を迎えて開催し、7月後半はグループ展、8月19日から六甲山国際写真祭、9月以降のスケジュールも続々決まっています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

By | 2017-07-03T21:04:18+00:00 6月 12th, 2017|Categories: 2017, Feature, Mirage Gallery, NEWS, Organization, RAIEC|Mirage Galleryが始まります はコメントを受け付けていません。

About the Author: