六甲山国際写真祭2016ポートフォリオレビューにレビューイとして参加した成田貴亨です。

六甲山国際写真祭最終日の8月28日にC.A.P Houseで開かれた「Visual Language 視覚言語とは?」と題されたワークショップに参加しました。

講師はONWARDやProject Bashoを主宰されているイトウツヨシさんです。

 

「視覚言語(Visual Language)」という言葉こそ知っていたものの、では「視覚言語」が具体的にどういった要素を語彙として使っているのか?そう言われると自分の頭に明解な「視覚言語」の姿が無かったというのが正直なところです。
視覚心理学のようなものを使って画面を構成する事には興味があり、その手の本も読んだりもしましたが、やはりそれだけが視覚言語の語彙の全てではないだろうという実感もあり、このワークショップへ参加することにしました。

またONWARDのメールニュースなどで以前からイトウツヨシさんの言葉は読む機会があったのですが、それらのメールの中でも強い写真を裏から支える論理的な背景や構造についてたびたび語られていた印象が強くあり、そういったイトウツヨシさん本人への興味も私がこのワークショップに魅かれた理由の一つです。
4時間のワークショップは2時間ずつ二つのパートに分けて行われました。

前半の2時間は視覚言語についてのレクチャーです。
まとめるとすると「視覚言語」というものが、具体的に何を語彙として使ってるのか?でしょう。
人が生理的にあるいは無意識に反応する図形的特徴を使うことや、CONTENTとFORMなど、写真を作り出す際に相反する関係として現れる要素のバランスをいかに扱うかなどの話題が提示されました。
それぞれの要素の関係を図で表し、それに沿って自身の作品の現在位置を客観的に把握する。明解で、制作中の写真の向かうべき方向性を自分の力で探るツールとして分かりやすくとても便利ではないか思います。
もちろんかなり抽象化、概念化されたツールですので、全てに適用可能な万能ツールではないのですが、これをヒントにそれぞれのケースに応じて考えるためのツールを作り出すことも可能だと思います。
Visual Structure(視覚的なデザイン)と題した、図形的要素が人にどんな生理的な反応をあたえるか?といった話題は簡単な事例のみが示されましたが、視覚心理学的なアプローチを知ればもっと深く掘れそうな話題ですし、画面を作る際の有効な道具であると私自身も考えています。
またレクチャーの最後に見た8分ほどの写真批評の様子を写した映像では、まさに私自身もこのように写真を観察出来るようになりたいと思える、明晰な写真の読み解きが伴った批評が展開されました。あの映像は出来る事ならもう一度見たいと言うか、ことあるごとに何度も見て確認したいような事がつまったお宝映像でした。

前半のレクチャー中で私がとくに興味を持った話題をいくつかあげます。

・「視覚的なこと」と「意味のこと」を明確に分ける。
・ただのコピーではなく写真にすることで何が生まれているのですか?
・視覚言語の単語だけでは不十分であり、複数の単語に意味ある繋がりを持たせてセンテンスや詩を目指すべきである。(ビデオの中で発せられた言葉)
・写真について思っているものと写っているものとの間にはかならずギャップがあると意識する。

特に「視覚的なこと」と「意味のこと」を明確に分けることに関しては、レクチャー中たびたび「それは視覚的なことについてですか?それとも意味についてですか?」という問いかけをイトウツヨシさんが発していたのが印象的でした。これはワークショップ全体を貫いていたキーワードだと思います。
ワークショップ後半は参加者がそれぞれ自作から”視覚的に”成功していると思った写真3枚をピックアップして、それに対して皆で意見を述べ合って検討を加えました。「視覚言語」を使って写真を読み解く演習といった雰囲気です。作家としては思っている事と写っている事の間にあるギャップがあらわになる時間でもありました。
ここでも「この写真の視覚的に目立つ部分はどこか?」「この写真の意味(オチ、要点、focus、interest、feature)は何か」この二つの質問をベースにワークショップは進行しました。
この二つの質問の吟味をかいくぐり、ただの単語一語ではない一つの文節をなす写真のイメージを手にするのは、相当にタフな作業です。
同時にそれが強いイメージの要件であると言われるとたしかに納得ですし、これが現実をわざわざ写真にすることで生まれる“何か”でもあるでしょう。
このワークショップ後半部分では、私だけでなく他の参加者も、自作の中に潜む、まさに「ギャップ」としか言えない問題点を発見し体験したと思います。
「視覚言語」という、知ってはいても漠然としたイメージしか持たなかった言葉を、実際に使える、実体のある道具として認識する糸口が見えたワークショップでした。

 

14194275_10207477690765666_1066097444_n

 

14233307_10207477696645813_2081815510_o

 

14218272_10207477691885694_358743638_n