WORKSHOP 2015

WORKSHOP No1

“ポートフォリオを磨く、編集する”

講師 Amber Terranova / 写真編集者

講師 Laura Pressley / Review Santa Fe ディレクター

概要

写真のプロジェクトは、作家自らがあくまで主観的な方法でまとめられるものです。作品ポートフォリオが効果的なメッセージを発するためには、そのポートフォリオのあらゆる可能性について綿密に考察し、研磨し、勝負をかけて編集を行い、公開に先駆けて準備をする必要があります。

このワークショップでは、写真ポートフォリオレビューの専門家や写真編集者が、ポートフォリオレビューなどに参加する写真家向けに、どのように作品を引き立てる準備をすべきなのかを豊かなサンプルから概説します。

その後、参加者のポートフォリオレビューを行います。

対象:これから国内や海外のポートフォリオレビューに参加をしてみたいと考えている写真家。これまで以上に作品を作りこみたい写真家。

写真のレベル:初心者・経験者(写真の経験があまりなくても参加可能です)

日時:2015年8月30日午後1時から

会場:Gallery TANTO TEMPO

参加費:¥15,000(予約価格・税込)¥18,000(当日・税込)

定員:20名

お申し込み:masuda@rokkophotofestival.comまで”WORKSHOP No1″参加希望と題したメールを送ってください。追ってお申し込み、参加方法の詳細をお知らせいたします。
本ワークショップはお申し込みが必要です。申し込み状況によっては当日参加ができない可能性ががあります。ご了承ください。

ご好評につき予約分が定員に達しましたので、締め切らせていただきます。

WORKSHOP No2

“写真のプロジェクトを作る5つのステップ”

講師 Andreas Müller-Pohle / 作家 / 編集者

概要

A Project in Five Steps
 
This workshop focuses on how to prepare, conceive, shoot, edit and publish a photographic project.
 
Bring your portfolio or a group of your latest images in any form. We will analyze and discuss these and then suggest your next steps.
 
At the end of this short, but intense seminar, you will not only have a better understanding of your own work, but of the photographic process as a whole.

写真のプロジェクトは単に思いつきでできるものではありません。プロジェクトを成功させるためには幾つかの準備を整えて、ステップを経て作品を作り上げる必要があります。

Andreasは自身が作家であること、また写真雑誌の編集の仕事を通じて、写真プロジェクトの制作プロセスについて深く考えるようになりました。準備、理解、撮影、編集、公開というステップです。

このワークショップでは、写真のプロジェクトを作るにあたって重要な5つのステップについて概説、参加者のポートフォリオを分析し、アドバイスを行います。

対象:自分の作品をより深く理解し、これから海外のイベントなどに参加を目標としている写真家

写真のレベル:写真活動について数年以上の経験を有し個展やグループ展などに参加した経験がある写真家

日時:2015年8月30日午後1時から

会場:デザイン・クリエイティブセンター神戸 Kiito  GALLERY C

参加費:¥15,000(予約価格・税込)¥18,000(当日・税込)

お申し込み:masuda@rokkophotofestival.comまで”WORKSHOP No2参加希望”と題したメールを送ってください。追ってお申し込み、参加方法の詳細をお知らせいたします。

本ワークショップはお申し込みが必要です。申し込み状況によっては当日の参加ができないことがあります。

WORKSHOP No3

“写真賞で入選するために知っておくべきこと”

講師 Steven Lee / Kuala Lumpur International Photo Award

概要

写真賞はみなさんにとってどのような場所でしょう?

多くに人にとって、写真賞とは雲の上の憧れの場所かもしれません。しかし、写真賞は写真家にとって自分のキャリアを追求するためにはぜひチャレンジしたい場所でもあるわけです。

StevenはKuala Lumpur International Photo Award / KLPAの共同創設者です。多くの写真賞において、その選考基準は異なるでしょうが、KLPAは主にポートレイト写真の単写真の写真賞となっています。その写真賞の審査の裏側を知り尽くしているStevenに、写真賞の審査の様子や、歴代の優秀作品を紹介してもらい、写真賞という構造について共有したいと思います。

ワークショップの後半は、参加者の写真を共有しながら、写真賞に挑戦するためのアドバイスをします。

対象:国内、海外の写真賞などに応募を目指している写真家。

日時:2015年8月30日午後1時から

会場:KOBE 819 GALLERY

参加費:¥15,000(予約価格・税込)¥18,000(当日・税込)

お申し込み:masuda@rokkophotofestival.comまで”WORKSHOP No3参加希望”と題したメールを送ってください

本ワークショップはお申し込みが必要です。お申し込み状況によっては当日参加ができないことがあります。