La longue nuit de Mégantic

MICHEL HUNEAULT “La longue nuit de Mégantic”

Aug 20 Fri – 28 Sun 2016 12:00-18:00 (closed on Monday)

Gallery TANTO TEMPO

ミシェル・ヒューノー 「メジャンティックの長い夜」

2016年8月20日(土) – 9月25日(日)12:00-18:00 (月曜休館/8月28日まで。以降は月・火・祝休館)

Gallery TANTO TEMPO

Overview

On July 6, 2013, at 1:15 am, 47 residents of Lac-Mégantic died after a shale oil filled train derailed and exploded in the middle of the small city. For a community of about 6000 souls, it meant 1 out of every 128 residents were taken out that night.

La longue nuit is about the trauma and mourning lived in Lac-Mégantic, evolving over time and as seen through the angle of the night, a time of the day at which the incident keeps haunting back a large number of Méganticois I have met. La longue nuit is also about the informational darkness in which the residents had to evolve with over time, as authorities were carefully limiting access to the site and to information. After 14 visits and 70 days on the ground across 12 months, one symbolic year of mourning accompaniment has been completed.

Michel Huneault

(quotation from his website)

概要

2013年7月6日午前1時15分、ラック・メジャンティックの47名の住民がシェール油を積んだ列車が脱線し、そのオイルに引火したために亡くなった。6000人のコミュニティーなので、128人に一人が亡くなったことになる。

「長い夜」とは、メジャンティックの町において事故による傷と服喪を表しているわけだが、この出来事が長らくメジャンティックの人々にとって忘れられないものであることを、夜につれ眺めているのである。また、この「長い夜」は、住民たちが少しずつ立ち直るうえで、情報が当局によって注意深く制限されているということの、「情報の闇」についても物語るのだ。12ヶ月にわたり14回の訪問で70日もの日々、私は取材を行った。喪に服した1年が過ぎ、ようやく一区切りをつけることができた。

ミシェル・ヒューノー