RAIEC SHOW 2016

Aug 20-28 2016

Venue / Gallery 301 due

1-1-9-301, Sakaemachidori, Chuoku, Kobe Hyogo

+81 78 393-2808

Open 12:00 – 18:00
closed Wed

会場 /Gallery 301 due

神戸市中央区栄町通1-1-9
東方ビル3階
Tel/Fax 078-393-2808
Open 12:00 – 18:00
期間中水曜日休廊

This is a group show presenting artists who took part to the previous festival from 2013 – 2015.

 

Artist

Mayumi Tsuji / Akira Nakata / Mitsuharu Maeda

Yoshiaki Suito / Ryota Machida

 

RAIEC SHOW 2016

このプロジェクトは、過去に六甲山国際写真祭に参加された写真家のグループ展です。

参加写真家

辻 まゆみ

町田 良太

前田 充晴

水渡 嘉昭

中田 明

”Strawberry Moon”

When a solstice and full moon coincide, it creates a phenomenon known as a “Strawberry Moon”.

I take a break from my daily routine and pause for a moment. Before I have the time to think, “Why am I stopping?”

Suddenly the extent of light begins to alter this everyday sight.

In an instant, the ordinary becomes extraordinary.

It’s just like when an ordinary moon turns red.

I put my finger on the shutter, hoping to catch the light that only I can see.

To me, photography is like creating new light; it’s full of chance, and imagination.

I recreate the light in a darkroom and fix it to photographic paper.

 

Photography may not be necessary for people to live, but it can double my joy. That’s why I take photos.

 

There is a beginning and ending in them.

A strong, beautiful, frightening, sweet solitude is shining in the light.

 

 

夏至と満月が重なることで月が赤く見える現象を”Strawberry Moon”と呼ぶらしい。

 

いつもの日常の中でふと足を止める。何故そこで足を止めるのか?

答を探す前に見慣れた景色が光の加減で変化する。

日常が非日常になるほんの一瞬の出来事。

それはいつも見ている月が赤く見える時の様に。

 

私は自分だけが見ているその光を捕まえたくてシャッターを切る。

写真は新しい光を生み出す感覚に近く、それは偶然と想像力で出来ていると思う。

光を暗室の中で再生し印画紙に定着させる。

 

写真が無くても生きていけるが、写真があれば生きる喜びは二乗になる。

だから私には写真が必要です。

 

終わりと始まりがそこにある。

強くて美しく怖くて愛おしい孤独がその光の中で輝いている。

Mayumi Tsuji / 辻 まゆみ

Garden in the void.

“虚空(Kokuu)” (the Void) is defined in Buddhism as “an intrinsic world that includes everything, but does not have any color or form.”

Such worldview seems to be existence of an imaginary number.

That approach is essential to mathematically express and analyze various events in the world, And that is because it is by nature creative, has a number of voids, and is common to the world view of the Void.

It’s my foundation to make the expression interpretation of such concept.

In this group of works, I have tried to show that kind of contradictory world view in photographic form. The method used was to invert the white and black parts of monochrome images and have them fixed on the surface of paper.

虚空の庭

虚空(こくう)とは、仏教上の定義で”一切を包括し擁するが、色もなく形もない本源的な世界”と定義づけられている。

そのような世界観はまるで虚数の存在のようだ。

世の中の様々な事象を数学的に表現、解析するために必要不可欠でありながら、その実体は創造的で実体がない、という性質が、虚空の世界観に共通するからであろうか。

そのような概念の解釈と表現をすることは、私の基盤となっている。

本作品群では、そのようなどこか矛盾した世界観を、写真的に出現させることを試み、手法としてモノクロームで撮影した画像の白と黒を入れ替えて、紙の上に定着させている。

Ryota Machida / 町田 良太

SAM

 

In spring of 2002, I just started my college semester and went to school by subway everyday in Queens, New York.

 

One day, I noticed an old guy who was sitting on the same bench near entrance of a subway station.  I found him very interesting because his face was very photogenic to make me wonder how he had lived. I thought I should take a picture of him sometime even though I just started photography.

 

‘ Do you believe in luck? ’

 

The first word I heard from him sounds so weird to me and a bit scared me.  While I couldn’t answer the question instantly, he continued,  ‘Give me three numbers that come up with you now.’  I just said, ‘ 1, 5,7.’ without knowing what that was. While I got nervous by being asked the strange question, he took a note and looked satisfied. He also told me he would buy lotto everyday with the numbers.

 

Since then, I began talking to him on street. And more than a month later from the first time, he took me a deli with grim on his face. He told me he finally won lotto with ‘our numbers’ and got forty dollars. As soon as he got two twenty dollars bills, he gave one of them to me. He just said,  ‘ It’s yours.’

 

In a year, I started living with him, and we talked a lot. I heard he was born in Malta and left there for England at the age of 17. He did a lot of kinds of jobs but finally got a job on an international cargo ship. He visited many countries but finally he did jump ship on New York, where he had dreamed to live. Then, he had been in the U.S. illegally for 25years but finally got a green card.

 

In 2008, he passed away because of his heart problem. Because he didn’t have any family in the U.S, there were only two people who cleaned his room, his Pakistani friend and me.

 

When I was with him, I didn’t think that normal life was so special. However, I realized that period when two of us lived together over age or nationality was priceless. Now, I just would like to keep my memories with him into in my mind deeply.

  

SAM

 

2002年春、僕はニューヨークで学生生活を始めたばかりで、毎日地下鉄で通学していました。最寄駅の駅前にベンチが何台かあり、

ある時いつも同じ所に同じ爺さんが座っているのに気付いたんです。毎日のように見る、皺の刻まれた顔はとても魅力的で、

僕は彼の歩んできた人生に興味が湧き、いつかあの顔を撮りたいな、写真を始めたばかりだったけどそう感じていました。

これがサムと僕との出会いです。

  

「お前はラックを信じるか?」

 

初めて言葉を交わした時、そんな質問に僕が何も答えられずにいると、さらに好きな数字を3つ挙げろと彼は言いました。

「1、5、7。」 僕がそう答えると、彼はその数字でくじを毎日買うと言いながら、満足そうにメモをしていました。

そんな出会いから1ヶ月が過ぎた頃、ついに当ったといって私をくじ売り場へ連れていき、その場で当選くじを20ドル札2枚に交換、

その内の1枚を僕に差し出したんです。ただただ驚いて嬉しかった。

 

そんな出会いがあり、僕達は一緒に住むようになり、沢山の会話をしました。地中海の島国マルタで生まれ、17歳でイギリスに

移住し船上での仕事に就いたこと。小さい頃から憧れだったニューヨークに船の仕事で入国し、そのまま不法滞在を25年間続けたこと。

過去にクレジットカードで、支払う気は全くなかったものの思う存分レコードを購入し、計画的に破産したこと。無茶苦茶と

思わされる事も多かったですが、色々な人生があることを学んだ気がします。

 

2008年3月、彼は持病が悪化し他界しました。身寄りのない彼だったので、彼の部屋を片付けていたのは家族ではなく、

僕と彼のもう一人の友人、計二人でした。

 

彼と一緒に住んでいる当時、なにもかもが日常的で変化の少ない日々だと感じていましたが、今振り返ると、国籍も年齢も全く

違う二人が、長期間一緒に生活していたあの頃が不思議でしかたありません。毎晩、聞いてもない僕に、その日のくじの当選番号を教えてくれる事を、今でもよく思いだしては懐かしんでいます。

Yoshiaki Suito / 水渡 嘉昭

Snowy Journey

Go on a journey.
To pursue a landscape of ideals.
Falling snow.
Before I am born and even after I passed away.
Falling snow.
While being journey I think my life.
The journey is long, in due course I finish a life on its way.
I leave.
I am born.
Go on never-ending snowy Journey.

旅に出る。
思い描いた風景を追い求めて。
雪が降る。
私が生まれる前から、そして私が去った後も。
雪が降る。
旅の途上、この風景に自らの行く末を思う。
旅は長く、その途上やがて人生を終える。
私は去り、私は生まれる。
終わることのない旅の中に私はいる。
終わることのない風景を、私は眺め続ける。

Mitsuharu Maeda / 前田 充晴

“Sai siki sai zu “

I produced this work by pictorial technique.

This meaning is to draw the thing except vegetables by a combination with vegetables.

Such a technique is originally a thing used for a picture.

I describe reality and space in the middle of the picture by using the technique of the photograph.

“Sai siki sai zu “ is the title of this work.

Four letters of the title mean vegetables, a color, chroma, composition each.

I liken vegetables to compasses and make a hanger with vegetables. In addition, I may draw a sexual motif with cabbage.

When I work on this work, I can recognize that I am filled with my originality by myself.

I keep it in mind to produce a beautiful art work using four elements. I keep it in mind to produce a beautiful art work using four elements.

 

 

私はこの作品を絵画的な手法で製作しました。

野菜を構成して野菜以外のものを描くことです。

そういう手法は本来絵画に用いられるものですが、私は写真の手法を使うことで、リアリティーと絵画の中間にある空間を描いているのです。

菜・色・彩・図というのがこの作品のタイトルです。

タイトルの4つの文字は、それぞれ野菜、色、彩度、構図を意味しています。

野菜をコンパスに見立てたり、ハンガーを作ってみたり、野菜をコンパスに見立てたり、ハンガーを作ってみたり、キャベツを使って性的なモチーフを描くこともあります。

この作品に取り組む時、創意がみなぎるのが自分でも認識できるほどです。

私は4つの要素を用いてうつくしいアート作品を制作するよう心がけています。

Akira Nakata / 中田 明

 

EVENT PAGE