RAIEC KOBE OFFICE

B1F 2-4-8 kaigan-dori Chuoku Kobe JAPAN 6500024
Gallery TANTO TEMPO
+81 78 335 6510
info@rokkophotofestival.com

650-0024 神戸市中央区海岸通2-4-8 B1F
Gallery TANTO TEMPO内
078-335-6510
info@rokkophotofestival.com

ARTIST TALK / Alejandro Durán

By | 8月 28th, 2016|

ARTIST TALK / Alejandro Durán Aug 28 Sun 2016 12:00 - 14:00 C.A.P. HOUSE 5F LECTURE ROOM (Also you may enjoy Artist Talk of Michel Huneault) アーティストトーク / アレハンドロ・デュラン 2016年8月28日(日) 12:00 - 14:00 C.A.P. 芸術と計画会議 5階 講堂 (Michel Huneaultアーティストトークもご聴講いただけます)

ARTIST TALK / Michel Huneault

By | 8月 28th, 2016|

ARTIST TALK / Michel Huneault Aug 28 Sun 2016 12:00 - 14:00 C.A.P. HOUSE 5F LECTURE ROOM The exhibition at Gallery TANTO TEMPO / Aug 20 - 28 12:00 - 18:00 Monday closed) (You may also enjoy Alejandro Durán artist talk) アーティストトーク / ミシェル・ヒューノー 2016年8月28日(日)12:00 - 14:00 C.A.P. 芸術と計画会議 5階講堂 展覧会はGallery TANTO TEMPOにて開催しています (アレハンドロ・デュランのアーティストトークもご聴講いただけます)

ARTIST TALK / Jamey Stillings

By | 8月 25th, 2016|

ARTIST TALK / Jamey Stillings Aug 25 Thu 2016 18:00 - 20:00 C.A.P. HOUSE 5F LECTURE ROOM (You may also enjoy Kosuke Okahara artist talk) アーティストトーク / ジェイミー・スティリングス 2016年8月25日(木)18:00 - 20:00 C.A.P. 芸術と計画会議 5階講堂 (岡原功祐さんのアーティストトークもご聴講いただけます)

ARTIST TALK / Kosuke Okahara

By | 8月 25th, 2016|

ARTIST TALK / Kosuke Okahara Aug 25 Thu 2016 18:00 - 20:00 C.A.P. HOUSE 5F LECTURE ROOM (You may also enjoy Jamey Stillings artist talk) アーティストトーク / 岡原功祐 2016年8月25日(木)18:00 - 20:00 C.A.P. 芸術と計画会議 5階講堂 (ジェイミー・スティリングスのアーティストトークもご聴講いただけます) 協力:大正大学 ESPACE KUU 空

JAMEY STILLINGS “THE EVOLUTION OF IVANPAH SOLAR”

By | 8月 20th, 2016|

JAMEY STILLINGS "THE EVOLUTION OF IVANPAH SOLAR" Aug 20 Fri - 28 Sun 2016 10:00-19:00 (closed on Monday) C.A.P. HOUSE 4F GALLERY EAST ジェイミー・スティリングス 「イヴァンパ太陽光発電所のすべて」 2016年8月20日(土) - 28日(日)10:00-19:00 (月曜休館) C.A.P. 芸術と計画会議 4階 東ギャラリー

ALEJANDRO DURÁN “WASHED UP”

By | 8月 20th, 2016|

ALEJANDRO DURÁN "WASHED UP" Aug 20 Fri - 28 Sun 2016 10:00-19:00 (closed on Monday) C.A.P. HOUSE 4F GALLERY EAST アレハンドロ・デュラン 「ワッシュドアップ」 2016年8月20日(土) - 28日(日)10:00-19:00 (月曜休館) C.A.P. 芸術と計画会議 4階 東ギャラリー  

KOSUKE OKAHARA “FUKUSHIMA FRAGMENTS”

By | 8月 20th, 2016|

KOSUKE OKAHARA "FUKUSHIMA FRAGMENTS" Aug 20 Sat - 28 Sun 2016 10:00 - 19:00 (closed on Monday) C.A.P. HOUSE 4F WEST GALLERY 岡原功祐 「フクシマ・フラグメンツ」 2016年8月20日(土) - 28日(日)10:00 - 19:00(月曜休館) C.A.P. 芸術と計画会議 4階 西ギャラリー 協力:大正大学 ESPACE KUU 空  

Kosuke Okaharaさんの仕事 – Main Guest Photographer

By | 7月 14th, 2016|2016, Eng, Mt.ROKKO, NEWS, Photographer, Photography|

KOSUKE OKAHARA “FUKUSHIMA FRAGMENTS” Aug 20 Sat – 28 Sun 2016 10:00 – 19:00 (closed on Monday) C.A.P. HOUSE 4F WEST GALLERY 岡原功祐 「フクシマ・フラグメンツ」 2016年8月20日(土) – 28日(日)10:00 – 19:00(月曜休館) C.A.P. 芸術と計画会議 4階 西ギャラリー   さていよいよ岡原功祐さんの登場です。 六甲山国際写真祭も開催まであとひと月と少しになりました。現在鋭意準備中です。 六甲山国際写真祭では「Fukushima Fragments」という岡原さんの最新作をオリジナルプリントで展示します。この展示は、つい先日まで東京の大正大学にて開催されていた同名の展覧会を関西で初展示するものです。 東日本大震災直後の東京にパリから急遽降り立った岡原さんは、灯りの消えた東京の街をみて衝撃を受けたといいます。慣れ親しんだ街が震災による電力供給抑制と震災の暗いニュースとで大混乱に陥っている様を見ながら、東北を撮影するために福島に入りました。その心中には、これまで様々な紛争地にはいって撮影を続けてきた経験豊富な岡原さんでも不安や怖れがあったといいます。そんななか、少しずつ作品を撮りためていったのがこのFukushima Fragmentsなのです。 岡原さんのジャーナリズムの写真は、どれも人類の、あるいは人間の存在のさまざまな局面を見せながら、傲慢さ、弱さ、儚さ、権力への渇望、生きることへの情動など、ひとの根源的な姿を明らかにします。淡々と表層的な事実関係を明らかにするスタイルのジャーナリズムとは異なり、人間や人間社会の深層に迫っていくのがとても強いスタイルだと感じさせます。 岡原さんとは2010年のAngkor Photo Festivalで知り合いました。ようやく関西で彼の展覧会が開催できることを嬉しく思います。

Jamey Stillingsの仕事 – Main Guest Photographer

By | 5月 22nd, 2016|2016, Eng, Mt.ROKKO, NEWS, Portfolio Review, Workshop|

We will present THE EVOLUTION OF IVANPAH SOLAR of Jamey Stillings as one of festival main guest photographers. Exhibition Venue: C.A.P. House (closed on monday) Exhibition Period: Aug 20 sat - 28 sun     今日は六甲山国際写真祭2016のメインゲスト写真家の一人、Jamey Stillingsを紹介します。 Jamey Stillingsはアメリカの写真家です。彼の作品は、いわゆるエネルギー関連の施設を撮影する非常に力強い写真シリーズが特徴で、今年の六甲山国際写真祭にはその中からTHE EVOLUTION OF IVANPAH SOLARというカリフォルニア州にある太陽光発電プラントのシリーズを展示します。 彼の作品はエネルギーの可能性や問題点について、経済・環境・人々・地域などの視点から撮影するもので、その精緻な作品はアメリカでも大変人気があります。最近の作品はヘリコプターにより空撮で構成され、そのスケールの大きさが大変印象的です。 Jameyとは2010年のReview Santa Feに訪問した際、Hoover Damの建築現場を撮影した壮大なシリーズをレビューを受ける立場で持ち込んでいましたが、2013年にReview Santa Feの講師としてレクチャーがあったほか、2014年には僕のレビューをIvanpahのシリーズで受けていただいたことから、今回の展示につながりました。 Jameyの作品は8月20日から28日の期間中、神戸市中央区C.A.P.(芸術と計画会議)(月曜休館)にて展示されます。また、25日にイベントウィークのオープニングトークが予定されているほか、レビュー参加写真家たちと共に六甲山上でこのスケールの大きな作品をめぐってディスカッションが予定されています。 日本でも様々なエネルギー問題が震災関連、原発を中心に語られていますが、限られた資源・土地で効果的で持続的なエネルギーを生産するためにはどのような観点から議論すべきかのか、考えるきっかけになればいいと考えています。