RAIEC KOBE OFFICE

B1F 2-4-8 kaigan-dori Chuoku Kobe JAPAN 6500024
Gallery TANTO TEMPO
+81 78 335 6510
info@rokkophotofestival.com

650-0024 神戸市中央区海岸通2-4-8 B1F
Gallery TANTO TEMPO内
078-335-6510
info@rokkophotofestival.com

RAIEC TOKYO 2017いよいよ今週末開催です

By | 4月 7th, 2017|2017RAIECsatelliteTokyo, NEWS, RAIEC, Workshop|

僕としては随分久しぶりの投稿となりますことをご容赦ください。この度、長年勤めていた本職の勤務先を辞し、しばらく写真に関連する事業やアーティストサポート、アートの社会参加を促すNPO法人を立ち上げる目的で、新しい活動に従事することになり、昨年末から3月末までその準備でバタバタとしておりました。職場からの退去がようやく進み、これからは今後の活動に関する情報発信、六甲山国際写真祭の準備の環境が整いつつあります。ご心配をおかけしましたが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 さて、RAIEC TOKYO 2017展がいよいよ今週末東京アーツ千代田3331で開催されます。 このイベントは、2014年から六甲山国際写真祭のプロモーションイベントとして毎年東京で開催しているものです。前年度までの六甲山国際写真祭ポートフォリオレビュー参加者のボランティアおよびスタッフ参加を求めてその準備から開催の実行まで自主運営で開催しています。今年は21名の写真家が参加しての展覧会と、六甲山国際写真祭を通じて出版に結びついたアーティストとその出版社のレクチャー、現代写真の表現についてのトークショー、写真表現のためのコミュニケーションワークショップなど、これまで、そしてこれから写真で表現を行いたいと考えている写真家がより高い次元で活動を行うために必要な知識と経験を共有できる「場」として、短い期間ですが、強力なプログラムをご用意しています。 折しも、世界はかつてない混迷の危機に瀕し、従来の価値観ではうかがい知れない不安の時代を迎えています。六甲山国際写真祭が始まった2013年から比べてみても、考えもしなかった体制の変化やアイデンティティーの変節を迎えています。写真表現はこの変化の世界でどういう役割を担うのでしょうか。それは、個、社会、世界というさまざまな局面で蠢き、出口を探しているようにも見えます。 六甲山国際写真祭も今年で5年目を迎えます。5年間の経験の蓄積は、そういった世界の変化を眺めてきた5年でもありますが、一方で、写真に限らず、表現というものは収斂したり膨張しながら新たに発見され、さらに高みに向かって発展されるべきものです。ダイバーシティーとトレンド。今年の写真祭はこのキーワードで8月に開催される予定です。ポートフォリオレビューもこれまで多数ご応募をいただいております。ぜひ六甲山の、未来につながる写真コミュニティーにご参加ください。 東京で、そして六甲山でお目にかかれますことをこころより楽しみにしております。

RAIEC TOKYOトークショー

By | 4月 11th, 2016|2016, RAIEC, Symposium|

今日はRAIEC TOKYO 2016のメインイベントであるトークショーでした。 写真家の大森克己さん、そしてライターで写真評論家であるタカザワケンジさんを迎えてトークショーを開催しました。 トークショーはタカザワケンジさんにご司会をいただきました。 大森克己さんは、RAIEC TOKYOスタッフとタカザワさんのセットアップで実現したトークだったのですが、内容はとても刺激的で非常に面白かったです。大森さんとは面識はありませんでしたが、神戸ご出身ということ、また全く同い歳の人ということもあり、彼の作品がどのような考えで作られているのかというトークの内容のみならず、その人物像についてまず興味をもちました。 まず、スイスの美術館からいわゆる宿題として出された京都の龍安寺RYOANJI、つまり日本ど真ん中のキーワードをもとにさまざまな国のアーティストが参加するプロジェクトを、日本のど真ん中にいる大森さんがどのように作っていくのかを、15枚の写真で作られたシリーズとしてスライドショーで見せていただきました。ところが、おそらく会場の中にいてそれらの作品とRYOANJIとがすんなりと繋がって理解できた人はおそらくいなかったと思います。正直、僕にもわかりませんでした。その後、トークは禅だとかカメラだとか、写真のシステムや歴史的な写真の話に迂回しながら、また僕が住んでいる西宮の甲山周辺を舞台にしながら、最終的には大森さんがあえてRYOANJIに直結するイメージではなく(海外アーティストならやるかもしれないけれど)、そこにたどり着くヒントをイメージにつけることで宿題に対する回答を寄せようというプロジェクトとして作られていることが次第に明らかになっていくのです。 少し一節を紹介します。 たとえば、35mmのフィルムのカメラシステムしかない頃は、皆が同じ仕組みで写真を撮っているので、センスや経験で表現に違いがあるにせよ、写真そのものにはさほど違いがなかった。みな土俵は同じで、その土俵上で写真が語られていた。ところが、デジタルカメラが登場すると、いろいろな技術が積み重なったり、年々システムが変わっていく。そういう不安定な状況では、いわゆる土俵のような場所がないから写真そのものが揺れていて、そういうものを使って写真がつくられても語りつくせない時代が続いた。システムの差異が騒がしく語られて、写真そのものが語られているのか、システムが語られているのかわからなかったのだ。でも、そこからさらに進化して、ここ数年で確立したiPhoneやスマホといったフォーマットは、誰もが使うものにまで世界を席巻していて、ほぼ万人共通のプラットフォームになっているから、また同じ土俵で写真を語れる時代がやってきた。だから現在の僕はiPhoneをつかうのだ。さらに、ネットなどを介して表現できるテクノロジーも爆発的に広がり共通しているので、最終的な出力結果まで、たとえばInstagramでただイメージを流しているだけであっても、写真そのものには共通性があって揺らぎがない。大量に生産されて流れていくものであっても、ハッシュタグや適切な言葉をつかって囲うことで流れ去らないようにしていれば、それ自体が最終出力作品になりうるし、プリントまで作りたければそれにも適応できる。 というような話です。そうやってスマートフォンで作品となる写真を撮影し、ハッシュタグで写真に情報を加えることで、大森さんはRYOANJIの作品を作っているのです。ここで肝心なのは、大森さんの写真が美的要素やインパクト、RYOANJIにつながる誰もが理解出来るわかりやすいイメージではなく、イメージから想起されるわかりやすい言葉をハッシュタグで付け加えることで、わかりにくいイメージのグループを次第にRYOANJIに近づけていることなのです。 うーん、と唸るしかありませんでした。 写真の最先端は、もはやこれまでの写真のシステムの中にはなくネットの中、さらに言えば写真なんていうものはイメージである必要性さえなくなっていくのではないかと思わせるような大変興味深いお話でした。もちろん、写真である以上イメージは必要ですが、ハッシュタグがイメージを支配する、あるいはイメージに付着する言葉が主役になるなんて話が実際進められていることは、まさにこれまでの写真とは別次元の話です。そしてそれがまさに現代アートなのだと認識させられました。 タカザワさんは、写真祭や写真表現の話をからめながら、RAIEC TOKYO 2016出展者の表現の質や方向性をみて、一言ダイバーシティー、つまり多様性という言葉を話されていました。これは六甲山国際写真祭のプログラム構成上に一貫したテーマがなく、さまざまな種類の作家が参加していることに起因しているのですが、他方日本の写真表現全体にも言えることとして話されていました。すでに「写真」というブロックは溶け始めて(溶け終わって)世界の写真アートの前線基地は大森さんのような情報テクノロジーやインスタレーションに移りつつあるというのはよく聞く話です。残念ながらそこに気づいて動ける人はさほど多くはありません。タカザワさんとしては、写真の古いシステムの存立自体が溶けている今、個々の写真家の表現に対してはより精度をたかめ言葉を強く粘り強く作品を作っていくしかないと話されていました。私たちのような写真祭の方向性や開催意義にも、さまざまな要因で特色を作っていく必要があるのではないかと話されていました。 もう一つ大森さんとタカザワさんの話の中で、パーソナルワークについての言及がありました。これもおもしろかったので 紹介したいと思います。 もし誰かを愛しているということを写真表現したいのだとすれば、その愛を伝えるために写真を撮る前に「愛している」と言葉で話せば済むことた。話せば済むくらいのことなのであれば、写真に表現するには及ばない。家族、恋人などのパーソナルワークというものは、言葉では表現できない普遍的な何かをあぶり出すために撮られるべきだから、その普遍が何かが写真で理解されるかどうかは作品としてまとめ発表する前に一度考えてみるべきだ。 これもとても的を得た考えだとおもいました。 大森さんの魅力は、人を惹きつける話力にあるのだろうなと素直に思いました。豊富な知識とラディカルな思考、研究、分析の力。音楽やアートへの造詣の深さ。そして始終にこやかで、和ませる表情、声。たった数時間のお付き合いでしたが、とても楽しい時間でした。機会があれば神戸や六甲山国際写真祭などでのプログラムでお目にかかりたいと思います。 最後に、このトークショーを実現してくださりご司会をいただいたタカザワケンジさんにこの場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。    

大森克己xタカザワケンジx杉山武毅 トークショー

By | 4月 10th, 2016|

大森克己×タカザワケンジ×杉山武毅 スペシャルトークショー 写真家の大森克己氏と写真評論家・ライターのタカザワケンジ氏を招き、六甲山国際写真祭(RAIEC )代表の杉山武毅氏とともに、写真の現在を語るトークショー。現代アートと写真、フォトフェスティバルのあり方、大森氏の作品制作などについて語っていただきます。 会場 3331 Art Chiyoda  1階 ラウンジ 時間 16:00〜17:40 定員:40名 料金 2000円(申込不要)

RAIEC TOKYO 2016始まりました!

By | 4月 9th, 2016|2016, Mt.ROKKO, NEWS, Organization|

六甲山国際写真祭 Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVAL 2015年のポートフォリオレビューに参加した作家のうち、34名の写真展が東京3331アーツ千代田で始まりました。 このイベントは、六甲山国際写真祭の東京でのプロモーションイベントとして、前年度ポートフォリオレビューに参加された写真家がRAIEC TOKYOというグループを自主的に運営しながら作っているものです。六甲山国際写真祭はまだ3年を経ただけの若い写真祭ですが、それだけにこういったイベントを通じてその存在をアピールするのがいいのではないか、という参加者からの提案で始まったものです。国内のポートフォリオレビューに参加する写真家に共通する意識の中には、自ら制作する写真が国内や世界の専門家にどう評価されるのか体験したいという思いがあり、また可能であれば世界への道筋を見つけたいという思いがあると思います。この展覧会はその思いを胸にわざわざ六甲山にやってきた写真への熱意や勇気の証明とも言えます。 この写真展は、写真家たちの優劣を競うものではもちろんないし、表現のレベルもばらばらです。写真祭に参加して結果を残すものもいれば、あまり良い評価を得られずに戸惑うひともいたでしょう。しかし、それぞれが予備審査を経て果敢に挑戦した結果でもあるわけで、そういう前向きな意思はかならず何かしら写真を愛するものにとってポジティブに働くはずですし、得難い経験は写真家同士のつながりをつくったり、世界的な写真家と実際に話すことで得られる世界基準の表現のレベルへの距離が見えたり、と有意義であることは間違いありません。 34名の写真が一堂に並ぶと壮観です。ぜひ会期中ご覧になってください。

RAIEC TOKYO 2016

By | 4月 8th, 2016|

2015年夏、第3回六甲山国際写真祭のポートフォリオレビューに参加した作家たちは、六甲山上という隔離された場所で密度の濃いポートフォリオレビューを受け、ハイレベルなワークショップで作品を磨きました。レビュー・サンタフェやアンコールフォトフェスティバルなど世界各国のフォトフェスとの協力関係を結び、強力なレビューアーを招聘し、世界レベルでの目線を直に体感できることが六甲山国際写真祭の魅力です。第4回の参加者募集が始まった今、この写真祭の魅力を多くの方に知っていただくために、昨年の参加作家有志34名がRAIECとともに東京でのサテライトイベント『RAIEC TOKYO 2016』を4月8日(金)~15日(金)に東京都千代田区の 3331 Arts Chiyodaにて開催致します。 写真展:34 Photographers Group Exhibition / RAIEC TOKYO 2016 開催日:2016年4月8日(金) - 15日(金) 開催時間:12:00 - 20:00 (最終日は18時まで) 会場:3331 アーツ千代田 B104号室 東京都千代田区外神田6-11-14

東京でイベントを開催します – RAIEC TOKYO 2016

By | 3月 1st, 2016|2016, Mt.ROKKO, NEWS, RAIEC, Workshop|

RAIECおよびRAIEC TOKYOでは、4月8日(金)から15日(金)までの8日間、東京3331アーツ千代田において六甲山国際写真祭の告知イベントを開催します。このイベントでは、六甲山国際写真祭にポートフォリオレビューで参加した写真家の作品を展示するほか、4月10日(日)には写真家大森克己さん、タカザワケンジさんをゲストに招いてトークショーを開催します。また、4月9日(土)にはRAIECのワークショップ「写真コミュニケーションワークショップ」を開催します。 東京で六甲山の写真祭の様子をご覧いただけるまたとない機会となると思います。 ぜひご参加下さい。   RAIEC TOKYO WEBSITE

「写真」というキーワードが紡ぎ出す空間・六甲国際写真祭」 -塩見徹-

By | 2月 25th, 2015|2013, 2014, Organization, Portfolio Review, RAIEC, Slideshow|

六甲山国際写真祭第一回参加写真家 塩見 徹さんより   第1回六甲国際写真祭に参加した写真家・塩見徹です。 実は、参加するまでは、ポートフォリオレビューがどういったものなのか、どれだけの成果を得られるのか、半信半疑でした。ですが実際に参加した後の自分が、もし参加前の自分に出会ったとしたら、迷う事なく参加を薦めます。有無を言わせず、トコトン、強烈に。   Q1、六甲山国際写真祭に参加し得た事 A1、六甲国際写真祭というイベントの最大のポイントは、各分野の第一線で活躍するレビュアーが六甲山上と言う閉鎖空間にギュギュッと集まっていて、自分が行動を起こせば、いつでもアプローチができる環境だということ。ポートフォリオレビュー自体はもちろん、レビュー前後にもチャンスはいくらでもあります。それもレビュアーらが、自分の作品を観る姿勢でいてくれるのです。短期間にこれだけ多くのレビュアーに自分の作品を観てもらう(知ってもらう)機会は、他にはまずありません。 もう一つのポイントは、写真に関して圧倒的に密度の濃い時間と環境にひたすら身を曝せるという事。独学で写真を学んだ自分にとっては、写真史や作品制作について昼夜を問わず議論できる環境は、学生時代の合宿を思わせる純粋な熱さを感じました。六甲山の山上で結びついた繋がりは何にも代え難いものです。   Q2、六甲山国際写真祭から後の写真活動の展開(海外のフォトフェス参加や写真集出版など) A2、ONWARD Compeで入賞し、フィラデルフィアのグループ展に参加。他にや個展、アートフェアへの参加など、現在は展示を中心に活動しています。   Q3、なぜ、六甲山国際写真祭に参加しようと思ったのか? A3、海外のレビュアーがわざわざ日本にきて、自分の作品を観てくれる数少ない機会であるとともに、3日間という短期間に多くのレビュワーに自分の作品をアピールできると思ったから。 上記のようなメリットを感じたのは事実ですが、実際のところ参加を決定づけたのは、ディレクターである杉山氏のプレゼンテーションを直接聴いたこと。“なんかこのおっさん、面白そうやなー”と。(笑) この直感は間違っていませんでした。   Q4、これからの作家活動での目標や次へのステップ A4、六甲国際写真祭では、国籍や立場の異なる、多くのレビュワーからの評価や意見をもらい、自分の作家としての立ち位置を意識するようになりました。作品の量と質を高めるのはもちろんですが、ただ展示したり写真集を作るだけでは意味がないと思っています。 今の目標は、現在取り組んでいる”Nature of Civilization”のテーマで、300年後まで残る写真本を作ることです。   Q5、告知など有りましたら A5、今年はまだ特に予定が決まっていません。まずはRAIECサテライト東京展に、みなさん是非行きましょう。 これまでの活動については、塩見の作品紹介サイトに載せています。→http://torushiomi.jp   投稿者/RAIEC SATELLITE TOKYOオカモト ヨシ

スタッフブログ 「RAIECサテライト東京展まであと2ヶ月」-岡田将-

By | 2月 17th, 2015|2014, Organization, Portfolio Review|

スタッフブログ第一段を担当させて頂きます、広報担当の岡田将(冬にリバウンドしたので減量中)です。   将軍の将と書いてススムと読みます。写真家としての経歴はほぼペーペーですので書きません。趣味は食べ歩き・・・なのですが減量中につき食べ歩きストップしてます。気付けばRAIECサテライト東京展まであと約2ヶ月・・・光陰矢の如し、ですね。・・・光陰矢の如し!なんかカッコいいですよね。   さて「RAIECサテライト東京」って何さ?という疑問を抱いている方が多いと思うのでブログを通して簡単に説明します。   RAIECサテライト東京とは年に一度、兵庫県の六甲山で開催される「六甲山国際写真祭」の母体「ライエック(正式名称:RAIEC - Mt.ROKKO ART INITIATIVE for EDUCATION & COMMUNICATION)」が関東圏で活動をする際、それを支援するという目的で六甲山国際写真祭に参加した写真家が中心となって発足したものです。 では、六甲山国際写真祭って何?という方のために簡単に説明します。六甲山国際写真祭は、自身の作品を国内外のレビュアーに見せるポートフォリオレビューや、展示、シンポジウム、ワークショップなど、写真に関する様々な催しが行われると場であり、写真家の交流の場となるお祭りです。 RAIECサテライト東京展は六甲山国際写真祭 参加作家の報告展のようなものとなります。 今回のRAIECサテライト東京では、2014年に開かれた六甲山国際写真祭 2014 参加作家の作品が展示を行います。 俗に言う「グループ展」ではなく、「こういった作品を撮る写真家さん達が六甲山国際写真祭に参加されました」と言う報告と同時に「六甲山国際写真祭」というものを広く知って頂くための展示です。 かいつまんで説明しました。4月の展示目指して引き続き準備とダイエットを頑張りたいと思いますので宜しくお願いします!(ちなみに前回13kg痩せたときは炭水化物と間食制限、骨盤運動、食べ順で痩せました。詳細を知りたい方は気兼ねなく聞いて下さい!)     投稿者/RAIEC SATELLITE TOKYO岡田 将

RAIEC SATELLITE TOKYO春のイベントに向けて!

By | 2月 11th, 2015|2013, 2014, Organization, Portfolio Review, RAIEC|

こんにちは、RAIEC SATELLITE TOKYOスタッフのオカモトヨシです。 この春2015年4月4日(土)〜4月12日(日) 3331 Arts Chiyodaで RAIEC主催、RAIEC SATELLITE TOKYO運営でイベントを行います。 トークイベントやワークショップ、写真展と色々な催しを企画しております。 そのイベントに当たり、Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVALのオフィシャルブログをおかりし、六甲山国際写真祭に参加された写真家さんや招待作家さん、スタッフなどなどに記事を書いていただき、六甲山国際写真祭、そしてRAIEC SATELLITE TOKYOを多くの方に知っていただき、盛り上げていこうと思います。 少しでも、多くの人に写真の面白さなど伝えられるようにスタッフ一同頑張って取り組んでいますので、ご贔屓にヨロシクお願いします。   投稿者/RAIEC SATELLITE TOKYOオカモト ヨシ