ARTIST IN RESIDENCE 2016

By | 8月 20th, 2016|

© MAYUMI SUZUKI このプロジェクトは、過去に六甲山国際写真祭に参加された写真家に「宿題」として課題に沿った写真作品を撮り下ろしていただく写真家育成プロジェクトです。 2013年の徳平尚彦「NAGASHIMA」からインスパイアされて2014年から始まった本プロジェクトは、育った町、住んだ町、離れた町、忘れられない町、通り過ぎた町など、生きていくこと、頑張ったこと、傷ついたことなどが無数に交差する町、街、まちをモチーフに「まちのあかり-TOWN OF THE LIGHT」を制作していただき六甲山国際写真祭にて発表するプロジェクトです。 六甲山国際写真祭に各地から参加する写真家たちの取材地はどんな場所だろう? 5周年の2017年度写真祭にて、これまでの作家を取り上げて写真集出版が予定されています。 参加写真家(取材地) 八木玲子(滋賀県大津市坂本町) 山本真有(兵庫県加古郡稲美町) 鈴木麻弓(宮城県牡鹿郡女川町) 小林久人(静岡県浜松市) 坂本義和(福井県福井市美山町)