Loading...
– EXHIBITION 2015 2015-04-24T01:45:27+00:00

Main Exhibition

BRUT PHOTOGRAPHY

A unique project to introduce six Brut Artists to silver gelatin traditional photography

My personal interest in Japanese photography and brut artists (unfortunately; conventionally referred as mentally handicapped artists) lead me to start this project. 
After discovering the cooperation in between Masahiko Maruyama a Japanese fashion designer (Nude Inc.) and Yoshiaki Kasatani president of “Pr-y.org” to design a line of clothing with patterns printed from drawings by KOJI NISHIOKA a Brut Artist from the Atelier Corners in Osaka Japan, I decided to proposed to Yoshiaki Kasatani to cooperate with me, he introduced me to Mrs. Takako Shiraiwa Director of the Atelier Corners and her husband Mr. Ikuo Shiraiwa Co-director.

For the project I provided six Brut Artists with three point-and-shoot cameras and two rolls of film for each one; gave them some basic technical instructions on how to operate the cameras and load the rolls of films. Avoiding influencing them in any way I did not provide any guidelines on what to photograph, they were free to photograph anything anytime they felt like. Some of them took one day to shot one roll of film some took over a month.

During the project, I contacted various renowned and junior Japanese photographers and asked for their opinion about the project, their reactions were all supportive, and many offered to participate, some with their advice for making this book, some by designing and making this book possible, others hand-making photographs for the first exhibition during Dec-2013 at in)(between gallery in Paris France.

As suggested by professional photographers and publishers, in this book we show all of the photographs, 419 in total, in the same order that they were taken revealing the artistic sensitivity of the Brut Photographers, uninfluenced by any social or institutional aesthetic tendencies.

Instinctive raw works that accidentally yet very realistically documented fragments of their daily lives; somehow resembling the traditional Japanese “photography” style characteristic of works of contemporary artists such as Daido Moriyama, Nobuyoshi Araki and many others; even though, this book does not intent to draw a parallel between these raw photographs and works by any of the professional photographers.

Daido MORIYAMA- These photographs are the condensation of the principle of photography. In these photographs; there is everything about the photography that I think of.

 Takehiko NAKAFUJI- I was moved to see that the artists of Atelier Corners pushed the shutter the trigger so softly guided by their instincts and physical reactions. Their photographs/Images without explanation embarked on my eyes and remind me with surprise and joy of the first pictures of my childhood. The scenes they photographed (maybe triggered by their brains’ right hemisphere), are full of the essential charms of snapshots.

Yang SEUNG – WOO- I have wanted to see the places where these photographers took their photos.

Gilles ROUDIERE- When I met him, Luigi did not take long to tell me about the project ” Brut Photography “and it got my curiosity. After he showed me the final product of the exercise, only twelve films for six different authors, I was amazed and acquired his enthusiasm. These six amateur photographers made ​​unclassifiable images, often very strong and disturbingly, surprisingly close to the characteristic photography/documentary style in Japan. Which for me was the result of learning , or perhaps unlearning (fuzzy , Décadrages, subjectivity …) , All of that characteristic Japanese photography style was summarized by their photographs in front of my eyes, and more than a coincidence, it was obviously , spontaneous and sincerely BRUT.

by Luigi Clavareau

ブリュット・フォトグラフィー

6人のブリュット・アーティストを伝統的な銀塩写真へと導く、ユニークなプロジェクト。
日本の写真と、ブリュットアーティスト(不幸なことに、慣例上、精神的障害をもつアーティストとされる)への個人的な興味から、このプロジェクトははじまった。日本のファッションデザイナーであるマルヤママサヒコ氏(Nude Inc.)とPr-y.org代表であるカサハラヨシアキ氏が共同で、大阪のアトリエコーナスのブリュットアーティストであるニシオカコウジ氏のドローイングを洋服の柄にデザインしていることを知り、笠谷氏に私に協力してもらえるよう依頼し、彼はアトリエコーナス白岩高子事務局長と彼女の夫白岩イクオ共同事務局長に私を紹介した。

このプロジェクトのため、6人のブリュット・アーティストに3台の自動露出カメラと一人2本のフィルムを渡した。そしていくつかの、カメラの基本的操作方法、フィルムの充填方法などを伝えた。どのような形であれ彼らの撮るものに影響を与えないよう、撮る内容についてはなんのガイダンスもせず、彼らは感じたままいつでもなんでも撮ることができた。1日でフィルム一本撮った人もいれば、一ヶ月以上かかった人もいた。

このプロジェクトのなかで、私は様々な著名な、若い写真家たちにこのプロジェクトに関する意見を求めた。彼らは支持してくれ、多くは参加したいと言ってくれた。本を作るようアドバイスをくれたり、本のデザインをしてくれたり、パリのin)(betweenギャラリーで2013年12月の最初の写真展のために写真を手作りしてくれた写真家もいた。

プロの写真家、出版関係者から提示されたように、この本では、トータル419枚すべての写真が、撮影された順番に載せられており、アーティストたちの、既存の美学的傾向に影響されない、ブリュット・フォトグラフィーの繊細さを表している。

本能的な生の作品は、彼らの日常生活の繊細さを、偶然にしかし現実的に、記録している。どこか、森山大道や荒木経惟やその他、日本の伝統的な「写真」スタイルをもつ作品にも似ていて、しかしながら、これら生の写真と、プロの写真家の作品とのパラレルを描こうとこの本は意図されたわけではない。

ブリュット・フォトグラファーたち
「彼らは、私たちが写真家と定義する写真家ではない。」「精神障害」と通常言われる独自の精神機能をもつ6人のブリュット・アーティストだ。

名前 生まれ年、出生地、アーティストとして活動始めた年

本作り
2013年4月か5月、私は東京で森山大道、長澤章生両氏と会い、最終的な写真とダミーブックを見せ、どのような本にするべきか、出版するべきか、写真を「ポートレイト」、スティルライフ、ストリート写真などのグループ分けをするべきか、助言を求めた。彼らの答えは、グループわけなどせず、ダミーブックでしているように彼らが撮った順番のまま、見せるべきだというもので、これはGRAF出版社と私たちがしたいと考えたことでもあった。

2013年11月、パリフォト期間中に日本のGRAF PUBLISHERSのマツイヒロキ氏に連絡を取り、彼とその他のGRAFメンバー(本山周平氏、錦戸俊康氏、片山亮氏、菊地教彦氏)も写真集を作ることに賛成した。ヒロキ氏と私は可能な限り本をシンプルにデザインし、私がカバー、ネガティブへのシンプルなドローイングをし、日本のイニュニック社によるオフセット印刷で最終的な本をつくった。

In)(between galleryでの写真展企画
写真展をすることは最初からの私の考えであり、そのためには多くの手作業でのプリントが必要だったので、東京の何人かのプロの写真家たちに連絡を取った。平林達也氏(photographers’ lab)、中藤毅彦氏、韓国の写真家梁丞佑氏、フランスのジル・ルーディエ氏。彼らはすぐに賛成してくれて、自由に写真展のための写真を選びプリントしてくれた。日本の横溝光太郎氏、韓国のキュンチュン氏は写真展で使われた12枚のコンタクトシートを焼いてくれた。
森山大道
これらの写真は、写真原則の凝縮だ。これらの写真には、私が考える写真についてのすべてがある。

中藤毅彦
アトリエコーナーズのアーティストたちが、本能と肉体的反応に導かれあれ程柔らかくシャッターを切るのを見て感動した。彼らの説明のない写真・イメージは私の目を惹きつけ、子供の時最初に写真を撮った時の驚きと喜びを思い出させた。彼らが撮ったシーン(右脳によりシャッターが切られたのかもしれない)はスナップ写真の本質的な魅力で溢れている。

梁丞佑
私はずっと、彼らが写真を撮った場所を見たいと思ってきた。

ジル・ルーディエ

彼に会った時、ルイージはこのプロジェクト「ブリュット・フォトグラフィー」について話すことにあまり時間はかからず、私の好奇心をひいた。最終的な6人の作家によるたった12本のフィルムに写ったイメージを見て、私は驚き、彼の熱い気持ちに惹きつけられていた。これら6人のアマチュア写真家たちは分類分けすることのできない、時にとても強く、気味の悪いほどまた驚くほど日本の写真・ドキュメンタリースタイルの性質に近かった。このことは私にとって学ぶこと、また恐らくは知識を捨て去ること(曖昧さ、脱フレーム、主観・・・)の結果だ。すべての日本の写真スタイルは私の目の前の彼らの写真に集約されており、ただの偶然以上に、明らかに、自発的また誠実なブリュットだった。

EXHIBITIONS 2015

六甲山カンツリーハウス野外展覧会

メインゲスト写真展

会場 六甲山カンツリーハウス

Max Pam / Wenxin Zhang / Haley Morris-Cafiero

メインゲスト写真展

会場 Kiito会館

Noriko Hayashi – 林 典子

Max Pam

Brut Photography ブリュットフォトグラフィー

会場 Kiito会館

知的障害者による写真展

Presented by in)(Between

大阪芸術大学写真学科写真展

Kiito会館

社会のひずみを探せ

Emmanuel Angelicas写真展

Kiito会館

オーストラリア人写真家による表現展

RAIEC SHOW 2015

会場 GALLERY 4

2014年プログラム優秀者による写真展

RAIEC SELECTED ARTIST 2015

会場 Gallery TANTO TEMPO

RAEICが世界中の写真シーンから選んだ選抜展(Silke Gondolfほか)

六甲山国際写真祭 ARITIST in RESIDENCE 2015

会場 KOBE 819 GALLERY

2014年参加者による宿題報告展