Loading...

– Main Guest Photographers 2016

Home/– Main Guest Photographers 2016
– Main Guest Photographers 2016 2016-07-28T07:26:01+00:00

写真のスケール、社会との接続

2013年から始まった六甲山国際写真祭も今年で4回目となりました。

六甲山国際写真祭は、写真を取り上げるアートの祝祭です。今、世界の様々な事件や問題はニュースや作品の写真を通じて知ることがほとんどです。写真が発明されて以来、写真は一度もその地位を他のメディアに譲ったことはありません。写真は人々の暮らしと密接に関わり合い、多くの人は必ず毎日写真を目にしています。

一方で、デジタル写真の時代を迎えて、写真そのものの価値が問われる事態も生じています。誰もがカメラを持ち、iPhoneなどのスマートフォンでも撮影できる時代に、写真は大量に生み出され瞬く間に消えていく、いわゆる大量生産大量消費の壺の中に放り込まれたのです。写真を見る私たちは、それらを瞬時に理解する必要があるわけですが、どの写真を選んでどの写真を受け流すのか、判断を求められることになります。一枚の写真がもつメッセージを、さまざまな解釈ができるなかで、私たちは作者の意図する正しいメッセージとして受け取るトレーニングをしておく必要もまたあります。

六甲山国際写真祭では、そういった写真への理解を通じて写真が素晴らしいアートでありメディアであるということを皆さんに理解していただけるような優れた作品を数多く提示してきました。

今年の六甲山国際写真祭のテーマは、「写真のスケールと、社会とのつながり」です。私たちのまわりにある様々な事件や問題は、多くの場合とても狭い範囲で起こっている出来事です。しかし、国際問題や政治的経済的問題、環境問題、格差、人権問題、自然災害を含めて、私たちの暮らしや生き方に密接に関係しているのはより大きな視点で見るべき人類の行いの愚かさや自然の厳しさです。それらを可視化する写真作品を提示することで、私たちが暮らすこの地球上において、私たち自身の世界を見る目をともに育てていきたいと願っています。

六甲山国際写真祭実行委員会RAIEC代表

杉山武毅

The Evolution of Ivanpah Solar

JAMEY STILLINGS “THE EVOLUTION OF IVANPAH SOLAR”

Aug 20 Fri – 28 Sun 2016 10:00-19:00 (closed on Monday)

C.A.P. HOUSE 4F GALLERY EAST

ジェイミー・スティリングス 「イヴァンパ太陽光発電所のすべて」

2016年8月20日(土) – 28日(日)10:00-19:00 (月曜休館)

C.A.P. 芸術と計画会議 4階 東ギャラリー

 

Overview

The Ivanpah Solar Electric Generating System, in the Mojave Desert of California, is making a compelling physical statement about our collective ability to shift from a society based on fossil fuels to one that embraces renewable energy production. In early 2014, Ivanpah Solar became the world’s largest concentrated solar thermal power plant. 173,500 heliostats (347,000 mirrors) focus the sun’s energy toward three towers creating 392 megawatts of electricity, enough to power 140,000 US homes.

Renewable energy projects such as Ivanpah Solar also raise challenging questions about land and resource use, exposing differing perspectives and contradictions within the environmental movement, local communities, the energy industry, and general public. While Ivanpah Solar is located in the American West, the issues encountered during its planning and construction are global ones and relevant to future environmentally-responsible energy projects.

In October 2010, I initiated The Evolution of Ivanpah Solar. The completed project will become both a book 􀁫and a museum exhibition. I intend for my photography on renewable and fossil fuel energy production to continue over the next several years with a goal of building this work into a project of global scale.

Jamey Stillings

(quotation from his website)

 

概要

カリフォルニア州モヤべ砂漠にあるイヴァンパ太陽光発電所は、石油燃料による社会から再生可能エネルギーへの転換という切迫した共通認識に一石を投じるものだ。2014年の初頭、イヴァンパ太陽光発電所は世界でもっとも大きな太陽温熱プラントとなった。173,500基のヘリオスタット (347,000枚の鏡)が3本のタワージェネラータに集中し、392メガワットのエネルギーを発生させる。これはアメリカの140,000世帯の電力を十分に賄うことができる。

イヴァンパのような再生可能エネルギープロジェクトは、土地や資源の使用について、環境保護運動、地域コミュニティー、エネルギー産業、一般社会のなかで異なった考え方、矛盾を露呈してきた。イヴァンパは西海岸に位置しているが、これらの問題は計画段階、建設期間中にも地球規模で取り上げられ、将来の環境対応型のエネルギープロジェクトとして認められるにいたった。

2010年10月、私は「イヴァンパ太陽光発電のすべて」というプロジェクトを始めた。完成すれば写真集や写真展を開催することになるだろう。私は、石油燃料エネルギーや再生可能エネルギーのプロジェクトを今後数年にわたり継続することで、世界的な規模のプロジェクトとして育てていきたいと考えている。

ジェイミー・スティリングス

FUKUSHIMA FRAGMENTS

Kosuke Okahara “FUKUSHIMA FRAGMENTS”

Aug 20 Fri – 28 Sun 2016 10:00-19:00 (closed on Monday)

C.A.P. HOUSE 4F GALLERY WEST

岡原 功祐 「フクシマ・フラグメンツ」

2016年8月20日(土) – 28日(日)10:00-19:00 (月曜休館)

C.A.P. 芸術と計画会議 4階 西ギャラリー

Overview

“The dark capital

Ten days later. I finally landed in Tokyo. A few days after the first explosion. there was news of yet another disaster at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. This time, a mushroom cloud rose to the sky as a result of an explosion in reactor number three. I was living in France at that time, and had already planned to go back to Japan after Libya to marry my fiancée. But now, we were faced with an unprecedented catastrophe.

 

It was uncertain if my flight could land in Tokyo due to fears of radioactive contamination. My original flight was cancelled, but a later one landed after a few hours’ delay. I was carrying two suitcases, along with heavy photographic equipment. and was worried about how I would navigate the commuter trains during Tokyo’s awful rush hours. After arriving in the city, I was stunned. The Tokyo I knew was a city that bustled with neon signs. It was a city that never slept. The Tokyo I saw that day was dark and empty. Due to fears of radiation, as well as continuous power cuts and the Japanese sense of “Jishuku” – the notion of voluntary self-restraint – the city seemed dead.”

Kosuke Okahara

(quotation from his photo book)

概要

(震災から)10日後、私はついに東京に降り立った。最初の爆発から数日後、福島第一原子力発電所でもう一つの爆発があり、キノコ雲が立ち上がるというニュースがあった。第3リアクターが爆発したのだ。私は当時フランスに住んでおり、フィアンセと結婚するためにリビアの取材が終わり次第帰国することになっていた。

放射能汚染のため、私の搭乗した飛行機が東京に着陸できるのか確かではなかった。元々の便はキャンセルとなったが、数時間の遅れののち搭乗機は無事に着陸した。

私は2つの写真機材で重くなった荷物を抱えて、東京のおぞましいラッシュアワーの電車に乗れるのか心配していた。しかし、東京に着いて私は驚いた。私の知っている東京の街は、ネオンサインの光に溢れ、眠らない街だと思っていたのだが、私の見た東京は暗く、空っぽだった。放射能汚染への恐れと、日本の「自粛」の精神によって、東京は死んだように見えた。

 

岡原功祐

(写真集より抜粋)

協力・協賛

大正大学 / ESPACE KUU 空

logotaisho

WASHED UP

Alejandro Durán “WASHED UP”

Aug 20 Fri – 28 Sun 2016 10:00-19:00 (closed on Monday)

C.A.P. HOUSE 4F GALLERY EAST

アレハンドロ・デュラン 「ウォッシュドアップ」

2016年8月20日(土) – 28日(日)10:00-19:00 (月曜休館)

C.A.P. 芸術と計画会議 4階 東ギャラリー

Overview

WASHED UP

Washed Up is an environmental installation and photography project that transforms the international debris washing up on Mexico’s Caribbean coast into aesthetic yet disquieting works.

Over the course of this project Durán has identified plastic waste from fifty-three nations and territories on six continents that have washed ashore along the coast of Sian Ka’an, Mexico’s largest federally protected reserve and an UNESCO World Heritage site. He uses this international debris to create color-based, site-specific sculptures that conflate the hand of man and nature. At times he distributes the objects the way the waves would; at other times, the plastic mimics algae, roots, rivers, or fruit, reflecting the infiltration of plastics into the natural environment.

More than creating a surreal or fantastical landscape, these installations mirror the reality of our current environmental predicament. The resulting photo series depicts a new form of colonization by consumerism, where even undeveloped land is not safe from the far-reaching impact of our culture of disposable products. The alchemy of Washed Up lies not only in transforming a trashed landscape, but in the project’s potential to raise awareness and change our relationship to consumption and waste.

Alejandro Durán

(quotation from his website)

ウォッシュドアップ

ウォッシュドアップのプロジェクトは、メキシコのカリブ海側に漂着する国境を超えたゴミを、美しく、しかし不穏に描く環境インスタレーションだ。

このプロジェクトを通じて、デュランは、メキシコの最も大きな保護地域でありユネスコの世界遺産にも登録されているシアン・カアンの海岸に53カ国もの国や地域からゴミが漂着していることを確認した。彼はこれらの漂着ゴミを、色分けし、人手と自然とがおりなす彫像として構成し配置している。波がものを運ぶように、彼は藻類や根っこ、川、果実などを真似て、あたかも環境の中にそれらが侵入してくるかのように描いているのだ。

超現実的な、あるいは現実離れした風景を創造する以前に、これらのインスタレーションは現在の環境問題の困難さを映す鏡のようである。もたらされた写真作品は消費社会の新しい植民地化を見せるのだが、それは未開の地であってももはや廃棄可能な生産物から保護されるということはないことを示している。このシリーズの本質は、ゴミの風景を変容させるというものにとどまらず、消費やゴミを生産する社会を認識し変革する必要性を訴えるものだ。

Alejandro Durán

(ウェブサイトより抜粋)