Review Santa Fe

Review Santa Fe

Many reviewers are required in order to organize a proper portfolio review in a systematic way. Our portfolio review will be the world-standard 20 minutes per session which is held for a total of 9 hours over 2 days. At the moment, we are looking to provide each photographer with 6 to 8 reviewers.

We are in the middle of negotiating with 14 reviewers from all over the world (4 from Asia, 3 from Europe and 7 from the US). Almost 7 reviewers have been confirmed and we are planning to increase the number to 10 by next month. The final lineup will be confirmed by early September.

We have a reviewer from Review Santa Fe. They have agreed to provide up to 2 photographers with an exemption from the preliminary selection at next year’s Review Santa Fe. This will be a great opportunity for photographer looking to set foot on the photography markets overseas.

If selected for the portfolio review, you will be asked to select reviewers around early to mid October. In case there’s a deluge of photographers for a reviewer, the committee will hold a lottery. For this reason, please bear in mind at the time of making an application that you might not be able to have your work reviewed by a certain reviewer.

Participating photographers can have their work evaluated not only through the portfolio review but also at the open portfolio review. We encourage you to actively engage in building a high quality photo community with us. We’re committed to creating a photography festival beyond traditional ideas with each one of you. We’re looking forward to your participation.

Also, there will be a number of satellite workshops as part of Mt. ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVAL by some reviewers from the US and Europe. Every one can attend these workshops. The further details will be announced on this blog as well as the festival website.

 


 

ポートフォリオレビューを本格的に、システマティックに実施するには数多くのレビュワーが必要です。Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVALでも、世界標準ともいえる一本20分のレビューを、延べ2日間9時間にわたって開催する予定です。現在のところ、各写真家はそれぞれ6枠から最大8枠のレビューを受けられるよう準備を進めています。

このポートフォリオレビューでは世界中からレビュワーを招くことにしていて、海外からは現在5カ国14名(アジア4、ヨーロッパ3、アメリカ7)のレビュワー候補と交渉中で、現時点でほぼ7名が確定しており、今後1ヶ月で10名程度まで増やすことを考えています。それぞれに大変に忙しい方達ですので、開催時期とも相まっておそらく8月末から9月初めまで確定名簿が出ない可能性があります。また、バックアップとしてさらにレビュワー候補と折衝をすすめていく予定です。

海外からのレビュワーについては、例えばReview Santa Feからの参加となるレビュワーについては、来年度のReview Santa Feの予選が免除となる最大2枠を設定いただくことが決まるなど、いろいろな形で海外に出やすい仕組みづくりをこころがけています。

一方で、国内のレビュワーについても現在いろいろ交渉を進めているところです。申込時点では、レビュワーの確定者と予定者とを併記していますが、予定者についてもほぼHP上の記載を行える確度のレビュワーですので参加申し込み時点でこれらのレビュワーにレビューを受けられる可能性があるものとお考えになってお申込いただけると思います。ただし、どのような国際レビューでも、直前までレビュワー名簿が確定するところはありません。また、レビューにおけるレビュワーの選択は10月初旬-中旬を予定していますが、最終的にはレビュワーの枠数をめぐってお申込写真家の数が多い場合は主催者コントロールの抽選となります。従って、特定のレビュワーのレビューが必ず受けられるとお考えになってのお申し込みは難しいと思いますので、その点をご留意の上お申し込みいただければ幸いです。

Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVALに参加する予定の国内のレビュワーに以前レビューを受けてあまりいい評価が受けられなかった、どうしようか?とお悩みの方もおられると思いますが、レビュワーとして必ず海外のレビュワーを複数枠設定いただける上、国内レビュワーについてもレビュー上のオープンディスカッションとコミュニケーションを強く求めてまいりますので、ぜひお申し込みください。

むしろ、この写真祭やポートフォリオレビューの本質的な開催思想として、参加写真家がレビュワーのみならずオープンポートフォリオビューイングなどでコミュニケーションによるオープンな評価を求めることができること、国内国外に問わず良質な写真コミュニティーの育成に実行委員会とレビュー参加者全体(写真家もレビュワーも)が主体的に参加しその発展に寄与していくという構想の上になりたっていくレビューであることに理解を求めた上で、参加写真家皆さんの写真のレベルをあげ、国内海外の写真コミュニティーにしっかりと橋渡ししていくなど、従来の概念を越えて皆さんと作り上げる写真祭であるということにぜひご理解をお願いし、ご参加いただきたいと願っています。

また、アメリカやヨーロッパのレビュワーは、一部でMt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVALのサテライトワークショップを開催していく予定です。これらはレビューに参加する写真家であるかどうかに関わらず、どなたでもご参加いただけます。サテライトワークショップについての詳細は今後このブログとMt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVALのHP上で告知します。