Monthly Archives: 4月 2015

//4月

RAIEC SATELLITE TOKYO 2014 が終わりました

By |2015-04-14T02:23:08+09:004月 14th, 2015|Meeting Place, Mt.ROKKO, Organization, Portfolio Review|

RAIEC SATELLITE TOKYO 2014が終わりました。 2014年の六甲山国際写真祭に参加してくださったポートフォリオレビュー参加者のうち、28名が参加してのかなり大きなグループ展、また六甲山国際写真祭の重要なプログラムであるアーティストインレジデンス写真展・徳平尚彦"NAGASHIMA"展ですが、4月4日から12日までの全日程を無事に終了しましたのでRAIECの立場から報告し、所感を述べてみます。 このグループ展は、六甲山国際写真祭が全国、全世界の知名度という点でまだまだ小さな写真祭であるのを、参加者が主体的に振り返り、写真のより良きコミュニティーをつくる目的でRAIEC TOKYOという組織を承認して開催しています。昨年も開催しましたが、今年も多くの工夫がなされ、六甲山国際写真祭での皆さんの体験が様々に伝えられたのが特徴でした。 ともすれば講評イベントになりがちな国内のレビューに対して、本来のレビューの目的である写真で作品を製作する人たちの活動場所を広げることを目的とした六甲山国際写真祭のポートフォリオレビュー。国内外のレビュワーを招いて開催するポートフォリオレビューで、20分の短い時間にどうプレゼンテーションを行い、自分が製作する作品を世界に繋げられるかがポイントとなるわけで、レビューでは作家であることを示すと同時に作品の長所をどのように伝えるかを真剣に考えておく必要があります。 これまでの2回の写真祭開催を経て、日本の写真家の特徴も見えてきています。それは当然いい点とあまり良くない点を含んでいるわけで、目的を果たして海外につながっていく人たちもいれば、あまりつながっていかない人たちもいます。主催者としては、どのような作品にもチャンスはあるものと考えていますが、一方でそれらのチャンスを逃していると感じられるような作品が多く、その違い、その理由をアナライズするところから学ぶしか突き抜けていくことはできないと感じています。 総じて、多くの問題はコミュニケーションにあります。先の記事で後藤由美さんも書かれていましたし、Photographer HALさんもトークショーで述べられていましたが、レビューや作品の評価を受ける立場の皆さんが作品をどのように作っているのかという点に含まれる問題、そして作家と写真プロフェッショナルが相見える時、どのように作品を押し出していくかという点に含まれる問題の二つをよく考えておく必要があるわけです。そして、実のところ、この両者は同じ基本的な問題を含みます。それがコミュニケーションだと僕は考えています。 ここでは長々とは書きませんが、要点は、作品を客観視してひとが自分の作品を見た時にどのような反応があるのか考えること。そして他者を納得させるコミュニケーションのスキルを持つことだと考えています。この2つの点は、大変難しいように思えるかもしれませんが、六甲山で、東京で、六甲山国際写真祭の写真コミュニティーに参加すれば学ぶことができます。私たちはすでにレビューに関する様々な情報、そして具体的な体験を有していて、毎年途切れることなく参加者が増えていくことで日本の写真コミュニティーの一つのカタチを示すことができると考えています。 東京展は、企画立案、運営、そして展覧会そのものがとても素晴らしい仕上がりでした。スタッフの皆さんにはいろいろご苦労をおかけしました。またグループ展に参加された皆さん、それぞれが役割を担って写真展を無事終えられたことにこの場を借りてお礼を申し上げます。どのような作品にもチャンスがある、と書きましたが、写真祭も皆さんも、まさにこのような努力が実る時が確実にやってくるという実感があります。 六甲山国際写真祭は今年も8月21日から30日まで、六甲山と神戸市の各所で開催されます。今年は昨年に増してコミュニケーションの機会を多く作ります。特に、28日のレビューの後のナイトセッションでは、招待作家やレビュワー陣と写真についてディスカッションするミーティングプレイスを実施します。ポートフォリオレビュー参加者、過去の参加者のボランティアスタッフだけが体験できる特別な夜となるはずです。 ぜひ六甲山国際写真祭のポートフォリオレビューにご参加ください。ポートフォリオレビューにはまだ準備が足りないな、でも写真展がみてみたい、何が起こっているのか目撃したいとお考えのかたも、ぜひ会期中六甲山にお越しください。   どうぞよろしくお願いいたします。   RAIEC 杉山武毅 写真コミュニケーションワークショップ。写真を分解、再構築する参加者   ディスカッションがすすむ   [...]

RAIEC SATELLITE TOKYO 2014 が終わりました はコメントを受け付けていません。

スタッフブログ 「スタッフ6人感謝を込めて」-オカモトヨシ-

By |2015-04-14T00:54:17+09:004月 14th, 2015|未分類|

こんにちは、RAIECsatelliteTokyo2014の運営スタッフのヨシです、六甲山国際写真祭の一期、二期と写真作家としても参加させいただいてます。 4月12日、2014RAIECsatelliteTokyo展が終了しました、多くの方に足を運んでいただき本当にありがとうございました。 約半年前に、この2014RAIECsatelliteTokyo展を開催するにあたって、6人のスタッフで集まりました。まぁ、その時は本当にどうなる事やら、昨日までえらい珍道中でした。早く終わってほしいのかどうなのかも全くわからないままでした、今となっては安堵と寂しさが入り交じった複雑な心境です。 そしてちょうど二ヶ月前、RAIECからこのブログをお借りし、2014RAIECsatelliteTokyo展そして六甲山国際写真祭にまつわる記事を沢山掲載させていただきました。多くの方に読んでいただき、こちらも本当にありがとうございました。 展示を終了の締めにスタッフより感想を頂きました。   斎藤涼介(運営統括、実務) 3331展示の企画運営のまとめ役の一人を柄にもなくやらせていただきました。 やらないとわからないことが当たり前に沢山あって、いろいろと勉強させていただきました。 正直楽しかったです。 団体行動に向いていない本人が一番大丈夫かなぁと心配していたのですが、 幸い出来る運営スタッフに助けて頂きそれなりの形にはなったのかなと思っています。 終わってみて、優れたコンテンツがあってもそれを知ってもらうには戦略に基づいた地道なアク ションを続ける事が必要なんだなと痛感しています。これはきっと作品を発表しようとする場合 も一緒なのでしょう。自分が面白いと思ったもの、良いと思ったものをどう広めていけるのか、 今後も考えていこうと思っています。 最後に、参加者の方々、ご来場いただいた方々、トークに参加していただいたPhotographer HAL さん、馬場先生、ワークショップのメンターの方々、RAIECの増田さん、徳平さん、 TANTOTEMPO山田さん、そして主催の杉山さん、今回はありがとうございました。   MOTOKI(経理) IT系は全くダメで、イベント告知等全くついていけず、お役にたてたかどうか微妙なのですが、終わってみれば、やはりそれなりの達成感があります。老体に鞭打ってスタッフとして参加してみましたが、なんか学生時代みたいで楽しかったです。 [...]

スタッフブログ 「スタッフ6人感謝を込めて」-オカモトヨシ- はコメントを受け付けていません。

あるるあるある写真のこんな話- RAIEC TOKYO EXHIBITION 4/11

By |2015-04-10T23:22:47+09:004月 10th, 2015|Mt.ROKKO, Organization, RAIEC|

「あるるあるある写真のこんな話」 明日4月11日午後4時から、甲南女子大学メディア表現学科の馬場先生とトークショーを開催します。 けったいな表題ですが、写真というメディア芸術には、他の多くの物事と同様、歴史や言説、表現法などの技術、そして時代性、個のアイデアというものが豊かに含まれています。さらに、写真をめぐるバックヤードは、カメラ産業写真産業をはじめとした強力な産業地盤、ギャラリーなどのマーケット、美術館などのインフラ、教育機関、そして個々の撮影者へと、広大な地平を有していると言っていいでしょう。 馬場先生と僕は、Gallery TANTO TEMPOの山田代表とともに2010年7月にアルルを旅しました。僕としてはそのイベントの主催者であるフランソワ・エベル氏にインタビューを取るための訪問でしたが、2008年のGallery TANTO TEMPO開設から2年目にしてすでに写真をめぐる様々な問題に直面していました。どうして写真家がこれほどいるのに写真のマーケットは小さいのか。どうして日本の写真家は手の届く範囲の撮影ばかりをするのか、などなど。写真のみならず、教育や文化芸術など、社会のあらゆる構造が多くの問題を抱えている。2010年当時、馬場先生と僕はすでにさまざまな写真をめぐることがらを盛んにディスカッションしていました。 明日のトークショーでは、素人ギャラリストがどのようにして写真祭を運営するまでに至ったかを、その出発点をアルル国際写真祭において、盟友である馬場先生とディスカッションします。会場からもご意見をいただきますので、論客のご参加を求めます。 どうぞよろしくお願いいたします。   訂正 初出時2011年7月にアルルを訪問した、とありましたが、2010年7月の誤りでした。訂正してお詫びいたします。

あるるあるある写真のこんな話- RAIEC TOKYO EXHIBITION 4/11 はコメントを受け付けていません。

「他者との対話から社会へと繋がる最初の一歩」-川内太郎-

By |2015-04-10T03:15:45+09:004月 10th, 2015|未分類|

六甲山国際写真祭第二回参加写真家 川内 太郎さんより 私は自分が撮る写真を作品として捉えることに迷いがありました。 写真という媒体で作品を創るということが実感として理解できなかったのです。 作品とはなんなのか、そのことを知りたくてこのワークショップを受けました。 初対面の参加者と対話をするところからこのワークショップは始まります。 相手に自分のことを話し、それを聞いた相手が私自身の代わりに皆さんの前で自己紹介をするというものなのですが、おもしろい内容でした。 自分の話した内容と他者が話すところにズレがあり、捉えられる印象が違うのです。 相手から私はこう見えているのかと客観視することができ、ただの自己紹介ぐらいですが少し驚きました。   次に作家の長谷川さんと石井さんの作品プレゼンを聞きました。 お二人は撮影を行う経緯から作品をより深く強固にするために様々な取り組み方をしていました。 自分の想いからのひとつの方向からのアプローチだけではなく、自分の写真を客観視し、別のアプローチをしたり多方面から作り上げることでより厚みを増し、写真から作品へと変化してゆく経緯が垣間見え、作品を客観的に向き合うことへの重要性が理解できました。 作品への取り組みが増してくると自然と言葉や説明も後から生まれてくるのだと気付きました。 最後にグループディスカッションです。       自分の作品を複数の他者に見てもらい、作品から読み取れるフレーズを書き出し、それを元に複数の他者により作品説明文を作ってもらう内容です。 それは他者により作品が解体され、他者により作品を再構築してゆく作業でした。 出来上がった説明文からは自分一人だけでは気づかなかった自分の取り組む姿勢や作品の漠然とした姿が輪郭を持って浮かび上がってくるのでした。 また、自分が表現したいことが他者に伝わっていなかった点についても、足りない部分やより深く掘り下げていくべき部分があることに気付きました。 [...]

「他者との対話から社会へと繋がる最初の一歩」-川内太郎- はコメントを受け付けていません。

Photographer HAL x 六甲山国際写真祭・杉山武毅トークショーとオープニングレセプションリポート -佐藤悦子-

By |2015-04-07T22:16:14+09:004月 7th, 2015|未分類|

六甲山国際写真祭第一回参加写真家 佐藤悦子さんより   佐藤悦子です。六甲山国際写真祭には、初年度にポートフォリオレビューを受け、2年目はボランティアとして開催中のお手伝いをし、スライドショーとRAIEC SHOW 2014で作品を展示して頂きました。   4日(土)に、オープニングイベントの「Photographer HAL x 六甲山国際写真祭・杉山武毅トークショー」とレセプションに参加しましたのでリポートさせて頂きます。 トークショーは、昨年ポートフォリオレビューに参加した28人の写真家によるグループ・エキシビション会場にて行なわれました(こちらの展示も素晴らしいのでお勧めです!)。 トークは、ゲストのHALさんの作品を拝見しながら、杉山さんがHALさんにインタビューする形式で進められました。 HALさんは2011年にReview Santa Feで高い評価を得られて、そこから海外での活動が次々と実現されている写真家さんです。 お二人の出会いはその2011年のReview Santa Feで、トークは、Review Santa  Feに現れた時のHALさんのインパクトのある出で立ちが印象的だったという杉山さんのお話から始まりました(HALさんは、トーク当日もビビッドな黄色のスプリングコートにLAと書かれたキャップを被られており、独特な雰囲気を漂わされておりました)。       [...]

Photographer HAL x 六甲山国際写真祭・杉山武毅トークショーとオープニングレセプションリポート -佐藤悦子- はコメントを受け付けていません。

さぁ、本日スタート -宝槻稔-

By |2015-04-04T05:48:23+09:004月 4th, 2015|未分類|

六甲山国際写真祭第二回参加写真家 宝槻 稔さんより   昨日ライエックサテライト東京展の設営監督をしました、宝槻です‼︎ 六甲に参加してからAPA2015入選に続きC4FAPのポートレート部門入選と大きな収穫がありました。 Arts千代田3331で愈々今日から六甲国際写真祭に参加した写真家の展示が始まります。 関東県外からの写真家も多く集まって、昨日の設営は大盛りでした。   設営に携わって、誰よりも最初に見る事が出来た。 これは、素敵な贈り物かもしれません。   今回の展示は、昨年六甲国際写真祭で行われたポートフォリオレビューに参加した写真家の、まさに記念とする展示です。 実際にレビューに参加していても、これだけのメンバーの作品を全部拝見する機会が無かったので、改めての沢山の発見がありました。 それにレビュー用のプリントと展示用のプリントに額装をされた作品はどれも輝いて見えます。 広く沢山の方に見てもらいたい。 レビューに参加した作家たちのレベルがどの位のものかを、ご覧になって実感していただければと思います。   搬入終了後にギャラリー内を眺めた時にクオリティの高さに感激しました。       投稿者/RAIEC SATELLITE [...]

さぁ、本日スタート -宝槻稔- はコメントを受け付けていません。

ヨカヨカな時間 -田中ヒロ-

By |2015-04-03T12:09:16+09:004月 3rd, 2015|未分類|

六甲山国際写真祭第二回参加写真家 田中 ヒロさんより   2014年 六甲国際写真祭のポートフォリオレビューとEmerging Photographers Slideshowに参加させていただいた田中ヒロです。 アメリカやヨーロッパにてパンクバンドのツアーに同行したり、旅行をしたりでフラフラっと写真を撮っています。 Q1、六甲山国際写真祭に参加し得た事 A1、六甲山国際写真祭にいた間とにかく楽しかったですね。 キャラの濃いというか、変わった人が多くて、みんなとのからみはとても刺激的で貴重な3日間でした。 六甲の写真祭自体楽しいイベントがてんこ盛りで、人と人とがつながりやすいような仕組みがいたるところにさりげなく用意されているイベントだと思います。 ぱっと思い付くところで…. 写真祭の初日と最終日には、主催者、関係者、ボランティア、レビュワー、参加者、お客さんが一緒になっておいしものを食べて酒を飲んだり。 スライドショウでは巨大なスクリーンを前に芝生の上でゴロゴロしながら写真を見て、あーでもない、こーでもない言っていたり。オープン ポートフォリオレビューではレビュアー参加者、お客さんごったまぜで、写真を見たり見てもらったりで、とにかく楽しみながら人と写真がからみあうイベントだったと思います。 参加者4~5人で一部屋に泊ったのも皆ヨカヨカな人々でキャンプか修学旅行みたいな予想外で楽しい経験でした。 六甲到着の時点でゼロ睡眠、写真祭が終わって下山する時には疲労困憊の極みでしたが、クラクラになるほど楽しめたイベントだったと思います。その後も大阪や東京へ行くと必ず参加者、関係者の皆で集まってご飯を食べたり、飲みにいったりとキャッキャ楽しい時間をすごせるのですが、バラバラのところから集まった知らない人々が写真を通してつながっていくのはジャンルは関係なく素敵な事だと思います。 Q2、六甲山国際写真祭から後の写真活動の展開(海外のフォトフェス参加や写真集出版など) A2、2014年 秋にフランスin between gallery の主催したShashin [...]

ヨカヨカな時間 -田中ヒロ- はコメントを受け付けていません。

レジデンス作家写真展「 NAGASHIMA 」 -徳平尚彦-

By |2015-04-02T20:48:09+09:004月 2nd, 2015|未分類|

六甲山国際写真祭第二回レジデンス作家展を3331 Arts Chiyoda  2F 会議室にてRAIEC SATELLITE TOKYO 2014 展と平行して行います、レジデンス作家の力強い作品と撮影秘話をスタッフ岡田が伺ってきました。 六甲山国際写真祭第二回参加写真家 徳平 尚彦さんより こんにちはRAIECの徳平です。 私は六甲国際写真祭のスタッフでもあり、作家でもあります。私がアーティストインレジデンス作家になった理由からお話します。 2013年の六甲国際写真祭に、スタッフ、作家兼任で参加した私は、ディレクターの杉山氏に次回作に国立ハンセン氏病療養所 長島愛生園のドキュメンタリーをやろうと思うと話しました。彼は賛成し、それを自分の考えていた六甲の新しいプロジェクトにすると言いました。 それがアーティストインレジデンスだったのです。 社会とつながる写真を発表するという、ディレクターと私の共通認識から生まれたシリーズだと思います。しかし撮影許可がおりていないのに発表がきまってしまったので、締切りまでに、果たして完成させる事が出来るのか。杉山氏を満足させる事が出来るかが、非常にプレッシャーになりました。杉山氏とは作品について喧嘩にもなりましたね。口をきかなかった時期もありました。そんな中、愛生園に通い続けました。 やがて、自治会の方々が後押しして下さったり、撮影に応じて下さった方が曙教会を紹介して下さったりで少しずつ撮影は進んで行きました。葬式の撮影をお願いすべく訪れたその日にお葬式があったり、今思うと奇跡のような事が起こっていますね。 当初はポートレート作品としてスタートしましたが、途中でスナップに切り替えました。映画的な手法を試みようと思ったのです。成功したかどうかは皆さんが判断して下さい。 今回は神戸での展示以降の撮影分を追加した完全版で展示する予定です。どうぞお楽しみに。 では何故今になってハンセン病なのか、という事ですが、今しかないのです。平均年齢84歳の島ですから、今撮影しないと現在の記録が残せないまま、人々の記憶から消え去ってしまうという恐れがありました。 どれ程大きな事件でも当事者でない限り、人々の記憶からは消えて行きます。 私は写真の記録性を用い、ハンセン病というテーマを持って、現在の日本が失いつつある、地域のコミュニティーや、逆境の中でも前を向く人間の強さ、尊厳を描きたかったのです。当然、差別や隔離といった過去の問題を避けて通ることはできません。しかしいたずらにそこを強調するよりも、激動の時代を生き抜いた人々の、後遺症に苦しみながらも、明るく生きる、現在の暮らしを描きたかったのです。 略歴  徳平尚彦 所属 兵庫県写真作家協会会員 受賞歴 [...]

レジデンス作家写真展「 NAGASHIMA 」 -徳平尚彦- はコメントを受け付けていません。

「つかみたいものがあるなら、自らが動かなければ!」
 -長谷川美祈-

By |2015-04-01T20:24:28+09:004月 1st, 2015|未分類|

六甲山国際写真祭第一回参加写真家 長谷川 美祈さんより   長谷川美祈と申します。六甲山国際写真祭には第1回に参加、第2回はボランティアとして開催中のお手伝いをしました。   Q1、六甲山国際写真祭に参加し得た事 A1、国内外のレビュワーの方に直接作品をプレゼンすることで、自分の作品の現在の立ち位置を知ることができたことが一番の収穫でした。また出会ったレビュワーの方々とはその後もメールやフェイスブックでつながり続けることができています。 ボランティアで参加した第2回目も参加されていた海外の写真家さん達や、招待作家の方々と交流でき、現在もつながっていて素晴らしい刺激をたくさん貰っています。 活躍されている海外の写真家さん達が実際に六甲に来ているので、お話できることは本当に贅沢な場です! 日本の写真家さんにも素晴らしい方はたくさんいらっしゃいますが、海外の写真家さんの作品への取り組み方、完成した作品を世に出す為の具体的な動きやプランニングは学ぶべきことが多いです。     Q2、六甲山国際写真祭から後の写真活動の展開(海外のフォトフェス参加や写真集出版など) A2、Group exhibition:Portfolio Showcase Vol. 7, The Center for Fine Art [...]

「つかみたいものがあるなら、自らが動かなければ!」
 -長谷川美祈- はコメントを受け付けていません。