六甲山国際写真祭2018アフターリポート「WORKSHOP 1 ポートレイト写真の現在」/ 足立健司

/, Mt.ROKKO, Workshop, 未分類/六甲山国際写真祭2018アフターリポート「WORKSHOP 1 ポートレイト写真の現在」/ 足立健司

六甲山国際写真祭2018アフターリポート「WORKSHOP 1 ポートレイト写真の現在」/ 足立健司

六甲山国際写真祭2018ならびにWorkshop 1 「 ポートレイト写真の現在」に参加させていただきました足立健司です。

講師はKuala Lumpur International Photo Award(KLPA) 創設ディレクターのSteven Lee氏で、現代ポートレイト写真が古き絵画の時代から現代に至るまでの写真史の中で、どう変遷を遂げていったかという流れをスライドショーを見ながらレクチャーをしていただきました。それに付随してKLPAでのファイナリスト及び受賞者と、Steven氏ご自身の作品もスライドショーで見せて下さり、現代に求められるポートレイト写真とは何か、その意義もレクチャーしてくれました。

また参加者各自が持参したポートレイト写真を個々にレビューして下さり、参加者一人ひとりに講評及びアドバイスもありました。

昼食休憩を挟み午後からは、与えられたテーマに沿ったポートレイト撮影の実践も行い、撮影終了後にデーターを各自セレクトして、Steven氏が画像処理作業をその場で行い、プリントに出力して作品を完成させるといったプロセスを参加者全員で体験するという内容でありました。

 

ポートレイト写真に特化したワークショップはテクニカル面を中心にした内容が一般的には多いとは思いますが、Steven氏のWorkshopではポートレイト写真の歴史的な背景と写真史の中で変遷等のレクチャーすなわち座学と撮影の実践、プリント出力作業などの作品制作を完成させる実体験。更にはレビューと4時間の中にバランス良くプログラムが配分されている、非常にユニークな形態のワークショップであると思いました。終始和やかな雰囲気で参加者全員が打ち解けて時間を共有できたのも楽しい経験でした。

受講して特に感じた事はポートレイト写真をこれから始めてみたい方も、ある程度経験のある方にも楽しめる内容のワークショップであると思えました。 特に高い目標を持たれている方々には講師の方との距離感も非常に近いので、アドバイス等を聞きたい事、知りたい事等をダイレクトに求める事が可能な貴重な機会かと思いました。私のような経験が浅い者にも、専門家の目から世界の視点に立ち俯瞰したアドバイスを与えてくれる稀有なワークショップでありました。参加して本当に良かったです。 Thank you Steven

2018-09-21T22:19:54+00:00

About the Author: