六甲山国際写真祭2018アフターリポート 「WORKSHOPⅡ 強い作品を作る写真編集の極意」を受けて / 田村友美

/, Mt.ROKKO, RAIEC, Workshop/六甲山国際写真祭2018アフターリポート 「WORKSHOPⅡ 強い作品を作る写真編集の極意」を受けて / 田村友美

六甲山国際写真祭2018アフターリポート 「WORKSHOPⅡ 強い作品を作る写真編集の極意」を受けて / 田村友美

2018年六甲国際写真祭に参加させて頂いた田村です。 六甲山は2015年、2016年に引き続き3回目、昨年はスタッフとしての参加でしたので、4年連続この写真祭にお世話になっています。

私からは写真祭最終日にC.A.P.で行われたワークショップについてレポートします。

今回選択したのは、ニューヨークでフォトエディターを務めるAmber Terranova氏.Adobeでフォトエディターを務めるAnnick Shen氏両講師による写真編集に関するワークショップでした。 実は、2015年にAmberのワークショップを受講したことがあります。 持参した写真作品を瞬く間にセレクト、あっという間に並べ替えられ、 目の前で全く印象の違う作品に生まれ変わるのをみて衝撃をうけた のを覚えています。まるでマジックショーを見ている様な感動でした。 今回のワークショップの参加者は10名。2つの班に分かれて、2人の 講師から持ち寄った自分の作品を写真編集する過程を直に体験できたこと、他の参加者の作品の編集を見られるなど、多角的に編集について学ぶことができました。

まず、写真作品を制作するにあたりステートメントの大切さをここでも 再認識させられました。それぞれの講師にステートメントを読んで頂くところからスタートしたのですが、2人の講師はそれぞれの解釈で写真のセレクトを始めました。最終的にセレクトされた写真は共通するものが多かったように思います。ただその並びにおいてまったくイメージの違う作品に仕上がったのです。写真のシークエンスにおける、リズム感と速度感、そしてふり幅の違いが対象的でした。今回持参した作品がアウシュヴィッツを舞台とした作品なのですが、この作品に向き合う自分の中にある2面性がそこに現れているようで大変興味深く感じました。 レビュアーはビジュアル的に色彩やラインの繋がりからリズムを整えていきます。まるで作曲をしているように私には思えました。そういう意味では、ステートメントは歌詞に当たるものなのかもしれません。また、レビュアーによって意見が分かれる写真は大切にすべき。そこには対話を生み出す何かがあるからとのアドバイスも頂きました。

後半の1時間をかけていかに作品を売り込むかについていくつもの具体例を示して頂きました。 まず、ギャラリー、フォトエディター、パブリッシャー、キュレーターなどを紹介するwebサイトを紹介し、そこからクライアントリストを作成すること。そして、このクライアントリストに基づいてプロムカードという名刺大サイズのカードを送付することが効果的とのことでした。プロムカードは二つ折りにして片面には自分が売り込みたいイメージをプリントし、裏面には名前、Mailアドレス、Webサイトなどを書き込んだものです。これは、レビューに行った際にも、名刺を渡すよりプロムカードを渡した方が効果的とのこと。プロムカードは紙に印刷したものだけでなくMailで送る電子版も有効で、その場合データサイズは小さめにすること、無断転記されないようデータにはメタファイルを書き込んでおくことが必要とのアドバイスも頂きました。また、ギャラリーやマガジンに売り出す際には違ったアプローチが必要であるなど短い紙面には書ききれないほどの情報をくださいました。そしてこれらの売り込みはタイミングが重要で、作品として十分に熟したのを待ってから売り込みをかけることが大切なのだと。

これから作品を仕上げて行くにあたりとても大切な要素をいくつも得ることのができた素晴らしいワークショップでした。最後に懇切丁寧に解説ご指導くださったAmber 、Annickの両講師、通訳をかって出てくださった石井さん、そしてこのような機会を作って頂いた杉山さん、RAIECスタッフの皆さんに御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

2018-09-14T12:52:43+00:00

About the Author: