六甲山国際写真祭2018アフターリポート「レビュワーから見た六甲山国際写真祭」/ Steven Lee

/, Mt.ROKKO/六甲山国際写真祭2018アフターリポート「レビュワーから見た六甲山国際写真祭」/ Steven Lee

六甲山国際写真祭2018アフターリポート「レビュワーから見た六甲山国際写真祭」/ Steven Lee

今回のアフターリポートは、2013年以来、毎年六甲山国際写真祭にレビュワーとして参加してくれているSteven Lee氏にこれまでの写真祭を振り返っていただきました。

日本語訳は後半にあります。

Ijust returned from attending the 2018 installment of the Mt.Rokko International Photography Festival, my sixth visit as a portfolio reviewer and also to present projects and run a workshop. I join many professional colleagues from the wider photography industry from across the globe as an invited guest with the main purpose –that is, to nurture young and upcoming Japanese photographers create more meaningful projects, strengthen their ability to project a strong story through their picture taking craft, which no doubt, all of them already have brewing inside them. The festival, headed by its visionary director Takeki Sugiyama, a surgeon by profession, and totally passionate for the ‘meaning behind every photograph’, who is also an avid collector himself, is run with typical Japanese efficiency when it comes to scheduling and timekeeping, and a certain familiarity that is unique to Mt.Rokko. The volunteer team and staff already feel like family after the very first visit. Held partly in downtown Kobe for the exhibitions and having the reviews in close-quarter up at Mt.Rokko, makes for an interesting long weekend for the guests and photographers, but slightly inconvenient for day visitors wanting to participate in the workshops or presentations. However, I feel that this arrangement is already being addressed over the last two years to make the festival more accommodating. Over the years in coming to Kobe, I have gained many connections and friends in the photography world, and have also opened my eyes to contemporary Japanese photography –it’s highly aesthetic based imagery, and the very important link to nature, family and tradition. I speak of course in general terms, and there are photographers who also make non-conformist projects that surprise. For Mt.Rokko, I believe that it has steadily gained the reputation of being a tight-knit photo community, and being a ‘portfolio review centered’festival, it has the advantage of fully catering to photographers seeking to maximise their exposure in gaining valuable feedback through the expertly selected workshop mentors and international reviewers. Because of the proximity of the venues and the ability of the photographers to access the reviewers throughout the weekend, there are ample opportunities for casual conversations to happen –and I believe, even more for future installments –that these downtimes are vital to allow honest exchanges on a one to one basis, in addition to the scheduled reviews.

An advantage of being a small festival, the manageable numbers also help enhance the ‘community spirit’and camaraderie of the participating photographers who come from all over Japan, and overseas as well, and I feel this is very important, especially for first- time reviewees, and more introvert photographers, and a unique feature for Mt.Rokko. I have been following the progress of several photographers who attended the early installments of the festival and can happily say that many of them have gained new exposure of their projects and have gone on to win international awards, recognised in festivals or have exhibitions in galleries outside Japan. I can safely say that having attended Mt.Rokko previously, played an important part in their successes. Since 2013, Mt.Rokko festival has been much praised for their purposeful and beneficial portfolio reviews and even as we had a smaller participation size this year, the variety and standard of projects presented were of greater depth and subject matter. This may be due to the stricter pre-selection process imposed by Takeki Sugiyama, the director to improve the overall photographic standard being presented to the international reviewers. Part of the reason for attending a festival like Mt.Rokko and its portfolio review sessions is to make new connections with the greater photographic world, with international reviewers and also other photographers from Japan and overseas. Many opportunities can present themselves to participants –especially where their projects are unique or strong, and also where the participant makes the effort to communicate and interact in open discussions or during Q&As at the presentations. I have known several past participants who have submitted entries to the Kuala Lumpur International Photoawards and have been successful in becoming finalists and also went on to be recognised in other awards and festivals. I am glad to see this happen. I am also seeing participants who have been awarded for their projects that have become stronger and more meaningful in their edits, over the years. The importance of education –that is, not only by the formal way but through personal development by gaining knowledge through experience and interaction, is vital to any photographer who seeks to advance and elevate his or her craft, both technically and artistically. Portfolio reviews are an effective exercise in receiving critical feedback and guidance in a photographer’s journey for deeper self-expression. I am grateful and honoured for being able to be a part, however small, of this journey with the Mt.Rokko participants.      Steven Lee

 

 

六甲山国際写真祭2018から帰国しました。今年で6年連続での訪問になりますが、今回もポートフォリオレビュワーとして、レビューやワークショップを行いました。私は、世界中の幅広い写真業界から多くのプロフェッショナルが集う場にゲストとして参加していますが、そこでの主な目的は、若手や次世代の日本人写真家らを育成するために、より意義のあるプロジェクトを作り、強いストーリーを投影する力を強化することです。六甲山国際写真祭は総合ディレクター杉山武毅氏のもと「写真の背後にある意味」に焦点を当て、日本人らしいスケジュール管理と、六甲山特有の親しみやすさの中で運営されています。スタッフやボランティアチームの面々も、初回から家族のような親しみがありました。写真展が開催されるのは神戸市街地ですが、レビューワークショップは六甲山上で行われ、ゲストや写真家にとっては興味深い長い週末を迎えることになります。一般の参加者にとっては少し不便かもしれませんが、それもここ2年ほどで改善されているように感じています。長らく神戸を訪れることによって、写真界での多くのつながりや友人を得、また、美学に基づくイメージや、自然、家族、伝統と密接に結びつく現代の日本の写真にも目を向けるようになりました。しかしそれはもちろん一般論であり、こちらを驚かせるような型にはまらないプロジェクトを作っている写真家もいます。六甲山国際写真祭は、緊密な写真コミュニティであるという評判を着実に得ており、ポートフォリオレビューを中心としたフェスティバルであることから、専門家として選ばれたワークショップのメンターや国際的なレビュワー陣から貴重なフィードバックを得、最大限の露出を求めるフォトグラファーにも十分に対応できるという利点があります。六甲山という限定された場所では、写真家とレビュワーとの距離が近く、週末を通してカジュアルな会話が起こる機会が十分にありますし、こういった時間が対面での率直な意見交換を可能にしています。

 

ちいさなフェスティバルの利点は、目の行き届く人数であること自体がまた、日本国内外から参加者としてやってくる写真家たちの共同体精神や仲間意識を育む助けとなる点です。そして、とりわけ初めてフェスティバルに参加するレヴュイーたちやより内向的な写真家こそがとても重要な存在であり、そのことが六甲山国際写真祭のひとつのユニークな特色となっていると感じています。私はフェスティバル初期に参加していた幾人かの写真家の発展をずっと追ってきたのですが、嬉しいことに彼らの多くが新たにプロジェクトを取り上げられ、国際的な賞を勝ち取って、日本国外のフェスティバルにおいて認められたり、海外のギャラリーで写真展を開催するまでになっています。六甲山国際写真祭に参加した経験が、間違いなく彼らの成功の重要な要素として機能していると言えるでしょう。2013年以来、六甲山国際写真祭は彼らの目的意識と有益なポートフォリオレヴューにおいて称賛されてきました。そして、今年度のように少人数参加型のスタイルをとっていても、紹介された様々なプロジェクトの水準は奥深く、題材的なものでした。このことはディレクターの杉山武毅−彼は総合的な写真の水準を高めるべく活動しているディレクターとして国際的なレヴュアー陣に知られている−によって課された厳密な事前セレクトのプロセスのおかげかもしれません。

写真家が六甲山国際写真祭のようなフェスティバルやポートフォリオレビュー に参加する理由のひとつとして、より深遠な写真の世界や国際的なレビュワーたち、そしてまた日本国内外から集まる他の写真家たちとの新たなつながりを作ることがあげられます。そこでは多くの機会が参加者たちに生じうるのです。とりわけ、彼らのプロジェクトがユニークで強くなるような経験、そしてまた参加者がオープン・ディスカッションやプレゼンテーションの場において質疑応答の際に自分の意思を伝え、他者と交流する努力を行う機会などがそうです。私はKuala Lumpur International Photoawardsへエントリーした過去の参加者を数名知っていて、彼らがそこでファイナリストに選出されたり、また他の賞やフェスティバルで認められたりするようなことが起こっています。それらを目の当たりにして私はとても嬉しく思っています。そしてまた長年かけて編集において強くてより意味のあるものへと昇華したプロジェクトに賞を与えられた参加者たちも見てきています。教育の重要性、それは、形式的なやり方だけでなく、経験と交流を通して知識を得ることによる個人的な発展を通じたものであり、作品を技術的にも芸術的にも進歩させ向上させようとしているいかなる写真家にとっても必要不可欠なものなのです。ポートフォリオレヴューは批評的なフィードバックを受けるなかでの効果的なエクササイズであり、また写真家の深い自己表現の旅への手引きとなるのです。ちいさいけれども六甲山国際写真祭の参加者の皆さんと共にこの旅の一員となれたことを私は有難く、光栄に思っています。

 

We are full of gratitude. Thank you Steven!

2018-09-23T19:26:05+00:00

About the Author: