Monthly Archives: 9月 2019

//9月

9/28(土) Mirage Gallery 鈴木達朗・大西正 写真展アーティストトークを開催

By |2019-09-27T12:29:10+09:009月 27th, 2019|2019, Artist Talk, Exhibition, Mirage Gallery, Mt.ROKKO|

六甲山国際写真祭2019 会期終了後もMirage Galleryにて開催している鈴木 達朗・大西 正 写真展 "Enter the City - 鼓動" も残すところわずかとなりました。 9月28日(土)午後6時からは、クロージングイベントとしてアーティストトーク&クロージングパーティを開催します。(参加費¥1,000- / お申し込み不要) みなさまお誘い合わせの上ご参加ください。 鈴木 達朗・大西 正 写真展 Enter the City - [...]

六甲山国際写真祭2019を振り返る・その2

By |2019-09-04T01:21:02+09:009月 4th, 2019|Exhibition, Experience, Mirage Gallery, Mt.ROKKO, NEWS, Organization, Photographer, Photography, Portfolio Review, RAIEC, Workshop|

ミニマルで手作りでありながら最高の体験ができる。六甲山国際写真祭はずっとそんなものを追い求めていた気がします。2013年の5月に実行組織を立ち上げて、初めての写真祭をその年の11月に六甲山上で開催した時、僕は関係者に「結婚式2つ分ぐらいの労力と資金でできること」を実施することを求めていました。新郎新婦が半年程度の準備期間に苦労して開催できる範囲のことを手作りでやろうと考えていました。大きな夢をみなかったわけではありませんが、特定の企業や写真産業に資金や協力を求めてこなかったのには理由があります。参考にした二つの写真祭も大きいものではありませんが、それは運営自体をコンパクトにすることで中身を充実させ、参加者と実行組織との距離を縮め、より体験型の写真祭をデザインしているからです。そうはいっても、詰まるところ、僕自身が忙しく大きなことはできないのは明らかだったのが最も大きな理由でしょう。 最高の体験。参加者にとってそれがどういう意味なのかはすぐに理解することができました。レビューで参加者たちが求めることは、作品への適正な評価と作品作りへの適切なアドバイス、そして機会の提供です。僕のような日本人の、写真の外野からやってきた者にさえ、アメリカやヨーロッパの人たちがレビュー枠を競うように取り合ってくれるのは、面白い体験でした。僕のレビューはいつも真っ先に満席になっていたそうです。それは評価の仕方やアドバイス、機会の提供がうまくできているからだと教えてくれた人がいました。そこで、日本でも同じように写真祭をつくればうまく運営できると考えました。最高の体験を国内の写真家にぜひ味わってもらいたいと思いました。2013年は、Antoine d'Agataが手伝ってくれました。運営は今から考えるとめちゃくちゃでしたが、手応えはありました。ポートフォリオレビューの枠取りも大失敗でしたが、みんな怒りもせず我慢して待ってくれました。2014年は初めて本格的な写真展を試みましたが、山上の公園の奥深くで展覧会をやったので誰もみにきてくれませんでした。ホームページは制作途中で止まってしまって、ようやく形になったのは写真祭が始まった後でした。2015年と2016年は規模を大きくしてスタッフボランティアも大幅に増やしました。近くのギャラリーも巻き込んで無理を言って会場に使わせてもらいました。しかし、自己負担金が膨れ上がって、まともな生活に戻るのに1年近くかかるという苦い経験をすることになりました。しかし、いずれの年も、参加者たちは皆いい顔をして写真祭を去っていったような気がしています。皆が成功するわけもないけれど、充実した山上のキャンプを皆が楽しんで有意義に過ごしたのだと思います。そして実際、多くのプログラムが国内の他の写真祭や出版、海外のプログラムに旅立って行きました。 ・・・。 2019年の写真祭を終えて、満足かと聞かれたらどう答えていいのかはわかりません。世界がいろいろな局面でざわざわしているこのご時世に、写真(写真祭を運営する)の意味について考え続ける身としては、上記の体験を通してミニマルな、手作りな、親身な運営をする以外に六甲山を特徴つけることなんてできないのです。最高かどうかはわかりません。しかし、来てくれた以上は誰一人つまらない思いをして去っていかないよう六甲らしいものであろうと心がけました。展覧会は、My Place My Lifeのテーマのもと、一般の方がみてもわかりやすいプロジェクトを招きました。Santiago Vanegasのシリーズは、家族、故郷を美しい光で捉えた秀作でした。去年の関西御苗場でレビュワー賞に選んだ眞岡綺音は、その後の夢の先プロジェクトをグランプリで終えましたが、みずみずしい表現が好評で、若者らしく皆に愛されたと思います。昨年のReview Santa Feで会ったKurt Tongは、祖母を題材にしたパーソナルワークですが、素晴らしいテンポのある作品で見るものを魅了していました。今回は公募展として神戸国際写真賞入選作も発表しました。イタリアから来たFrancescoの作品もやはり故郷への思いを詩的で内省的な表現で描き好評でした。ほんだのりこさんの病に倒れた妹との関係を丁寧に綴った作品も心を打つものでした。そして、Mo Velraanの作品は、上質で心象的な光源を駆使し、自分とパートナーとの間に突然降りかかった病がどれほどつらかったのか、それをどう克服するのかというストーリーで人々を惹きつけていました。C.A.P.のMikaelは残念ながら当地に参加はできませんでしたが、黒人の身体美をつかった黒人差別への強烈なメッセージをこめた作品を送ってくれました。「まちのかり」の参加写真家たち5名は、ローカルストーリーを語るのに苦労したかもしれません。しかし、小さな町の小さな物語にはいつも魅力を感じずにはいられません。「まちのあかり」は六甲山国際写真祭の歴史そのものです。「まちのあかり」会場では面白い?仕掛けも試みました。日本地図と世界地図を配置し、訪問者の出身地や思いのある場所をマッピングしました。 ビッグネームは誘わないのかとよく聞かれます。つながりの中からより大きな人に声をかけて来てもらうことはさほど難しくはありませんが、僕は今回のようなストーリーを語れるゲストの方が神戸やミニマル写真祭には合うと思いました。一般の訪問者に写真の魅力をより伝えられると思いますし、なにより大切に思えて好きです。アートの本質にはちゃんと届いていて、物語が美しく、光と闇が交錯していれば誰にでも理解できる作品になる、それが大切だと思えるのです。Mirage Galleryでの大西正・鈴木達朗写真展は、写真祭初日から快進撃です。彼らと会ったのは2017年のTokyoArtBookFairでブースが隣り合わせだったからですが、ストリートフォトを展示するのも扱うのも初めてで凄みのある展示になりました。写真祭期間中、ものすごい数の人がMirage Galleryを訪れ、交流し、特別に二人が制作してくださった展覧会カタログを購入してくれています。在廊し、写真祭を盛り上げる。観客に声をかけ、写真を説明し売り込む。写真に対する姿勢の美しいお二人には本当に感謝しています。レクチャーではCasePublishingの大西洋さんにお世話になりました。写真集の現在は、旧式の出版業界のシステムに始まったアンチテーゼとは大変面白い話でした。これからの写真集出版がどういう軸で動き、どういうマーケット構造で広がっていくのかが端的にわかったほか、写真集そのものが形式をまとうことを避けながら独自の芸術に昇華しつつあるというお話は、これから出版を目指す人にはとても役に立ったと思います。 今年は新会場である相楽園が写真祭を迎え入れてくれたのが大きかったと思います。C.A.P. KOBE STUDIO Y3の展示に加えて、大きな展示は手作りの竹のかけ具で行うことを決めていました。真夏の炎天下の、そして大雨のふる中での設営は大変でしたが、ボランティアで参加してくださった写真家有志の献身的な努力により、風雨にさらされても崩れない立派なものができました。31日1日はにわのあかりというライトアップイベントに2000人以上の人が集まりました。そして多くの方が写真展を見てくれたと思います。1日のレビューワークショップ参加者の公開プレゼンテーションは、ピアノの発表会に出演する子の親のような気持ちで見守りましたが、すべての写真家が多くの観衆の中堂々と作品を発表していました。2日間のワークショップで作品に与えられるものなどわずかしかないと思いますが、それでも作品は生き生きと語りを得て輝いていくはずです。Kid's Photo Mastersには5名のKidsが参加してくれました。Francescoと審査しましたが、楽しいアートな作品がたくさん生まれました。 結論を言うと、僕はこの写真祭は7年目にしてやっとスタイルを得たと感じています。最高とは思いませんが、僕たちが今できる最高のものを作れたんだと思います。来年?来年写真祭を開催するかはまだ白紙状態です。しかし、何かはやるつもりです。そのために死に物狂いで働いています。 [...]

六甲山国際写真祭2019を振り返る・その1

By |2019-09-03T02:48:18+09:009月 3rd, 2019|2019, Mt.ROKKO, NEWS, Organization, Portfolio Review, RAIEC, Story|

Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVAL 2019が終わりました。 六甲山国際写真祭は今年7回目を迎えました。2013年に始まったこの写真祭も、写真をめぐる様々な状況の中で年々プログラムの内容が変遷して随分変わったなあという実感があります。写真文化の興隆、特に自己表現の場を写真で達成しようと考える人が増えている中で、写真祭という場所がどういうものであるべきなのかはいつも僕の頭を悩ませてきました。そんな中、日本各地で写真祭を起こそうとする組織や個人も増えてきていて、六甲山国際写真祭の運営状況を知るために写真祭を訪れる人も増えてきています。写真祭が写真の祭典として写真愛好家や写真家の表現を受け止めて機会を創出していることは確かですが、写真祭そのもが一般社会における写真啓蒙に役立ったり運営でお金を生み出せるかというとそう簡単ではありません。実際、六甲山国際写真祭は財政的には個人の資金によるところが大きく、そのことをもっても悩みは尽きません。また、どういう質の写真展示を行ったりどういう付随プログラムを動かすかというところも悩ましいものがあります。一流写真家や海外の気鋭の写真家の展示をやりたい、と思っても、一般の啓蒙といった目的を含めて、なぜそのプログラムが必要なのかを描けないと一般のお客さんには届きそうもありませんし。実際に展示できるのは他のどこかですでに行われた何かの焼き直しがほとんどで、写真祭そのものが発掘し育成し世界に売り込んでいくといった形態は一部の成功例を除けばほとんど見かけません。可能だとは思いますが、それが実現するためには優秀な視線による息の長いスクリーニングを丁寧に続けていくしかありませんし、膨大な資金が必要です。六甲山国際写真祭は開設当初から海外の二つの写真祭と繋がることで運営してきた関係で、優れたレビュワーや気鋭の写真家には事欠きませんでした。2015年2016年のプログラムは充実し、写真展示、各種プログラムとも国内・海外に誇れる陣容を揃えました。しかし、その頃から写真レビューやワークショップの内容については、国内で実施しても参加写真家たちの意識や知識と、国内講師海外レビュワーたちのそれとがすれ違うため、労力や資金の無駄が顕著だと感じられるようになりました。国内の写真祭が増えたため、ポートフォリオレビューの機会が増えたことによる写真家たちの取捨選択もあったでしょうが、実際はポートフォリオレビューに参加したいと思う写真家が国内では限られているために、同じ写真家がぐるぐる国内の写真祭を巡っていくという現象もみられています。同じ作品を別のレビューに使いまわしたり、何年も同じ作品を持ち込むということはやっていけないことではありませんがいい結果にはつながりません。レビュワーを変えれば別の意見が聞けたりチャンスが訪れると思うのでしょうが、実際には制作意識を変えて作品そのものを変えないとチャンスにはつながりません。そこで、六甲山国際写真祭では2017年から1対1のポートフォリオレビューを行わないことにしました。レビューの形式は守りつつ、レビューそのものをグループワークを含むワークショップに変更したのです。グループワークでは、レビュワー講師陣は写真家とオーディエンスの間に写真作品を置いた時に作品がオーディエンスに何を語りかけるかを作家自身が客観的に徹底的に見つめ直すよう促します。 ポートフォリオレビューの方式の変更は、レビュワー講師たちには大変好評です。こちらの意図を汲み取っていただいた写真家たちにも、作品について話し合うことで自分の作品の弱点が見えたり、ステートメントや編集の組み直しに繋がるヒントが与えられるため概ね好評です。直接的な機会を求める写真家たちには物足りないかもしれませんが、直接的な機会を求める能力があるのであれば国内の標準的なポートフォリオレビューは他にもたくさんあります。 つづく