Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVAL 2019が終わりました。

六甲山国際写真祭は今年7回目を迎えました。2013年に始まったこの写真祭も、写真をめぐる様々な状況の中で年々プログラムの内容が変遷して随分変わったなあという実感があります。写真文化の興隆、特に自己表現の場を写真で達成しようと考える人が増えている中で、写真祭という場所がどういうものであるべきなのかはいつも僕の頭を悩ませてきました。そんな中、日本各地で写真祭を起こそうとする組織や個人も増えてきていて、六甲山国際写真祭の運営状況を知るために写真祭を訪れる人も増えてきています。写真祭が写真の祭典として写真愛好家や写真家の表現を受け止めて機会を創出していることは確かですが、写真祭そのもが一般社会における写真啓蒙に役立ったり運営でお金を生み出せるかというとそう簡単ではありません。実際、六甲山国際写真祭は財政的には個人の資金によるところが大きく、そのことをもっても悩みは尽きません。また、どういう質の写真展示を行ったりどういう付随プログラムを動かすかというところも悩ましいものがあります。一流写真家や海外の気鋭の写真家の展示をやりたい、と思っても、一般の啓蒙といった目的を含めて、なぜそのプログラムが必要なのかを描けないと一般のお客さんには届きそうもありませんし。実際に展示できるのは他のどこかですでに行われた何かの焼き直しがほとんどで、写真祭そのものが発掘し育成し世界に売り込んでいくといった形態は一部の成功例を除けばほとんど見かけません。可能だとは思いますが、それが実現するためには優秀な視線による息の長いスクリーニングを丁寧に続けていくしかありませんし、膨大な資金が必要です。六甲山国際写真祭は開設当初から海外の二つの写真祭と繋がることで運営してきた関係で、優れたレビュワーや気鋭の写真家には事欠きませんでした。2015年2016年のプログラムは充実し、写真展示、各種プログラムとも国内・海外に誇れる陣容を揃えました。しかし、その頃から写真レビューやワークショップの内容については、国内で実施しても参加写真家たちの意識や知識と、国内講師海外レビュワーたちのそれとがすれ違うため、労力や資金の無駄が顕著だと感じられるようになりました。国内の写真祭が増えたため、ポートフォリオレビューの機会が増えたことによる写真家たちの取捨選択もあったでしょうが、実際はポートフォリオレビューに参加したいと思う写真家が国内では限られているために、同じ写真家がぐるぐる国内の写真祭を巡っていくという現象もみられています。同じ作品を別のレビューに使いまわしたり、何年も同じ作品を持ち込むということはやっていけないことではありませんがいい結果にはつながりません。レビュワーを変えれば別の意見が聞けたりチャンスが訪れると思うのでしょうが、実際には制作意識を変えて作品そのものを変えないとチャンスにはつながりません。そこで、六甲山国際写真祭では2017年から1対1のポートフォリオレビューを行わないことにしました。レビューの形式は守りつつ、レビューそのものをグループワークを含むワークショップに変更したのです。グループワークでは、レビュワー講師陣は写真家とオーディエンスの間に写真作品を置いた時に作品がオーディエンスに何を語りかけるかを作家自身が客観的に徹底的に見つめ直すよう促します。

ポートフォリオレビューの方式の変更は、レビュワー講師たちには大変好評です。こちらの意図を汲み取っていただいた写真家たちにも、作品について話し合うことで自分の作品の弱点が見えたり、ステートメントや編集の組み直しに繋がるヒントが与えられるため概ね好評です。直接的な機会を求める写真家たちには物足りないかもしれませんが、直接的な機会を求める能力があるのであれば国内の標準的なポートフォリオレビューは他にもたくさんあります。

つづく