Feature

/Feature

いよいよ今週末開催!

By |2017-08-15T17:49:35+09:008月 15th, 2017|2017, Feature, Mt.ROKKO, NEWS, Photography, Portfolio Review, RAIEC, Symposium|

写真祭もいよいよ今週末の開催となりました。 今年のレビューは少数精鋭となりましたが、準備会で拝見した限りでは問題なくレビューに臨めそうです。レビュワーのリストも公式サイトで発表しました。Angkor Photo Festival、Review Santa Feに加え、イタリアからCortona On The Moveという写真祭が将来的な提携関係を目指して新たに参加してくれることになっています。イタリアもオーストラリアも、おそらく1−2年以内に六甲山国際写真祭関係の写真家からプロジェクトをもっていくことになると思います。 いずれにせよ、レビューを通して写真家に機会を作ろうと頑張ってきた僕たちとしては願ってもないチャンスですし、今年の参加者に限らず過去のたくさんの参加者、ゲストからセレクションしてプログラムを持っていけるのは六甲山ならではではないかとおもいます。 8月19日から開催される今年の六甲山国際写真祭2017にぜひきていただいて雰囲気をご覧いただけると嬉しいです。今後のレビューをどうするか、今年は山上であまり世界ではみかけない実験的なレビューも行いますので、その結果を踏まえて来年以降のレビュー体制を整えて行くつもりです。 8月19日には国内初の試みとして写真教育シンポジウムを開催します。写真、写真家をめぐるいろいろな問題点をまずは探っていこうというディスカッションですが、5月にマレーシアで開催された同様のイベントPhotosymposiumを国内向けにアレンジしたものです。技術的、実践的な写真のワークショップは国内にもたくさんありますが、写真の表現など現代の世界の写真の潮流に即した方法論や写真界のバックヤードに関しては、国内ではほとんど知識を得ることができません。それらを整理して一般への写真の啓蒙や写真家教育などに取り組んでいこうというのが今回のシンポジウムです。 8月27日のワークショップも、ぜひご参加ください。このワークショップ参加者から世界につながった方もおられますし、何より参加前と参加後の作品に対する考え方が180度かわり見違えるような作品になっていくのが実感できると思います。 毎年恒例のLucky Photo Marketも六甲山国際写真祭のお楽しみの一つに育ってきました。写真祭の資金獲得のためのこの抽選会は、参加写真家や協賛出版社、ギャラリーなどからプリントや写真集を無償でご提供いただいて、写真祭期間中みなさまにご購入いただいたチケット(1枚¥1,000)をお好きな作品に投票いただき、最終日27日に抽選会を行うものです。これが毎年とても盛り上がります。去年は会場を渦のような歓声が埋め尽くしました。わけのわからないまま参加されて一枚のチケットがプリントに化けて、わけのわからないままプリントを持って帰っていただいた方もいらっしゃいます!今年も明日から公式サイトでもチケット販売をいたします。遠隔地でなかなか足を運んでいただけない方にもご参加いただけます。ぜひご参加くださりプリントやグッズ、写真集などを当ててください。 どうぞよろしくお願いいたします。

Mirage Galleryが始まります

By |2017-07-03T21:04:18+09:006月 12th, 2017|2017, Feature, Mirage Gallery, NEWS, Organization, RAIEC|

RAIEC-Mirage Galleryが6月24日に開設されます。 このギャラリーは、六甲山国際写真祭の実行委員会であるRAIECの運営する写真ギャラリーです。六甲山国際写真祭やRAIEC関連のイベントを中心とした六甲山の写真コミュニティーの写真家たちが自由に使えるギャラリーを目指し、また写真を使った社会教育などの一般向けプログラム、コミュニティーワークショップを基礎教育から拡張させた定期ワークショップ、コミュニケーションやディスカッションを通じて作品を磨くメンバー制のサロンなど、新しい試みを通じて写真のもつ力を、特に関西圏で訴えていきたいと考えています。また、長年神戸で活動し昨年末一旦閉廊したGallery TANTO TEMPOの展覧会も企画の委託を受け、年間2–3プロジェクトを実施します。 RAIECはこの秋のNPO法人化を目指して準備を進めており、写真家の育成と国内の写真の地位向上に努めて参ります。 ギャラリーは現在内装工事に入っています。4面の延べ15mにわたる壁面に加え、アジアを中心とした写真集書店エリア、3x3mの写真集ライブラリーつきメンバーズサロン・レクチャールーム、オフィスを備えており、バックヤードとして倉庫兼スタッフルームもあります。6月20日ごろ引渡しとなり、6月24日にオープンとなります。 なお、Mirage Galleryは当面は入場料制を取り入れて運営いたします。もちろん、写真展の入場料制については異論やご意見もあることは承知していますが、NPOが広く一般から会員を募りその会費をもってその運営に当たる、という趣旨がRAIECが法人化された場合の組織運営によく当てはまると考えています。今後は会員を募集し、その会員については入場料は無料とします。これらの入場料制の趣旨にご賛同いただけない場合やお手持ちの資金がない場合などは必ずお支払いいただくような徴収はいたしませんので安心してお越しください。入場料は一つの企画ごと200円です。会費は年間3,000円となっています。高校生以下は入場無料。学生は100円です。ご理解、ご協力をお願いいたします。 こけら落とし展は香港の写真家のChan Dick氏を迎えて開催し、7月後半はグループ展、8月19日から六甲山国際写真祭、9月以降のスケジュールも続々決まっています。 どうぞよろしくお願いいたします。    

Mirage Galleryが始まります はコメントを受け付けていません。

写真表現のためのコミュニケーションWSのススメ / オカモト ヨシ

By |2017-07-03T21:05:01+09:004月 11th, 2017|2017, 2017RAIECsatelliteTokyo, Experience, Feature, Mt.ROKKO, Workshop|

こんにちは★ 第一回から六甲山国際写真祭にレビューイとしては参加しています、オカモトヨシです。 4月 15 @ 12:00 PM - 5:00 PMよりArt Chiyoda 3331 1階 会議室にて「写真表現のためのコミュニケーションワークショップ / RAIEC TOKYO 2017 」が行われます。 私は、四年前に神戸で行われた一番最初の「写真を表現するためのコミュニケーションWS」に参加しました。 このWSが、私が写真家としてのスタートとなりました。 私は日頃は商業カメラマンとして、仕事の写真をせっせと撮影しています、仕事は私の人生で一番刺激的な事ですが、物足りなさも有りました。 若い頃は仕事に繋がる作品も盛んに撮影していました、写真を撮影していても自分自信を表現する作品は知りませんでした。カメラマンとしてもそれで良いのだろうか?と悩始めたのがその頃でした。 そんな時にこのWSと出会い、このWSがきっかけで写真仲間と出会い写真の世界広さを知りました。 [...]

写真表現のためのコミュニケーションWSのススメ / オカモト ヨシ はコメントを受け付けていません。

2017RAIEC Tokyo 参加作家ファイル -01-

By |2017-07-03T21:04:39+09:003月 16th, 2017|2017, 2017RAIECsatelliteTokyo, Feature, Mt.ROKKO, NEWS, Organization|

2017RAIEC Tokyo展の展示参加作家が決定しました。 総勢21名の参加表明をいただきました。 参加作家の方々をご紹介(順不同)しています。第一弾!! 参加作家の皆さん、ありがとうございます。 http://rokkophotofestival.com/raiec_tokyo/ RAIEC2017satelliteTokyo 参加作家ファイル -01-   白井 俊行 自己紹介:どこに行っても、何をしても、つまらない30代。  Website: http://shirai-toshiyuki.tokyo/   清田 翔也 自己紹介: 1986年愛知県渥美半島に生まれる。大学進学より大阪に在住する。地元と大阪・地方の文化の違いに興味を持ち最近では地元の渥美半島を舞台とする作品が多い。六甲山国際写真祭2016のポートフォリオレビューが初参加。   石井 陽子 自己紹介:2011 年3 月、人の街に棲む鹿を捉えたシリーズの制作を開始。以来、北海道から沖縄まで鹿のいるところへ出かけては、人間たちの決めた境界線を軽やかに越えて自由に生きる鹿の姿を追っている。2015年12月 リトルモアより写真集「しかしか」を刊行。 [...]

2017RAIEC Tokyo 参加作家ファイル -01- はコメントを受け付けていません。

Alejandro Duránの仕事 – Main Guest Photographer

By |2016-05-29T13:09:30+09:005月 29th, 2016|2016, Eng, Feature, Mt.ROKKO, Photographer, Photography, Workshop|

  We will present "Washed Up" of Alejandro Durán as one of festival main guest photographers. Exhibition Venue: C.A.P. House 4F Gallery (closed [...]

Alejandro Duránの仕事 – Main Guest Photographer はコメントを受け付けていません。