opencall exhibition 20192019-03-19T21:48:27+00:00

OPEN CALL

EXHIBITION   PORTFOLIO REVIEW

六甲山国際写真祭2019

参加写真家エントリー受付開始

応募期間 2019. 3.11-4.30

六甲山国際写真祭2019参加写真家のエントリーが始まりました。
六甲山国際写真祭の大きな特徴のひとつが、ポートフォリオレビューを中心に据えたコミュニケーション主体のプログラムです。
六甲山上を舞台に、ポートフォリオレビューをはじめ、作品を磨き、新たな活躍の場へ繋がるための仕掛けを随所に用意しています。合宿形式の写真漬けの四日間を乗り越え、さらなるステップアップを目指してみませんか。
今年は従来のポートフォリオレビューに加え、展示参加作家もあわせて公募します。
参加には事前審査があり、展示作品公募とポートフォリオレビュー事前審査にまとめてエントリーが可能です。
展示作品は、自由部門とテーマ「MY PLACE  MY LIFE」部門2つのカテゴリーにエントリーできます。各部門上位3名に加え全体の中から優秀作品を選出し、六甲山国際写真祭2019で展示します。また、展示作家に選出された方には、写真祭期間中に六甲山上で開催するポートフォリオレビューに参加する権利が与えられます。

みなさまのご応募お待ちしております。

Open Call / 2019

Exhibition

Portfolio Review

Entry fee is JPY 6,000 (Early bird JPY 5,000 until 31st March) and open to All photographers, regardless of nationality. If you are in a jurisdiction where the age of majority is above 18 years, you will obtain the consent of a parent/guardian to participate in Mt.ROKKO INTERNAIONAL PHOTO FESTIVAL 2019. By entering the festival participants are deemed to have read and accepted all aspects of the submissions & rules described on this page (Regulations). If you do not agree to be bound by these Regulations, you are not authorized to participate in our festival.

Through the pre-screening process, 20-30 photographers who can join the portfolio review will be selected by our judges.

Finalists
First, second, and third place awarded in each category – THEME and OPEN.
Finalists can participate in portfolio reviews and winner’s exhibition in Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVAL 2019.

CATEGORY
-THEME : MY PLACE MY LIFE
-OPEN

First, second, and third place awarded
/ Winners Exhibition in Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVAL 2019
/ Complimentary participation in workshop in Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVAL 2019.

ELIGIBLE WORK

  • Photographs must be a consistent set, meaning that images must work together as a whole.
  • Color or Black & White images, Digital or Silver digitized pictures.
  • All images must be uploaded through our online system.
  • Up to 15 images.
  • Files must be in jpg, sized 1500 pixels on the longest side. Files must be 2MB or smaller in size, with a minimum dpi of 72.
  • Photographer has to send a Statement, a CV and a short Bio (300 words max)

How to submit
Once you have filled out the application form, and paid for entry, you will receive a confirmation email that includes a LINK to our online submission system.

Details of this photo festival:

Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVAL 2019
August 28 (Wed) – September 1(Sun)
THEME “MY PLACE  MY LIFE”
Venues: C.A.P. KOBE STUDIO Y3 / Mirage Gallery / SORAKUEN GARDEN

PORTFORIO REVIEW 2019
August 30 (Fri) and 31 (Sat)
Venue: The Grand Hotel ROKKO SKY Villa
REVIEWERS
Laura Pressley / Review Santa Fe
Françoise Callier / Angkor Photo Festival
Steven Lee / Kuala Lumpur International Photoawards
and more… We will keep the information updated on our website.

Schedule

  • The photo festival will be held on Mt. Rokko, situated just to the north of Kobe, and various other venues in the city of Kobe, Japan from August 28 (Wed) to September 1 (Sun) in 2019.
  • This photo festival’s portfolio review will be held atop Mt. Rokko on August 30 (Fri) and 31 (Sat). The entire portfolio review is held on the mountain and the only accommodations there are booked for the festival. Please do not make other arrangements for accommodations as you will not be able to access the festival from hotels in the city.
  • Our reviewers come from all over Japan, Asia and the rest of the world and the vast majority speak English; however, where they do not, an interpreter will be available for you.
  • The Festival Event runs from August 28th to September 1st, during which time various events will be held on Mt. Rokko and in Kobe City. As this is a festival run by the photo community and held for the photo community, we ask that you participate in these events (and you will benefit greatly from them, too!). Please plan on spending those four days at a minimum at the Photo Festival.
  • The deadline for applications for pre-screening of portfolios will be April 31.
  • Details of the various events will be announced in June, including additional workshop opportunities, so please stay tuned.

/NOTES/

  • Through the pre-screening process, 20-30 photographers will be selected by our judges. The judgment result will be announced in early June.
  • The cost to submit your work for consideration is 6,000 Japanese Yen.
  • Please include the following items in your attached application documents:
    Your portfolio, which should consist of up to 15 images, saved in JPEG form, long edge set at 1500 pixels at 72 dpi, along with a statement and a CV and a short Bio.
  • You can apply for up to two bodies of work, each of which requires a separate application.
    However, even if you submit two series and both pass the pre-screening, we ask that you will be the sole representative for your work. Please also bring to the reviews the body of work for which you were accepted to the festival.
  • In addition, if you pass through pre-screening, we request the payment of additional expenses below:
    Portfolio review fee  JPY 40,000
    Accommodation fee JPY 50,000 – 55,000
  • The photographer retains copyright of the photographs.
  • Submitted photographs must be original materials created by the participant.
  • Participant must confirm that they are the sole copyright holder of the material or have been authorized by another copyright holder to submit the material to this award.
  • Participants are responsible for the resolution of any legal issues arising from their submitted works and agree to pay any costs thereby incurred.
  • Entering the pre-screening constitutes agreement to the terms and conditions stated in these Entry Guidelines.
  • Please note that no response will be given to any inquiries, complaints, or objections regarding the judges’ decisions.
  • Should the participant’s work be selected for the exhibition, RAIEC will request the participant to supply high-resolution files that are suitable for print.
  • RAIEC supports the prints, which will be printed in a professional lab with digital printing process. Dimensions can vary depending of exhibition space and due to circumstances concerning printing or otherwise, the tone or expressed meaning may not be strictly reproduced according to the winner’s intent.

Responsibility

  • Although entries are handled with the greatest possible care, RAIEC will not bear responsibility for accidents, damage, loss, or other problems that occur during data transfer.
  • RAIEC will not bear responsibility for entrant damages, etc. arising from or related to circumstances beyond its control, including but not limited to network failure, computer viruses, or unauthorized access to its servers.
  • RAIEC will not bear responsibility for damages or other harm suffered by entrants as a result of their participation in the festival.
  • Participants are required to obtain the prior permission and consent of the persons who are portrayed in their works or who hold the copyright or other intellectual property rights to the works or the items portrayed therein.
  • Participants agree to fully indemnify the organizer and bear all responsibility for any third-party complaints or objections concerning copyright or other intellectual-property-right infringement or damages arising from submitted works.

写真家募集要項

募集部門

【自由部門】

【テーマ部門】MY PLACE  MY LIFE
− 私の街、その土地に暮らす人々の営み、人生の物語を謳う作品を世界中から募集します

事前審査を経て、ポートフォリオレビュー 参加写真家を20-30名程度選出します。さらにその中から各カテゴリーの上位3名がファイナリストに選ばれます。
ファイナリストに選ばれると、六甲山国際写真祭2019で作品が展示されるほか、ポートフォリオレビュー に参加する権利が与えられます。

応募期間 2019年3月11日(月)―4月30日(火)

応募費用 1シリーズにつき6,000円(早期割引5,000円 / 3月31日まで)

結果発表 6月上旬にメールで通知

応募方法 オンラインエントリーのみ

①エントリーフォームより、エントリー費をお支払いください
②ご入金確認後、画像送信フォームのURLが記載されたメールをお送りします(お支払いのタイミングによってはご入金確認に数日お時間をいただく場合がございます)
③画像送信フォームより画像の提出をもってエントリー完了となります

作品規定

  • 画像サイズ長辺1500pix以内、解像度72dpi、JPEGファイル
  • 1シリーズにつき最大15枚まで
  • ステートメント、CV、作家略歴も合わせて提出(日本語・英語両方)
  • 写真家自身が作成した完全オリジナルの作品にかぎる

六甲山国際写真祭2019
2019年8月28日(水)-9月1日(日)
テーマ:MY PLACE  MY LIFE
会 場:C.A.P. / Mirage Gallery / 相楽園 ほか

ポートフォリオレビュー
2019年8月30日(金)・31日(土)
会 場:グランドホテル六甲スカイヴィラ
参加費:40,000円 + 宿泊費・食費別途(例年55,000円程度)
定 員:最大30名(事前審査があります)
レビュワー
ローラ・プレスリー / レビューサンタフェ(アメリカ)
フランソワーズ・カリエ / アンコールフォトフェスティバル(カンボジア)
スティーブン・リー / クアラルンプールインターナショナルフォトアワード(マレーシア)
ほか過去のレビュワー招請実績に基き、複数名を招請予定

宿泊について
レビューは2日間ですが、ポートフォリオレビュー参加者の方には、原則8/29(木)-9/1(日)の写真祭期間中全てのイベントにご帯同いただくため、3泊4日の宿泊を伴います。
宿泊はレビュー会場の近隣施設をRAIECでまとめて手配します。基本的に1部屋4名の相部屋になります。個人での宿の確保はご遠慮ください。
レビュー参加費とは別途宿泊費および食費(例年55,000円程度)が必要です。
宿泊先:グランドホテル六甲スカイヴィラ山荘ほか

注意事項

  • 画像は長辺1500pixel、解像度72dpi、JPEG
  • 作品ステートメントおよびCVは英語と日本語の両方提出してください。英語に不安のある方は翻訳代行サービス(別途5,000円)をご利用ください。
  • ひとり2シリーズまでエントリー可能
  • 締め切り直前にエントリーいただいても、画像が提出されていないと失格となりますので、スケジュールに余裕をもってお申し込みください。
    なお一度お支払いいただいたエントリー費はいかなる理由によっても返金には応じかねます。
  • やむを得ない事情により、レビューの内容が変更になることがございます。あらかじめご了承ください。
  • 選考結果は6月上旬を目処にメールにてお知らせします。
  • 選考結果につきましてはいかなるご質問にもお答え致しかねます。
申し込む / APPLY NOW

まもなく六甲山国際写真祭2019参加写真家エントリー受付開始!!

こんにちは。RAIECの氏川です。 まもなく募集が始まる六甲山国際写真祭2019参加写真家エントリーについて、六甲山国際写真祭をフォローしてくれている方に一足お先にご案内させていただきます。 今年は従来のポートフォリオレビュー参加写真家に加え、六甲山国際写真祭2019でとりあげる展示作品もあわせて公募します。 テーマ「MY PLACE MY LIFE」部門と自由部門、2つのカテゴリーを設けています。 各部門上位3名に加え全体の中から優秀作品を選出し、今年の写真祭で展示します。 過去には六甲山国際写真祭での展示がきっかけで、海外のフォトフェスティバル等に招待された写真家もいます。ぜひ今年の写真祭に参加し、チャンスを掴んでください! 六甲山国際写真祭2015

By |3月 7th, 2019|Categories: 未分類|0 Comments

RAIEC TOKYO 2019 【4/3-4/14】開催します

こんにちは。RAIECのうじかわです。 今年も4月にRAIEC TOKYO 2019を開催します。 RAIEC TOKYOは、毎年夏に神戸・六甲山で開催している六甲山国際写真祭を東京で紹介するイベントです。 前年度のポートフォリオレビュー参加写真家有志が主体的に運営しています。 今年もTOKYO INSTITUTE OF

By |2月 28th, 2019|Categories: 未分類|0 Comments

六甲山国際写真祭2018アフターリポート「レビュワーから見た六甲山国際写真祭」/ Steven Lee

今回のアフターリポートは、2013年以来、毎年六甲山国際写真祭にレビュワーとして参加してくれているSteven Lee氏にこれまでの写真祭を振り返っていただきました。 日本語訳は後半にあります。 Ijust returned from attending the 2018 installment

By |9月 23rd, 2018|Categories: 2018, Mt.ROKKO|0 Comments

六甲山国際写真祭2018アフターリポート「クライエントリストを作り、エレベーターピッチに備えよ!」/ 和田芽衣

六甲山国際写真祭2018 にゲストフォトグラファーの一人として、山上でのレビューワークショップにも参加された和田芽衣さんよりアフターリポートが届きましたのでご紹介します。   8/31と9/1の2日間、写真家たちは3つのグループに別れてワークショップに参加した。写真家たちは自分が取り組んでいるプロジェクトについてレビュアーとディスカッションをし、編集を行い、2日目の夜に開催される3分間プレゼンテーション(20枚組)に臨むワークショップだ。ただ、私のグループ“かたつむり”はそれだけではなかった。   <レビューを受ける> まず、我々は他グループ同様、机に自分たちの取り組んでいる写真を並べ、レビュアーから批評を受けた。レビュアーは現在AdobeのVisual contents部門に務めるAmeber Terranova(Photo editor),

By |9月 22nd, 2018|Categories: 2018, Mt.ROKKO, Workshop|0 Comments

六甲山国際写真祭2018アフターリポート「写真を見せるということ」/ 二宮雄大

六甲山国際写真祭2018ワークショップに仙台から参加した二宮雄大です。 私からはMelanie McWhorterさんとSteven Leeさん、千々岩孝道さんのワークショップについて書かせていただきます。 私たちのグループでは最終日に予定されている作品プレゼンテーションに向け、20枚程度の写真を机の上に並べステートメントを読むところからスタートしました。ステートメントに入れようか躊躇していたキーワードを入れるようにアドバイスを受けた一方で、アイデンティティの一つとして大切にしていたことが伝わらなかったりしました。オーディエンスを意識するのが何よりも大切であり、私自身がいかに狭い視野と恣意的な解釈で自らの作品と接してきたのかを理解しました。 並べた写真をセレクトしストーリーを再構築していく2日目のセッションでは、強い写真とそうでない写真の選別、自らの内面性を大切にしつつも他人の共感を獲得する内容にしていく必要性についてレクチャーを受けたのが強く印象に残っています。「自分のことを何も知らない人に写真を見せていくこと」について改めて問い直すことになり、これまで積み重ねたものが崩れてしまうようなショックを受けました。しかし、これらは同時に今後の作家人生に大きく響いていくに違いないアドバイスとなりました。自分の出番以外は、他の参加者がレクチャーを受けている様子を間近で聞いていました。各々の内容を自分のことに置き換えながら聞くことができたのも有意義な時間でした。   六甲山写真祭の一番良いところは4日間同じ屋根の下で過ごし、参加者や講師の先生方、運営の方々と濃密な時間を共有できることだと思います。短時間のワークショップでは得がたい人間関係を築くことができ、高い情熱と志を持つ仲間同士のネットワークが一気に広がりました。これが私には何よりの財産であり、このご縁を今回限りで終わらせないように私自身も気持ちを新たにして取り組んでいきたいと思います。今回、東北地方からの参加者は私だけだったのですが,地元での交流だけでなく、こういった国際的な場に積極的にアプローチして意見を交わすことで初めて分かる感覚があると感じています。最後にホスピタリティ溢れるこの写真祭を運営していただき、貴重な体験をさせていただいきました全ての方々に感謝をしまして、私のレポートとさせていただきます。

By |9月 21st, 2018|Categories: 2018, Mt.ROKKO, Workshop, 未分類|0 Comments