Portfolio Review 20192019-03-19T21:28:44+00:00

OPEN CALL 2019

PORTFOLIO REVIEW

ポートフォリオレビュー 参加写真家エントリー受付中

応募期間 2019. 3.14-4.30

Open Call / 2019

Portfolio Review

August 30 (Fri) and 31 (Sat)
Venue: The Grand Hotel ROKKO SKY Villa
Portfolio review fee  JPY 40,000
Accommodation fee JPY 50,000 – 55,000
REVIEWERS
Laura Pressley / Review Santa Fe
Françoise Callier / Angkor Photo Festival
Steven Lee / Kuala Lumpur International Photoawards
and more… We will keep the information updated on our website.

Entry fee is JPY 6,000 (Early bird JPY 5,000 until 31st March) and open to All photographers, regardless of nationality. If you are in a jurisdiction where the age of majority is above 18 years, you will obtain the consent of a parent/guardian to participate in Mt.ROKKO INTERNAIONAL PHOTO FESTIVAL 2019. By entering the festival participants are deemed to have read and accepted all aspects of the submissions & rules described on this page (Regulations). If you do not agree to be bound by these Regulations, you are not authorized to participate in our festival.
Through the pre-screening process, 20-30 photographers who can join the portfolio review will be selected by our judges.

ELIGIBLE WORK

  • Photographs must be a consistent set, meaning that images must work together as a whole.
  • Color or Black & White images, Digital or Silver digitized pictures.
  • All images must be uploaded through our online system.
  • Up to 15 images.
  • Files must be in jpg, sized 1500 pixels on the longest side. Files must be 2MB or smaller in size, with a minimum dpi of 72.
  • Photographer has to send a Statement and a CV (300 words max)

How to submit
Once you have filled out the application form, and paid for entry, you will receive a confirmation email that includes a LINK to our online submission system.

Details of this photo festival:

Mt.ROKKO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVAL 2019
August 28 (Wed) – September 1(Sun)
THEME “MY PLACE  MY LIFE”
Venues: C.A.P. KOBE STUDIO Y3 / Mirage Gallery / SORAKUEN GARDEN

Schedule

  • The photo festival will be held on Mt. Rokko, situated just to the north of Kobe, and various other venues in the city of Kobe, Japan from August 28 (Wed) to September 1 (Sun) in 2019.
  • This photo festival’s portfolio review will be held atop Mt. Rokko on August 30 (Fri) and 31 (Sat). The entire portfolio review is held on the mountain and the only accommodations there are booked for the festival. Please do not make other arrangements for accommodations as you will not be able to access the festival from hotels in the city.
  • Our reviewers come from all over Japan, Asia and the rest of the world and the vast majority speak English; however, where they do not, an interpreter will be available for you.
  • The Festival Event runs from August 28th to September 1st, during which time various events will be held on Mt. Rokko and in Kobe City. As this is a festival run by the photo community and held for the photo community, we ask that you participate in these events (and you will benefit greatly from them, too!). Please plan on spending those four days at a minimum at the Photo Festival.
  • The deadline for applications for pre-screening of portfolios will be April 31.
  • Details of the various events will be announced in June, including additional workshop opportunities, so please stay tuned.

NOTES

  • Through the pre-screening process, 20-30 photographers will be selected by our judges. The judgment result will be announced in early June.
  • The cost to submit your work for consideration is 6,000 Japanese Yen.
  • Please include the following items in your attached application documents:
    Your portfolio, which should consist of up to 15 images, saved in JPEG form, long edge set at 1500 pixels at 72 dpi, along with a statement and a CV and a short Bio.
  • You can apply for up to two bodies of work, each of which requires a separate application.
    However, even if you submit two series and both pass the pre-screening, we ask that you will be the sole representative for your work. Please also bring to the reviews the body of work for which you were accepted to the festival.
  • In addition, if you pass through pre-screening, we request the payment of additional expenses below:
    Portfolio review fee  JPY 40,000
    Accommodation fee JPY 50,000 – 55,000
  • The photographer retains copyright of the photographs.
  • Submitted photographs must be original materials created by the participant.
  • Participant must confirm that they are the sole copyright holder of the material or have been authorized by another copyright holder to submit the material to this award.
  • Participants are responsible for the resolution of any legal issues arising from their submitted works and agree to pay any costs thereby incurred.
  • Entering the pre-screening constitutes agreement to the terms and conditions stated in these Entry Guidelines.
  • Please note that no response will be given to any inquiries, complaints, or objections regarding the judges’ decisions.
  • Should the participant’s work be selected for the exhibition, RAIEC will request the participant to supply high-resolution files that are suitable for print.
  • RAIEC supports the prints, which will be printed in a professional lab with digital printing process. Dimensions can vary depending of exhibition space and due to circumstances concerning printing or otherwise, the tone or expressed meaning may not be strictly reproduced according to the winner’s intent.

Responsibility

  • Although entries are handled with the greatest possible care, RAIEC will not bear responsibility for accidents, damage, loss, or other problems that occur during data transfer.
  • RAIEC will not bear responsibility for entrant damages, etc. arising from or related to circumstances beyond its control, including but not limited to network failure, computer viruses, or unauthorized access to its servers.
  • RAIEC will not bear responsibility for damages or other harm suffered by entrants as a result of their participation in the festival.
  • Participants are required to obtain the prior permission and consent of the persons who are portrayed in their works or who hold the copyright or other intellectual property rights to the works or the items portrayed therein.
  • Participants agree to fully indemnify the organizer and bear all responsibility for any third-party complaints or objections concerning copyright or other intellectual-property-right infringement or damages arising from submitted works.

写真家募集要項

ポートフォリオレビュー
2019年8月30日(金)・31日(土)
会 場:グランドホテル六甲スカイヴィラ
参加費:40,000円 + 宿泊費・食費別途(例年55,000円程度)
定 員:最大30名(事前審査があります)
レビュワー
ローラ・プレスリー / レビューサンタフェ(アメリカ)
フランソワーズ・カリエ / アンコールフォトフェスティバル(カンボジア)
スティーブン・リー / クアラルンプールインターナショナルフォトアワード(マレーシア)
ほか過去のレビュワー招請実績に準じた複数名を予定

宿泊について
レビューは2日間ですが、ポートフォリオレビュー参加者の方には、原則8/29(木)-9/1(日)の写真祭期間中全てのイベントにご帯同いただくため、3泊4日の宿泊を伴います。
宿泊はレビュー会場の近隣施設をRAIECでまとめて手配します。基本的に1部屋4名の相部屋になります。個人での宿の確保はご遠慮ください。
レビュー参加費とは別途宿泊費および食費(例年55,000円程度)が必要です。
宿泊先:グランドホテル六甲スカイヴィラ山荘ほか

応募期間 2019年3月14日(木)―4月30日(火)

応募費用 1シリーズにつき6,000円(早期割引5,000円 / 3月31日まで)

結果発表 6月上旬にメールで通知

応募方法 オンラインエントリーのみ

①エントリーフォームより、エントリー費をお支払いください
②ご入金確認後、画像送信フォームのURLが記載されたメールをお送りします(お支払いのタイミングによってはご入金確認に数日お時間をいただく場合がございます)
③画像送信フォームより画像の提出をもってエントリー完了となります

作品規定

  • 画像サイズ長辺1500pix以内、解像度72dpi、JPEGファイル
  • 1シリーズにつき最大15枚まで
  • ステートメント、CV、作家略歴も合わせて提出(日本語・英語両方)
  • 写真家自身が作成した完全オリジナルの作品にかぎる

注意事項

  • 画像は長辺1500pixel、解像度72dpi、JPEG
  • 作品ステートメントおよびCVは英語と日本語の両方提出してください。英語に不安のある方は翻訳代行サービス(別途5,000円)をご利用ください。
  • ひとり2シリーズまでエントリー可能
  • 締め切り直前にエントリーいただいても、画像が提出されていないと失格となりますので、スケジュールに余裕をもってお申し込みください。
    なお一度お支払いいただいたエントリー費はいかなる理由によっても返金には応じかねます。
  • やむを得ない事情により、レビューの内容が変更になることがございます。あらかじめご了承ください。
  • 選考結果は6月上旬を目処にメールにてお知らせします。
  • 選考結果につきましてはいかなるご質問にもお答え致しかねます。
申し込む / APPLY NOW

六甲山国際写真祭2018アフターリポート 「WORKSHOPⅡ 強い作品を作る写真編集の極意」を受けて / 田村友美

2018年六甲国際写真祭に参加させて頂いた田村です。 六甲山は2015年、2016年に引き続き3回目、昨年はスタッフとしての参加でしたので、4年連続この写真祭にお世話になっています。 私からは写真祭最終日にC.A.P.で行われたワークショップについてレポートします。 今回選択したのは、ニューヨークでフォトエディターを務めるAmber Terranova氏.Adobeでフォトエディターを務めるAnnick Shen氏両講師による写真編集に関するワークショップでした。 実は、2015年にAmberのワークショップを受講したことがあります。 持参した写真作品を瞬く間にセレクト、あっという間に並べ替えられ、 目の前で全く印象の違う作品に生まれ変わるのをみて衝撃をうけた のを覚えています。まるでマジックショーを見ている様な感動でした。

By |9月 14th, 2018|Categories: 2018, Mt.ROKKO, RAIEC, Workshop|0 Comments

六甲山国際写真祭2018アフターリポート「WORKSHOP 1 ポートレイト写真の現在」/ 足立健司

六甲山国際写真祭2018ならびにWorkshop 1 「 ポートレイト写真の現在」に参加させていただきました足立健司です。 講師はKuala Lumpur International Photo Award(KLPA) 創設ディレクターのSteven

By |9月 13th, 2018|Categories: 2018, Mt.ROKKO, Workshop, 未分類|0 Comments

六甲山国際写真祭2018アフターリポート「六甲山国際写真祭ワークショップを終えて」/白井 俊行

2016、2018年六甲山国際写真祭に参加した白井です。 六甲山国際写真祭への参加は今回で2回目ですが、初めて参加した2016年のポートフォリオレビューはとてもインパクトのある出来事でした。 各レビュワーの問いかけに曖昧にしか答えることができず、自分にはまだ作品を作るための準備も覚悟も何も出来ていなかったのだと思い知らされたからです。 今回の Sohrab Hura のワークショップもそういった根本的な問いかけから始まりました。 自分にとって写真とは何なのか、自分は写真で何がしたいのか、作品作りの原体験は何か、写真以前に自分とはそもそもどういう人間なのか。 Sohrabは1人ひとりに問いかけ、それから作品の再編集が始まります。 私も自分なりに伝えたいことを考え、ステートメントを用意し、作品をセレクトしてきたつもりでしたが、彼は思いもよらないものを

By |9月 8th, 2018|Categories: 2018, Mt.ROKKO, Workshop|0 Comments

WORKSHOP 2 強い作品をつくる写真編集の極意 お申し込み受付中

六甲山国際写真祭2018では、写真家向けの教育セッションとして2つのワークショップを実施します。 海外の強力なレビュワー陣が講師を務めます。ぜひこの機会に世界レベルの写真教育を体感してみませんか。 WORKSHOP 2 強い作品をつくる写真編集の極意 会 場:C.A.P 3階 スタジオ306  神戸市中央区山本通3-19-8 海外移住と文化の交流センター内

By |8月 16th, 2018|Categories: 2018, Mt.ROKKO, Workshop|0 Comments

WORKSHOP 1 The Photographic Portrait ポートレイト写真の現在 お申し込み受付中

*English follows Japanese 六甲山国際写真祭2018では、海外の強力なレビュワー陣が講師を務める写真家向けのワークショップを実施します。 ぜひこの機会に世界レベルの写真教育を体感してください。   Workshop 1  ポートレイト写真の現在 日

By |8月 15th, 2018|Categories: 2018, Mt.ROKKO, Workshop|0 Comments

あつまれ!ちびっこ写真家たち -KID’S PHOTO MASTERS 2018 参加者募集中

海外の写真家が先生に!キッズフォトマスターズ2018(参加無料) このワークショップでは、世界的な写真家や写真の専門家たちが子どもたちにアートな写真の撮影法を伝授します ◯講 義・・・海外の写真家や写真の専門家が、子どもたちにもわかりやすく世界のアート写真についてお話します ◯実 践・・・神戸のまちを巡りながら普段とはひと味違ったアーティーな写真を撮ってみよう ◯発表会・・・撮影した力作を講師とともにセレクトし、みんなの前で発表します *事情により内容等予告なく変更となる場合もございます 講 師:ソーラブ・フラ ほか(通訳が同伴します) 日 時:9月2日(日)10:00 –

By |8月 9th, 2018|Categories: 2018|0 Comments